やっほー
時代は変わっても消費者心理は変わらない

消費者心理は変わらない!先天的・後天的欲求を利用しよう!

人は感情で買い、論理で正当化する

人は皆感情で物を買います。

つまり、その感情に訴えかけるだけで商品は売れるという事です。

時代は変わっても消費者心理は変わりません。

なぜなら人の感情や欲求というのは変わらないからです。

つまり、人の欲求を理解すれば、消費者心理を理解する事ができ、それをビジネスに活用する事ができるわけです。

時代は変わっても消費者心理は変わらない

時代は変わっても消費者心理は変わらない

何度も言いますが、時代は変わっても消費者心理は永遠に変わりません

もし人間が進化して別の生き物になったら別ですが、そんな事は起こりえないでしょう。

人の欲求と言うのは常に変わらないものであり、この消費者心理は何十年と研究されているわけです。

つまり、僕たちがわざわざ新たに調べる必要はないわけです。

人間は「本能的に持つ8つの欲求」と「2次的欲求である9つの欲求」を持ち合わせています。

ビジネスを行なう上で、この欲求を理解する事は非常に大切になってきます。

先天的欲求である8つの欲求

先天的欲求には8つあり、これは人間の本能的欲求とも言えます。

別の呼び方で、「生命の8つの躍動(LF8)」とも呼ばれています。

 生存欲  生きる。生きる事を楽しむ。長生きする。
 食欲  食べ物や飲み物を楽しみ味わいたい。
 逃避欲  恐怖や痛みや危険を回避したい。
 性欲  性的に交わりたい。
 贅沢欲  快適な暮らしを手に入れたい。
 優越欲  他人に勝ち、競争に勝ち、時代遅れになりたくない。
 保護欲  愛する人を守りたい。
 承認欲  社会的信用を得たい、周りに認められたい。

 

この8つの欲求を見てあなたはどう感じますか?

おそらく、「こういう欲求持った事ある!」と感じたのではないでしょうか?

というのも、この8つの欲求は人間の本能レベルで持ち合わせているものなので、理解できないわけがないのです。

あなたが新人類であれば別ですが。。

先天的欲求は何よりも優先される

先天的欲求は人間である以上、避けて通る事のできないものであり、何よりも優先されます

例えば、あなたは以下のような事ができるでしょうか。

  • 食べたいという欲求を振り払えますか?
  • 快適に暮らしたいという欲求を振り払えますか?
  • 自分の子供が道路を横切る前に左右を見ようが見まいが、どうでもいいと思えますか?

 

おそらくできないと思います。

これは学問的に研究する必要のない事です。

なぜなら、人が本能的に理解できる事だからです。

後天的欲求である9つの欲求

あなたは8つの先天的欲求を見て、こう思ったかもしれません。

僕(私)、もっと欲求あるよ(笑)」と。

先ほど挙げた先天的欲求は8つでしたが、それ以外にも実は9つの欲求があります。

それが後天的欲求です。

ただし、この後天的欲求は先天的欲求には適わないのでご注意ください。

情報収集欲 情報を手に入れたい。様々な情報が欲しい。
知識欲 好奇心を満たしたい。興味がある事をやってみたい。
能率欲 効率よく仕事したい。効率よく仕事できる環境を整えたい。
清潔欲 身体や身の回りの環境を清潔に保ちたい。
便利欲 ⾝の回りを便利にして楽をしたい。
良品欲 信⽤できる商品、質の良い商品がほしい。
表現欲 美しさや流⾏りを表現したい。
節制欲 節約したり無駄を省いて利益を上げたい。
射幸欲 掘り出し物⾒つけたり1発当てる感覚を味わいたい。

後天的欲求とは、人が生きていく中で得られる欲求なので、本能的に持ち合わせているものではありません

先天的欲求と後天的欲求を比較する

  • 新しいシャツを買うか、燃え盛るビルから飛び出すか
  • 自分のデスクをきれいにするか、セクシーな女子と素晴らしいセックスをするか

 

この例を見て、あなたはどちらを優先しますか?

どちらを優先するかはお分かりになるかと思いますが。。

つまり、先天的欲求は後天的欲求に優先します

これは必ずです。

そもそも欲求とは何か

そもそも欲求とは何か

欲求とは、必要が満たされないときに感じる一種の緊張感です。

例えば、お腹が空いていれば食べたいという緊張感が高まり、食欲が生まれます。

つまり、

緊張

欲求

欲求を満たそうとする行動

という流れになるわけですね。

具体的視覚的言葉でイメージさせる

具体的視覚的言葉でイメージさせる

人には8つの先天的欲求と9つの後天的欲求があるのは今まで見てきた通りです。

しかし、ここで注目すべき事があります。

それは、「他人がどのようにして8つの欲求を満たしたかを文章で読んでも嬉しくなる」という事です。

まるで自分の事のように嬉しい気持ちになるという事ですね。

例えば、Aさんが借金をすべて返済したという話をあなたが聞いたとします。

そうすると、あなたはAさんの物語を頭の中でイメージし、Aさんに共感するという事です。

つまり、人は頭の中で具体的にイメージするという事です。

もしあなたが商品を販売したい場合、まずは相手に「この商品を購入すればこんないい事がありますよ」というイメージを湧かせる必要があります。

イメージを湧かせ、メリットをしっかりと伝えてから、相手への説得が始まります

この手順を間違え、いきなり説得をするから商品が売れないのですね。

まとめ

消費者に行動を促すには、今までお話しした内容を踏まえて、あなたの言葉を相手に伝える必要があります。

とりあえず、今回学んだポイントをしっかりと押さえて実践してみてください

アフィリエイトは実践しなければ意味がありません。

あなたのスキルとして定着しないからです

だからこそ、とにかく実践です。

実践あるのみです。

時代は変わっても消費者心理は変わらない
フォローしてもらえると泣いて喜びます