新プログラミング言語『Zero』を開発しました! 本サイトの記事数は「589」!!

API GatewayでモックAPIを作成&適当なJsonを返却する方法!

             
  • 2020.04.04
  • AWS
API GatewayでモックAPIを作成&適当なJsonを返却する方法!
Advertisement

 

API Gatewayは色んなものと統合できますが、Mockを使えば簡単にAPI風なものを作れます

ってことで今回は、API GatewayでモックAPIを作成&適当なJsonを返却してみます

 

僕のプロフィールはこちら

 

 

API Gateway作成方法

API Gateway

今回は「RestAPI」を作成します。

API名は適当です。

APIの作成」ボタンをクリックすれば作成されます。

 

 

API Gateway2

メソッドの作成」をクリックします。

 

 

API Gateway3

今回はGETのAPIを作成します。

統合タイプは「Mock」を選択し、「保存」ボタンをクリックします。

 

 

API Gateway6

次に適当なJsonを返す設定をします。

統合レスポンスにJsonを記載して「保存」ボタンをクリックします。

 

今回設定したJson。

 

 

API Gateway7

テストを実行して、上記のようになれば完璧です。

 

 

API Gateway4

APIのデプロイ」をクリックします。

 

 

API Gateway5

ステージ名は適当です。

デプロイ」をクリックすればデプロイされます。

※URLが表示されるので控えておきます。

 

 

API Gateway8

ブラウザに直打ちでもOKですが、「Restlet Client」を使ってアクセスしました。

上記のようになればOKです。

 

 

Advertisement

 

MockAPIを作る意味は何?

MockAPIなんて普段使わないですが、一個だけ利点があります

API Gatewayはセキュリティ的観点から、基本的に認証を付けているはずです。

例えば、Cognito認証やIAM認証など

この認証を通過するためにはフロントで通過するための実装がされていないといけません。

つまり、フロントの実装を簡単に確認する方法としてMockAPIは重宝するわけです

認証を通過できるかどうかの確認をするのに、APIの実装までわざわざする必要はないですからね。

 

 

まとめ

さて、これで擬似APIができたので、後日API Gatewayに「AWS IAM」認証を付けて、フロントから通過できるかどうかの実験をやりたいと思います。

ではさいなら。

Travelerを知らないの?