月間13,000PV達成! 収益は毎日発生中! ブログランキング上位! 記事は毎日更新中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

クリスマスってそもそも何の日? あなたに知識をプレゼント

クリスマスってそもそも何の日? あなたに知識をプレゼント
Advertisement

 

毎年12月25日はクリスマス。

 

クリスマス前になると街中でもクリスマスソングが流れてきますよね。有名なクリスマスソングだと「ジングルベル」とかでしょうか。

 

クリスマスは、ケーキを食べたり、プレゼントを貰えたりなど喜ばしい事が多いですよね。

 

日本人はイベント好きですが、そもそもクリスマスはどういった日なのか、どのような意味があるのかご存知ですか?意味を理解していると、イベントもより一層楽しくなるかもしれません。

 

ということで、今回はクリスマスとはどういう日なのか、また世界ではクリスマスがどのように扱われているのかを調査してみました。

 

 

クリスマスとは

クリスマスとは

クリスマスは、「イエス・キリストの誕生を祝う祭り」を指します。

 

12月24日はクリスマス・イヴですが、ユダヤ教の暦などは日没を1日の境目としているので、24日の夕方(日没)からクリスマスとして扱われています。

 

 

クリスマスはイエス・キリストの誕生日ではない

クリスマスはイエス・キリストの誕生日ではない

クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う祭りの日であって、「イエス・キリストが誕生した日」ではありません。新約聖書にもイエス・キリストの誕生日がいつなのかは明確に記述がありません。

 

ただし、10月の1・2日を誕生日とする説などがあります。

 

 

クリスマスの由来

クリスマスの由来

そもそも、なぜ「クリスマス」と呼ばれているのでしょうか?

 

クリスマスとは、「Christ(キリストの)+mass(ミサ)」に由来しています。他の書き方だと「Xmas」や「X-mas」がありますが、これは「Christ」の省略形として「X(エックス)」を用いているとの事です。

 

 

日本でのクリスマス

日本でのクリスマス

日本初のクリスマスは、1522年とされています。カトリック教会の宣教師コスメ・デ・トーレスらがミサを行なった事が起源だと言われています。その後は禁教令などの影響により、明治の初めまでクリスマスが行なわれる事はありませんでした。

 

明治時代になるとクリスマスが浸透し、1925年には日本初のクリスマスシールが発行されています。1920年代には今のように年中行事としてクリスマスが浸透していきました。

 

日本と海外のクリスマスの決定的な違いは正月があるかないかです。海外の場合、1月6日までがクリスマス期間とされていますが、日本の場合は12月26日からお正月の準備に入ります。

 

日本には一応クリスマスはありますが、海外の人から見ると少し物足りないようです。12月の24・25日が終わるとクリスマスムードではなくお正月ムードですからね。仕方ない気がしますが。。

 

ついでですが、日本人がクリスマスをどのように過ごすのかという調査で一番多かったのは「家族と過ごす」だそうです。

 

 

世界でのクリスマス

世界でのクリスマス

キリスト圏では、クリスマスを家族と過ごすのが一般的です。クリスマスツリーの下にプレゼントを置き、プレゼントを贈る愛の日とされています。

 

カトリックの影響が強い国(イタリアなど)では、12月23日に飾り付けの準備をし、24日の夜であるイヴから祝い、25日から1月6日までクリスマスが続きます。

 

ヨーロッパでは、12月24日から1月1日までクリスマス休暇が続きます。ロンドンでは、12月25日は電車が全線運休になるそうです。アメリカでは、12月25日と1月1日のみが祝日で、それ以外の年末は有休を取って休むのが一般的です。

 

では、個別にクリスマスの違いを見ていきましょう。

 

イギリス・アメリカ

アメリカはイギリス流のクリスマスで、日本もイギリス流です。

 

イギリス・アメリカはクリスマスの前からクリスマスツリーの準備などを家族で行ないます。クリスマスは家族で過ごすものという考えがあるのと、家族との関係を再確認するためだそうです。また、クリスマスの前にクリスマスカードなどを送る習慣があります。

 

クリスマス当日は家庭料理を楽しみます。基本的に外出はせず、外出するとしてもミサに行く時くらいだとか。イギリスでは12月25日にサンタクロースがプレゼントを持ってきます。アメリカでは家族でプレゼントを交換する習慣があります。

 

フランス

日本では、子供は12月25日にプレゼントを貰うのが普通ですが、フランスでは1月6日に貰うのが習慣です。

 

大人は12月初旬からクリスマスカードの作成をはじめ、お互いに郵送をし合います。

 

イタリア

子供は1月5日にプレゼントを貰いますが、持ってくるのは魔女のべファーナとされています。

 

クリスマスの飾りを取るのは1月6日以降になります。

 

オランダ

子供たちがプレゼントを貰うのは12月6日です。12月6日が何の日かと言うと、ニコラウスの日です。また、12月25日にもプレゼントを貰うのだとか。2回もあるのかよ。。

 

プレゼントを貰えるのは1年間いい子にした人だけで、それ以外の子は石炭なんかをプレゼントされるそうですよ。

 

Advertisement

 

サンタクロース

サンタクロース

あの髭のおじさんですが、元はと言えばキリスト教の聖人だそうです。奇蹟者ニコライ(ニコラウス)の伝説が起源とされています。

 

サンタクロースの服装は、キリスト教の司祭服からきているそうです。また、赤と白の服装ですが、あれはコカ・コーラのキャンペーン広告により全世界に浸透したとコカ・コーラが言っています(笑)。

 

 

トナカイ

トナカイ

サンタクロースの乗るソリを引くトナカイですが、何頭いるかご存知ですか?

 

トナカイは全部で8頭おり、すべてのトナカイに名前がついています。

・プランサー
・ダンサー
・キューピッド
・ダッシャー
・コメット
・プリッツェン
・ヴィクセン
・ダンナー

 

 

クリスマスツリー

クリスマスツリー

クリスマスツリーは、ドイツの神秘劇が由来とされています。神秘劇にてアダムとイヴの物語を演じた際に使用した樹木が元々の由来です。

 

普通クリスマスツリーには飾りを付けますが、元々は付けていませんでした。19世紀以降にアメリカで飾りを付け始めたのがスタートとされています。

 

 

なぜクリスマスは祝日にならないのか

なぜクリスマスは祝日にならないのか

ここまで大々的なイベントのクリスマスですが、日本では祝日として設定されていないのはなぜでしょう。考えられる理由は以下のような通りです。

 

・年末は繁忙期のため、休まれると困る

・日本国憲法には政教分離の原則があり、宗教的イベントであるクリスマスを祝日とするのは難しい

 

そういえば日本には政教分離の原則がありましたね。言われてみれば納得できます。

 

 

まとめ

日本は宗教としてのクリスマスを楽しむという感じではないですよね。クリスマスが終わると次は正月というのが海外との違いのようです。

 

海外ではクリスマスが年越しまで続くので、年末年始のイベントはクリスマスのみなんですよね。

 

クリスマスやハローウィンもそうですが、ちゃんとイベントに対しての知識を身に着けた上で楽しみたいところです。最近はなんでもかんでもやりすぎな気がします。。

 

一つ一つの事を大切にしていきたいですし、その上で楽しむのは全然いい事だとは思います。

Travelerを知らないの?