月間29,000PV達成! 収益は毎日発生中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

【初心者向け】インターネットが世界でつながる仕組み!!

【初心者向け】インターネットが世界でつながる仕組み!!
Advertisement

 

インターネットがなぜ世界中でつながっているのか?

今や当たり前に浸透しているインターネットですが、このインターネットがどういった仕組みでつながっているのか、正しく理解している人は少ないのではないでしょうか?

ということで今回は、インターネットが世界でつながる仕組みについて解説します。

 

 

サーバーの存在意義と種類

サーバーの存在意義と種類

インターネットがつながる仕組みを説明するのに、まず必要になってくるのがサーバーです。

サーバーは、高機能なパソコンのようなものだと思ってください。

誰かが、インターネットでホームページを見たり、動画を見たり、オンラインのゲームをした時に、このサーバーというものにつながっていることになります。

ホームページなら、インターネットを介して、ホームページの情報を蓄積したサーバーまで行き、そこからホームページの情報をダウンロードしていることになります。

動画であれば、動画を蓄積したサーバーまで行き、逐一動画情報をダウンロードしているということになります。

このサーバーというのが、とても大切になります。

 

 

情報を伝えるパケット

情報を伝えるパケット

インターネットで情報をダウンロードしたりアップロードをする時に使うのが、インターネットパケットと呼ばれるものです。

インターネットでは、小さいパケットというサイズにして情報を渡すということをします。

小さく細切れにするのは、インターネットの回線を使っている時に、どこかで情報が落ちてしまうことがあるからです。

もし仮に、必要な情報を一つにまとめて送ったとすると、情報が落ちてしまった際、また最初からやり直さなければならなくなります。

しかし、パケットのように細切れにして送れば、パケットが落ちてしまったところだけを再送してあげればいいのです。

このようにパケットという仕組みは、インターネットで快適に情報をやりとりする方法になるわけです。

 

 

インターネット回線とその種類

インターネット回線とその種類

インターネットをつなぐには、回線というものが必要になります。

回線とは、光ファイバや無線などにより、インターネットのネットワークとつなぐためのものです。

この回線には様々な方法があります。一般的には、有線のものであれば光ファイバが有名ではないでしょうか。

最も高速にインターネットを利用することができるのが光ファイバです。

さらには、無線アクセスができるものもあり、有名なのがWi-Fiです。

約200mの範囲内の端末からインターネットにつなぐことができるようになっています。

さらに他には、携帯通信というものもあります。最近では、携帯の通信も高速になってきています。

 

 

名前を表すURLとはどのようなものか

名前を表すURLとはどのようなものか

インターネットを使用する際に必要となるものとして、URLがあります。

URLとは、サーバーのある場所を表しています。

この場所を指定することで、私たちはインターネットでサーバーの場所を簡単に探すことができるようになっています。

このURLは、いくつかのドットで区切られています。「●.●.com」というような形で表現されます。

このURLの最後に行くほど、大きな範囲を示していることが分かります。

インターネットにつなぐと、まずネームサーバーと呼ばれる場所にアクセスをして、このURLがどこの場所なのかということを解析します。

そして、IPアドレスと呼ばれる住所を教えてもらい、アクセスすることができるようになります。

 

 

Advertisement

 

インターネットにおけるプログラミング

インターネットにおけるプログラミング

インターネットにつながるには、背後にプログラミングの技術が働いています。

ホームページを見ようとした時にも、プログラミングされたものが反映されて表示されています。

ホームページであれば、HTMLとCSSと呼ばれるものが書かれています。

これは、プログラミングの技法で書かれた文書があり、サーバーがそれを読み取って、ホームページの形にしていきます。

つまり、プログラミングで決められた方法で書いていくことで、形になっていくということになります。

プログラミングには、HTMLやCSS以外にもたくさんあります。

例えば、JavaやPHP、C言語、Pythonなど様々あります。

最近では、android向けのプログラミング言語やiPhone向けのプログラミング言語もあります。

 

 

パケットを交換してくれるルーター

パケットを交換してくれるルーター

インターネット上には、パケットと呼ばれる情報の小包のようなものが行き交っているとお話ししましたが、その小包は、どうやって、サーバーと自分の場所を行き来するのでしょうか。

それには、サーバーと自分のパソコンとの間にルーターと呼ばれる機械が存在しています。

このルーターというのは、パケットに書かれた目的場所を読んで、次の場所へとパケットを送る役割を果たしています。

このルーターがいるおかげで、世界中のサーバーへとアクセスすることができるようになっています。

つまり、インターネット上には、ルーターという機械が無数に存在していることになります。

このルーターとルーターとが結びついて、パケットと呼ばれる小包を送りあっているわけです。

 

 

インターネット上のセキュリティ対策

インターネット上のセキュリティ対策

インターネット上では、セキュリティ対策が必要になってきます。

良くないことを考えるハッカーが、あなたのパソコンやスマートフォンを狙って攻撃してきます。

そこでまず一番必要なのが、アンチウィルスソフトになります。

最近では、無料でも高機能のものがあるので、まずは、パソコンやスマートフォンにアンチウィルスソフトをインストールすることが必要になってきます。

アンチウィルスソフトは、パソコン内にウィルスが無いかをチェックしてくれたり、ウィルスが侵入した時に検知してくれるサービスをします。

さらには、有害なサイトを見分けてくれ、あらかじめ危険にさらされることから守ってくれます。

他に必要なセキュリティ対策としては、ファイアウォールなどがあります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、初心者の方向けにインターネットについて解説しました。

僕もIT業界にいる人間なので分かるのですが、ITは本当に奥が深いです。

なので、どこまで自分が覚えるべきものなのかを吟味し、適切に理解することが大切になります。

ではまた!

Travelerを知らないの?