やっほー
ecr-laravel

AWS ECR×Laravelでnginxとphp-fpmのイメージをpushしてみた話

  • 2020年3月1日
  • 2021年3月15日
  • AWS
  • 107view
AWS ecr-laravel

AWS ECRとLaravelを組み合わせるにあたって、どのコンテナをpushすればよいのか?

まあ、大体「nginx」と「php-fpm」でしょう。

ということで今回は、LaravelにDockerを取り入れて、ECRにイメージをpushするまでをやってみます。

前書いた記事

DockerイメージをAWS ECRにpushできれば幅が広がるってもんで、試しにやってみました。 意外とハマりました。っていうかすんなり行くことなさ過ぎて切れそう。 前提 AWS CLIが使えること AWS ECR[…]

ECR4

前提

  • Laravelアプリがあること

参考サイト

※執筆時期がちょっと古いからか、うまくいかないところが多々あります。
どちらかというと、そこを記録しておきたいって感じです。

ECRのリポジトリ作成

ECRのリポジトリをnginx&php-fpm用の二つ作成します。

今回は、

  • 「laravel-app/nginx」
  • 「laravel-app/php-fpm」

として作成しました。

 

ecr-laravel

こんな感じ。

Laravel×Dockerの事前準備

まずは、Dockerファイル諸々準備します。

 

ルートに「docker-compose.yml」ファイルを作成します。

 

nginxのDockerファイルです。

 

nginxの「site.conf」です。

 

php-fpmのDockerファイルです。

libzip-dev」のエラーでハマりました。。「libzip-dev」は必要なのでインストールします。

Dockerイメージのpushまで

ECRにログイン

ECRにログインします。

リージョンはあなたのリージョンに合わせてください。

Dockerにログイン

先ほどのコマンドが成功するとクソ長いDockerコマンドが表示されるので、そのコマンドをそのまま打ち込みます。

Dockerイメージをビルド

Dockerイメージをビルドします。<hoge>はあなたが先ほど作成したECRのURIです。

僕はphp-fpmで変なエラー出ましたが、PC再起動したら直りました。

Dockerイメージをpush

先ほどビルドしたイメージをそれぞれpushします。
あとはECR側でイメージがpushされていることが確認できたらOK!

まとめ

なんか前回の記事とあんまり変わんねーな。

ただ、普段Laradock使ってるから、ローカルと開発環境だと厳密には環境違うんだよな~。

どうしたもんか。。

さいなら。

ecr-laravel
フォローしてもらえると泣いて喜びます