『自由力』を身に付けるサイト「リバトレ」も見てね!!

【GAS】翻訳APIを無料で使用したかったので作ってみた

悩んでいる男の子

翻訳APIを無料で使ってみたいんだけど、何かいい方法ないかな?

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • GASの翻訳APIを無料で使う手順
  • 本記事の執筆者
プロフィール
どこの写真だよ
  • 長身ガリガリ自称イケメン(1993/4/1生)
  • 元エンジニア(歴7年)、資格保有数約20個(IT系以外も含む)
  • 副業(物販)5か月目で月利30万円⇒脱サラ
  • 物販、システム開発、アフィリエイト、投資を細々とやっています。
  • 物販は彼女と楽しみながらやってます!

翻訳APIはGoogle以外にも色々とあるのですが、GoogleやMicroSoftのAPIは上限を超えると有料になるんですよね。。

色々調べてみるとGASは無料で使えるみたいなので、 今回はGASを使って翻訳APIを無料で使用してみます

目次

翻訳情報取得APIのソースコード

いきなりですが、翻訳情報取得APIのソースコードです。

/**
 * GET実行時
 */
function doGet(e) {

    var param          = e.parameter;
    var translatedText = fetchTranslatedText(param);
    var responseBody   = fetchResponseBody(translatedText);
    var response       = fetchResponse(responseBody);

    return response;
}

/**
 * 翻訳を取得する
 *
 * @param クエリパラメータ
 *
 * NOTE: LanguageAppクラスを使用することで無料利用できる、みたい。
 */
function fetchTranslatedText(param) {
    return LanguageApp.translate(param.text, param.source, param.target);
}

/**
 * レスポンスボディを取得する
 *
 * @param 翻訳情報
 */
function fetchResponseBody(translatedText) {
    if (translatedText) {
        return fetchResponseBodyJson(200, translatedText);
    } else {
        return fetchResponseBodyJson(500, "Error");
    }
}

/**
 * レスポンスボディJSONを取得する
 *
 * @param ステータスコード
 * @param 翻訳情報、もしくはエラーメッセージ
 */
function fetchResponseBodyJson(code, text) {
    return {
        code: code,
        text: text
    };
}

/**
 * レスポンスを取得する
 *
 * @param レスポンスボディ
 */
function fetchResponse(body) {
    var response = ContentService.createTextOutput();
    response.setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
    response.setContent(JSON.stringify(body));
    return response;
}

実際にAPIを実行してみる

{"code":200,"text":"Hello"}

上記のようなJSONが返却されました。

まとめ

今回は、GASを使って翻訳APIを無料で使用してみました

意外と簡単ですし、無料で利用できるのはいいですね。

ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアするんやで!

~ リバトレ ~

お金や副業に関する情報を発信しているよ!

この記事を書いた人

いずみんのアバター いずみん 自由力発信おじ

【自由力発信】うさんくさ笑 | 副業物販で5ヶ月目に月利30万円達成⇨脱サラ予定 | 物販(アパレルせどり)・アフィリエイト・投資で自由になるための情報を発信中?笑 | 元エンジニア | 保有資格約20個

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる