月間1万PV達成目前! 収益は毎日発生中! ブログランキング上位! 記事は毎日更新中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

孤独好き? 現実逃避? 一人旅をする人の特徴8選

孤独好き? 現実逃避? 一人旅をする人の特徴8選
Advertisement

 

あなたは、人生のどこかのタイミングで一人旅をした事はありますか?

最近では男女問わず一人旅をする人も増えてきていますが、一人旅をする人の特徴はどういったものか疑問に思った事はないでしょうか?

一人旅をする人は成功する人が多いと聞いた事がありますが、そういった人たちにはどういう特徴があるのでしょうか。

今回は、「一人旅をする人の特徴」について見ていきたいと思います。

 

 

自分を成長させたい

自分を成長させたい

自分を成長させたいという飽くなき探求心を持っている人は、自分を追い込むために旅に出る事があります。旅によって知識や経験が増える事は間違いないですし、インプットも多いですからね。

また、語学を勉強したいという方も多いかもしれません。語学を勉強するのに一番いいのは「人と話す」事ですから。そういった勉強のため、自己成長のために旅をするというのもいいかもしれません。

旅をするのは外向的な人、あるいは楽観的な人というイメージが多いかもしれませんが、決してそんな事はありません。内向的で悲観的であるからこそ、今の自分を変えてみたいと思うわけですし、そういう人の方が旅に出た際の盗難被害なども少ない傾向にあります。

楽観的であったりする事が決して良いとは言い切れないので、自分にあったペースで旅をするのが僕はベストだと思います。

 

 

新しいもの好き

新しいもの好き

一人旅をする人に多いのはこのタイプかもしれません。

「とにかく新しいものを見てみたい」、「まだ知らない未知の体験をしてみたい」など、新しい事への欲求が多いタイプです。こういう人は、同じ場所には足を運ばないという特徴があります。もちろんすべてに当てはまるわけではありませんが、一度足を踏み入れた場所よりも、新しい場所を求めるようです。

また、こういったタイプの人は常に刺激を求める傾向にあるので、自分にとって刺激のない事はあまりやらないでしょう。「刺激を求めて旅をする」というタイプですね。

 

 

現実を逃避したい

現実を逃避したい

今の自分の状況が嫌だと思い立ち、旅に出る人も多いかもしれません。このタイプも比較的多いかもしれませんね。

毎日仕事をしては同じ事の繰り返しという生活に対して、「非日常」を求めて旅をする事もあるかと思います。現実を逃避するというよりは、「非日常」を味わいたいという気持ちが見え隠れしているという事になります。

仕事で辛い事があった、失恋したなど、自分の気持ちを埋めるために旅に出るというのは全然おかしな話ではありません。現実を逃避したいというよりは自分の気持ちの隙間を埋めるために旅をする、と言い換えれるかもしれませんね。

 

 

隙間時間を見つけた

隙間時間を見つけた

これは長期の旅というよりは期間限定の旅ですね。たまたま長期の休みが取れたなど、時間を確保できた時にふらっと旅に行くのもいい気分転換になるかもしれません。

特にメリハリをしっかりとつけられる人ほど、隙間時間に旅をする傾向にあります。仕事で嫌な事や辛い事があっても引きずらず、休む時はとことん休むという事ができる人は、思い立って旅に行く事も多いようです。

 

 

Advertisement

 

一人が好き

一人が好き

一人旅ですから当然一人です。一人旅をする人は誰かといるよりも自分一人の方が好きという傾向にあります。

ただし、「一人の時間が好き」という事と「一人が好き」というのは厳密には違います。「一人の時間が好き」という人は、実は人とのつながりを求めていたり、本当はコミュニケーションは取れるが面倒だから取らないなど、様々な特徴があります。

一人を好むという意味で言うと、女性は男性よりも仲間意識が強いと言われているので、比率的には男性の方が多いと思います。

一人になりたい人は、大概一人の時間が好きなだけであって、話してみると普通に話のできる人が多いようなので、一人が好きな人同士で集まると、盛り上がるかもしれませんね。

 

 

人に合わせたくない

人に合わせたくない

誰かと旅に行く際、計画や予算などの相談を相手の方としますよね。特に海外だと自分の行った事のない未知の場所なので、かなり綿密に計画を立てると思います。

一人であれば、自分の事だけ考えればよいですが、誰かと行く場合はある程度合わせる必要も出てきます。そういった事が苦手な人は、一人旅を選択しがちかもしれません。

特にしっかり計画を練りたいという人ほど、誰かに邪魔をされたくないという心理が働くので一人旅をする人が多い傾向にあります。

 

 

自分と向き合う

自分と向き合う

自分の性格や好み、やりたい事や夢など、自分の事がよく分からないから向き合いたいという人は一人旅に出る傾向があります。あくまで「内なる自分と葛藤するため」、「自分の事を受け入れるため」に旅をするという特徴があります。

自分と向き合うというのは非常に難しい事ですが、旅をすれば時間は自由に取れるので、自分と向き合うには絶好の機会かもしれませんね。

 

 

やりたい事が見つからない

やりたい事が見つからない

今の時代、やれる事はたくさんあれど、やりたい事をずっとやっている人は少ないように思います。そもそもやりたい事を見つけるのは難しいですし、今のままでいいやと妥協してしまいますよね。

一人旅をすればインプットは非常に多いですし、知識や経験は自分の想像している以上に多くなるはずです。その培ったものからやりたい事を見つけるという意味では、旅は最高かもしれません。

やりたい事が見つからない人は、今の現状を捨てて旅をするのもよいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

これから一人旅をしようと考えている方や、すでに旅を始めている方はどれに当てはまったでしょうか。僕は自分を成長させたいという思いが一番強いので、「自分を成長させたい」ですかね。

一人旅をする人の特徴は様々ですが、物事は捉え方次第でいかようにも変わると思います。どうせ旅をするなら後ろ向きな気持ちではなく、自分を向上させるなどの前向きな気持ちで旅をしたいですね。

Travelerを知らないの?