『自由力』を身に付けるサイト「リバトレ」も見てね!!

AngularでTimepickerを導入!使用方法を解説!

悩んでいる男の子

AngularでTimepickerを使ってみたいんだけど、導入方法が分からないんだよね。。

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • AngularでTimepickerを使う方法
  • 本記事の執筆者
プロフィール
どこの写真だよ
  • 長身ガリガリ自称イケメン(1993/4/1生)
  • 元エンジニア(歴7年)、資格保有数約20個(IT系以外も含む)
  • 副業(物販)5か月目で月利30万円⇒脱サラ
  • 物販、システム開発、アフィリエイト、投資を細々とやっています。
  • 物販は彼女と楽しみながらやってます!

今回は、AngularでTimepickerを使う方法を解説します

いずみん

すぐ終わるので、最後まで読んでみてください!

目次

Timepicker公式サイト

公式を参考に実装していきます。

Timepickerを利用するための環境構築

npm install --save @ng-bootstrap/ng-bootstrap

ng-bootstrap」をインストールします。

npm install --save bootstrap

bootstrap」をインストールします。

bootstrapのCSSを利用するためにインストールします。

Timepicker実装手順

今回は、Timepickerの「Meridian」を実装してみます。

ng g c component/timepicker

Timepicker用のコンポーネントを作成します。

// 共通モジュール
import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { NgModule } from '@angular/core';
import { AppRoutingModule } from './app-routing.module';
import { FormsModule, ReactiveFormsModule } from '@angular/forms';
import { NgbModule } from '@ng-bootstrap/ng-bootstrap';

// 共通コンポーネント
import { AppComponent } from './app.component';
import { TimepickerComponent } from './component/timepicker/timepicker.component';

@NgModule({
  declarations: [
    AppComponent,
    TimepickerComponent
  ],
  imports: [
    BrowserModule,
    AppRoutingModule,
    FormsModule,
    ReactiveFormsModule,
    NgbModule
  ],
  providers: [],
  bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule { }

app.modules.ts」を上記のように編集します。

Timepickerを利用するためには「NgbModule」が必要です。

import { NgModule } from '@angular/core';
import { Routes, RouterModule } from '@angular/router';
import { TimepickerComponent } from './component/timepicker/timepicker.component';

const routes: Routes = [
  { path: 'timepicker', component: TimepickerComponent }
];

@NgModule({
  imports: [RouterModule.forRoot(routes)],
  exports: [RouterModule]
})
export class AppRoutingModule { }

ルーティングの設定を行います。

これで、「http://localhost:4200/timepicker」にアクセスできます。

import { Component, OnInit } from '@angular/core';

@Component({
  selector: 'app-timepicker',
  templateUrl: './timepicker.component.html'
})
export class TimepickerComponent implements OnInit {

  private time: {};
  private meridian: boolean;

  constructor() { }

  ngOnInit() {
    this.time = {hour: 13, minute: 30};
    this.meridian = true;
  }

  public toggleMeridian() {
    this.meridian = !this.meridian;
  }

}

timepicker.component.ts」を上記のように編集します。

<ngb-timepicker [(ngModel)]="time" [meridian]="meridian"></ngb-timepicker>
<button class="btn btn-sm btn-outline-{{meridian ? 'success' : 'danger'}}" (click)="toggleMeridian()">
    Meridian - {{meridian ? "ON" : "OFF"}}
</button>
<hr>
<pre>Selected time: {{time | json}}</pre>

timepicker.component.html」を上記のように編集します。

画面を見てみると…

Angular×Timepicker画面

ちゃんと表示されていますね。

まとめ

今回は、AngularでTimepickerを使う方法を解説しました

意外と簡単でしたね。

ではまた!

  • おススメ本はこちら!
いずみん

僕は↓の本でAngularの勉強をしました!
非常に分かりやすいので是非!

AngularでTimepickerを導入!使用方法を解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアするんやで!

~ リバトレ ~

お金や副業に関する情報を発信しているよ!

この記事を書いた人

いずみんのアバター いずみん 自由力発信おじ

【自由力発信】うさんくさ笑 | 副業物販で5ヶ月目に月利30万円達成⇨脱サラ予定 | 物販(アパレルせどり)・アフィリエイト・投資で自由になるための情報を発信中?笑 | 元エンジニア | 保有資格約20個

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる