やっほー
Abalance

Abalanceは再エネ注目株!四季報・IR・HPから徹底解説!

New Balanceみたいじゃない??

ということで今回は「Abalance」について見ていきます。

きも男
ふううううう↑↑↑
本記事は2021年4月7日時点の内容です。随時更新はする予定ですが、予めご了承ください。

泉アイコン
この記事を書いた人
(いずみん)

当ブログ管理者
・エンジニア
・新プログラミング言語『Zero』開発
・保有資格約20個
・投資好き(日本株・仮想通貨)
・オンラインカジノ好き(ルーレット)
・47都道府県制覇目指し中
⇒Twitter(@izumin_0401)
⇒Instagram(@izumin0401)

Abalanceとは

Abalance(エーバランス)は、東京都品川区に本社があるIT事業を行う企業です。

会社名 Abalance株式会社
設立 2000年4月17日
所在地 東京都品川区東品川2-2-4 天王洲ファーストタワー5階
代表取締役社長 光行 康明(代表取締役社長)、龍 潤生(取締役)
上場日 2007年9月
上場証券取引所 東京証券取引所マザーズ(証券コード:3856)
決算 6月
事業内容 ・Abit(株)が営むソフトウェアライセンス販売、システム構築、その他付帯サービスの提供に関するIT事業。
・WWB(株)が営む太陽光発電システムの仕入・販売・発電に関する太陽光発電(ソーラー)事業。
ホームページ https://www.abalance.jp/
Abalanceはグループ会社なので、複数の会社で構成されています。
きも男
IT事業って言ってるが、実際はほぼ再生エネ関連だぜ。

グループの構成

Abalanceのグループ構成を見ていきます。

Abalance株式会社

Abalanceの詳細は先ほど記載した通りで、いわゆる親会社になります。

WWB株式会社

会社名 WWB株式会社
設立 2006年6月
所在地 東京都品川区東品川2-2-4 天王洲ファーストタワー 5F
事業内容 ・グリーンエネルギー事業部
・建設機械・建設機器事業
ホームページ https://wwwb.jp/

株式会社バローズ

会社名 株式会社バローズ
設立 2011年9月
所在地 大阪府吹田市江坂町1-17-14 江坂吉川ビル3F
事業内容 ・ソーラーファーム事業部
・メンテナンス事業
ホームページ https://www.valors.co.jp/

日本光触媒センター株式会社

会社名 日本光触媒センター株式会社
設立 2001年8月29日
所在地 佐賀県武雄市山内町大字宮野字松ノ木原22646
事業内容 ・光触媒酸化チタンコーティング剤とそれを利用した製品の製造販売
・建築の企画、設計、施工
・陶磁器の製造販売
・前各号による一切の業務
ホームページ https://www.jphoc.jp/

FUJI SOLAR株式会社

会社名 FUJI SOLAR株式会社
設立 2018年2月9日
所在地 東京都品川区東品川2-2-4 天王洲ファーストタワー5階
事業内容 ・太陽光パネルに関する技術研究、設計、製造
・太陽光パネル、太陽光製造設備、並びに、関連商品の販売
・太陽光発電システム及び発電所の建設、投資及び運営
・太陽光製造設備、製造工場、発電システム、発電所の買い取り及び販売
・太陽光発電並びに自然エネルギー関連企業のM&A及び運営 前各号に付帯する一切の業務
ホームページ https://www.abalance.jp/aboutus/fujisolar

Vietnam Sunergy Joint Stock Company

会社名 Vietnam Sunergy Joint Stock Company
設立
所在地
事業内容
ホームページ https://www.vsun-solar.com/
下記のVSUN JAPAN株式会社のベトナム版です。

VSUN JAPAN株式会社

会社名 VSUN JAPAN株式会社
設立 2019年3月
所在地 東京都品川区東品川2-2-4 天王洲ファーストタワー 5F
事業内容 ・太陽光モジュールの製造と販売
ホームページ https://www.vsunjapan.jp/

Abit株式会社

会社名 Abit株式会社
設立 2019年10月
所在地 東京都品川区東品川2-2-4 天王洲ファーストタワー 5F
事業内容 ・ソフトウェアライセンス販売
・システム構築
・その他付帯サービスの提供に関するIT事業
ホームページ https://www.abit.inc/

全体総括

各会社ごとに事業内容は異なりますが、グループとしては、

  • 再生可能エネルギー関連事業を行っている
  • 特に太陽光関連が強い

と覚えておけば問題ありません。

きも男
会社の数多いねん

事業内容

Abalanceの事業は大きく分けて3つあります。

実はヘルスケア関連事業もあるので4つなのですが、重要ではないので割愛します。

グリーンエネルギー事業

Abalance:グリーンエネルギー事業

Abalanceが最も力を入れている事業です。

主に太陽光関連ですが、企画⇒施工⇒運用⇒維持までを一貫して自社で行っています

建設機械事業

Abalance:IT事業

中古機械の販売・レンタルを行っています

グループ会社の一つであるWWB株式会社がメインで行っており、国内外に顧客を持っています。

IT事業

主に業務効率化支援を行っています

製品としては以下があります。

  • KnowledgeMarket(情報共有・ナレッジマネジメントツール)
  • Nintex(ワークフロー関連サービス)
  • Robowiser Framework(広範な業務に対応するRPAツール)

四季報

次に、Abalanceの四季報を見ていきます。

四季報は、2021年1集のものになります。

概要

特色

企業向けソフト開発・販売で操業。11年に建機商社WWBと株式交換。現在の主力は太陽光発電事業。

連結事業

IT1、建機4、グリーンエネルギー94、他2

業績予想・材料

大幅増益

ベトナム太陽光パネル会社を子会社化し年商140億円上乗せ。太陽光の3電源稼働、既存電源も本格化し売電収入拡大。光触媒抗菌剤も黒字化。建機・IT不振と償却負担補い一転大幅増益。増配へ。

戦略子会社

太陽光パネルVSUNは年商250億円規模、世界20社に入る大手。米バイデン政権発足で再エネ需要高まり来期躍進へ。抗菌剤は病院、スーパー等に反響。

指標・数値データ

筆頭株主 龍 潤生 178(34.2)
時価総額 149億円
総資産 14,991(百万円)
現金同等物 679(百万円)
有利子負債 6,128(百万円)
株主優待 なし
時価総額はかなり低いので投資対象としては魅力的ですね。
数字だけ見ると、有利子負債が少し多いですね。

チャート

Trading Viewのリアルタイムチャートが載せられないため、現在の株価は下記を見てくださいまし。

IR情報

次に、IR情報を見ていきます。

年間スケジュール

Abalance:IRカレンダー

決算短信

本記事執筆が2021年のため、2020年の決算短信を見ていきます。

2020年6月期決算短信

連結業績

Abalance:連結経営成績

2019年と比較すると、売上高は増加していますが、営業利益・経常利益は減少しています

当期経営について

再生可能エネルギーのグローバル企業を目指すべく、アジア圏を中心に海外事業・新規事業を推進してきたと記載されています

環境関連は今後もニーズがありますし、決算短信を読んだ印象だと今後に期待といった感じですね。

予算実績対比を見るとすべて100%を達成していませんが、ESGやSDGsなどが今後も注目されるのは目に見えているので、2021年6月期は期待できそうです。
グリーンエネルギー事業

Abalance:グリーンエネルギー事業(2020年6月期)

建設販売事業

Abalance:建設販売事業(2020年6月期)

IT事業

Abalance:IT事業(2020年6月期)

その他

Abalance:その他(2020年6月期)

2021年6月期第1四半期決算短信

  • 前年同期を上回り、順調に推移。

2021年6月期第2四半期決算短信

  • 前年同期を大幅に上回り、順調に推移。
数値がすごいですね。。
VSUNの欧米向け太陽光パネルの販売が連結経営成績に寄与しているとのことです。

個人的所感

さて、ここまで見てきた個人的所感です。

Abalanceの良い点

  • 今後益々ニーズが高くなる再生可能エネルギー事業をメインとしている。
  • 日本だけでなく海外にも進出している。
  • 2021年度も順調に推移している。
  • 時価総額が低い。 ※2021年4月現在は266億円
  • 欧米向け太陽光パネルの販売が順調。

Abalanceの気になる点

  • グリーンエネルギー事業以外の印象が薄い。
  • 有利子負債が多い。

投資・将来性について

最近はESGだのSDGsだのうるさいですが、再生可能エネルギーの波にうまく乗れている企業かなと思います

アメリカ大統領がバイデンに変わったこともあり、より一層再生可能エネルギーのニーズは高まると予想されます。

とりあえず2021年は将来性しかないので、投資しちゃってもいいかなと思います。

時価総額が思っている以上に低いですし、まだまだ伸びしろもありそうなので、僕はかなり注目しています。

まとめ

今回はAbalanceについてまとめました。

Abalanceは再生可能エネルギー事業をメインに、日本だけでなく海外にも進出しています。

2021年も高成長が期待できるので、今後もAbalanceの動向を追いかけていきたいと思います!

ではでは。

 

  • SBI証券
    5

    ◆SBI証券のメリット
    ・手数料が格安
    ・投資情報が豊富
    ・取引の画面が使いやすい
    ・口座開設が無料

    ◆更に!ネクシィーズ・トレードでお申込頂いた方にだけプラスで付く特典
    ・会員専用フリーコール(携帯からも通話料無料)
    ・夜の時間の問合わせが可能
     (SBI証券コールセンター8:00~18:00終了後も、夜19:30まで営業)
    ・ネット証券が初めての方には口座開設からサポート!
     (申込の注意事項、株の始め方、Web画面の注文操作、取引ツールの上手な使い方など)

    SBIは僕がメインで使っている証券会社です!
  • 松井証券
    4

    松井証券

    ◆松井証券のメリット
    ・1日の約定代金合計50万円以下の株式取引手数料は無料
    ・NISA株式取引手数料は恒久無料
    ・デイトレ向け商品(一日信用取引)の手数料は無料
    ・高機能取引ツール「ネットストック・ハイスピード」が無料で利用可能
    ・同業他社では有料の「QUICKリサーチネット」が無料で利用可能
    ・資産運用をトータルでサポートする「ロボアドバイザー」が無料で利用可能
    ・サポートに自信あり!

    松井証券は老舗ネット証券で、1日50万円以下の取引なら売買手数料無料です!
Abalance
フォローしてもらえると泣いて喜びます