月間29,000PV達成! 収益は毎日発生中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

DockerでAnsible入門したので手順を解説するよ!

             
  • 2020.03.02
  • Docker
DockerでAnsible入門したので手順を解説するよ!
Advertisement

 

Ansibleを使ってみたいと思ったんですが、どうやらVirtualboxなどを使うハンズオンが多い

最近僕はDockerが好きで、正直「Virtualbox×Vagrant」は触りたくない。

ってことで、DockerでAnsibleを使ってみたのでその手順をずらずらっと書いていきます

 

僕のプロフィールはこちら

 

 

前提

・Gitが使えること

・Dockerが使えること

 

 

参考記事

URL:「https://qiita.com/Naoto9282/items/39eeefa5de652b857372」

※ここの記事が非常に分かりやすい&入門にはよいので参考にしました。

 

 

で、何をやる?

参考記事を元に進めていきます。

・Ansibleコンテナを1台、Targetコンテナを2台作成

・Ansibleによって、この2台のコンテナにhogeファイルを作成するコマンドを実行する

という流れです。

 

 

Ansibleのファイル解説

Ansibleを触る前に、ざっくりAnsibleで使うファイルを解説します。

 

inventry.ini

ざっくり言うと、対象サーバの一覧です。

今回だと、対象サーバは2台のコンテナなので、2台のコンテナが記載されることになります。

 

playbook.yml

ざっくり言うと、タスク定義をしているファイルです。

サーバの状態管理とも言うらしい。

まあ、タスク等もコードで管理できるので最高だよねって感じですね。

今回だと、「hogeファイルを対象サーバに作成する」という内容が記載されることになります。

 

 

Docker×Ansibleを実際にやってみる

gitでクローンします。

 

 

docker-composeをバックグラウンドで実行します。

※まあまあ時間かかります。

 

 

Ansibleコンテナに入ります。

 

 

2台のターゲットコンテナにansibleコマンドを実行します。

「OK」と表示されていれば問題なしです。

 

 

Ansibleコンテナからターゲットコンテナ(01)にSSHで接続します。

 

 

hogeファイルが作成されていることが分かります。

target02にもhogeファイルが作成されているので確認してみましょう。

 

 

Advertisement

 

おまけ

ファイルの内容はGitHubを見れば分かりますが、一応こちらにも載せておきます。

 

inventry.ini

 

playbook.yml

 

 

まとめ

Ansibleは関係ないですが、Dockerって素晴らしいなっていうのを日々感じます。

何よりホストを汚さずに色々なものを触れるのが最高。

ではさいなら。

Travelerを知らないの?