やっほー
AngularでTimepickerを導入!使用方法を解説!

AngularでTimepickerを導入!使用方法を解説!

  • 2019年4月29日
  • 2021年4月8日
  • Angular
  • 99view
ターーイム、ピックピック!!笑

AngularでTimepickerを使いたいあなたへ

今回は、AngularでTimepickerを使う方法をご説明します!

泉アイコン
この記事を書いた人
(いずみん)

当ブログ管理者
・エンジニア
・新プログラミング言語『Zero』開発
・保有資格約20個
・投資好き(日本株・仮想通貨)
・オンラインカジノ好き(ルーレット)
・47都道府県制覇目指し中
⇒Twitter(@izumin_0401)
⇒Instagram(@izumin0401)

Timepicker公式サイト

こちらを基に実装していきます。

Timepickerを利用するための環境構築

ng-bootstrap」をインストールします。

 

bootstrap」をインストールします。

bootstrapのCSSを使用するためにインストールします。

Timepicker実装手順

今回は、Timepickerの中の「Meridian」を実装してみます。

 

Timepicker用のコンポーネントを作成します。

 

app.modules.ts」を上記のように編集します。

Timepickerを利用するためには「NgbModule」が必要です。

 

ルーティングの設定を行います。
これで、「http://localhost:4200/timepicker」にアクセスできます。

 

timepicker.component.ts」を上記のように編集します。

 

timepicker.component.html」を上記のように編集します。

画面を見てみると

Angular×Timepicker画面

ちゃんと表示されていますね。完成です!

おすすめ書籍

僕はAngularの勉強をするのに以下の書籍を購入しました。おすすめですよ!

まとめ

今回は、Angular×Timepickerを実装してみました。

是非参考にしてみてください!

きも男
ターーイムピック!!
AngularでTimepickerを導入!使用方法を解説!
フォローしてもらえると泣いて喜びます