【8番:茨城県】閉鎖された牛久シャトーへ実際に行ってきた

【8番:茨城県】閉鎖された牛久シャトーへ実際に行ってきた
Advertisement

 

最近お金が貯まり始めてきたので、色んなところに行っています。

ってことで今回は、初上陸の茨城県牛久シャトーに行ってきました

あ、閉鎖されたってタイトルに書いてますが、一部の施設が閉鎖になっただけです。

 

僕のプロフィールはこちら

 

 

牛久シャトーとは

牛久シャトーとは、茨城県牛久市のワイン醸造場です。

所有は「オエノンホールディングス株式会社」です。

所在地 〒300-1234 茨城県牛久市中央3-20-1
開園時間 10:00 ~ 16:00
定休日 無休(年末年始・弊社指定休業日を除く)
電話番号 03-6757-4580

 

 

牛久シャトーへのアクセス

先にアクセス情報を載せておきますね。

電車 JR 常磐線「牛久駅」下車東口(シャトー口)より徒歩約8分
車・バイク 常磐自動車道/つくば牛久ICより国道408号線経由約15分
乗用車駐車場 タイムズ牛久中央 収容台数280台/料金60分100円 平日一日最大 300円(24時まで)※最大料金は、土・日曜および祝日は適用になりません。

 

 

牛久シャトーの歴史

まずは牛久シャトーの歴史を見ていきまっしょい。

 

創業

1903年、神谷伝兵衛が牛久シャトーを創業しました

創業当初の名称は「牛久醸造場」です。

神谷伝兵衛といえば、浅草にある神谷バーが有名ですね。神谷バーは「日本初のバー」と言われています。

 

日本初の本格的なワイン醸造場

牛久シャトーは日本初の本格的なワイン醸造場と言われています。

 

創業する前はワイン推奨?

そもそもの話ですが、ワイン事業というのは当時の明治政府に推奨されていました。

推奨されていた理由は、輸出産業を作り出したかったからです。

他にも日本酒を作るために米が必要ですが、この米が不足していたことからワインを作り、米の消費を抑えようとしていました。

 

ワイン事業は山梨が早かった

当時、ワイン事業が盛んだった県は、実は山梨県です。

山梨県でのワイン事業は後に後退するものの、民間においてワイン事業というものは身近な存在になりました。

そこで、ワイン事業に取り組んだのが牛久醸造場なのでした。

 

2017年に牛久シャトーに改名

2017年9月1日、旧称の「シャトーカミヤ」から「牛久シャトー」に改名を発表しました。

 

 

2018年に閉鎖した施設

以下が2018年12月28日に閉鎖した施設です。

  • レストラン キャノン
  • ラテラス・ドゥ・オエノン
  • バーベキューガーデン
  • スーベニアショップ
  • ワインセラー
  • 牛久ワイナリー
  • 牛久ブルワリー

 

 

Advertisement

 

僕の写真達

なんか色々文章を書こうと思ったんですが、日にちが空いてしまって面倒なので、写真をひらすら載せるという暴挙に出ます。

※WiMaxが遅いせいで写真のダウンロードがなかなかできずに気付いたら時間経っちゃいました、という言い訳です。

 

牛久シャトー (3)

牛久シャトー (4)

牛久シャトー (5)

牛久シャトー (6)

牛久シャトー (7)

牛久シャトー (8)

牛久シャトー (9)

牛久シャトー (10)

牛久シャトー (11)

牛久シャトー (13

牛久シャトー(14)

牛久シャトー(15)

牛久シャトー(16)

牛久シャトー(17)

牛久シャトー(18)

 

 

まとめ

僕が行ったのは平日というのもあって、人はほとんどいませんでした。

一応茨城の観光地ではあるんですが、そもそも牛久駅に人があまりいませんでした。

まあ、人が多い場所が苦手っていう人にはおすすめなのと、普段見れないものが見れるので結構楽しめます。

ではさいなら。