月間17,000PV達成! 収益は毎日発生中! ブログランキング上位! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

海洋自動清掃システムとは?海のごみを勝手に収集!

海洋自動清掃システムとは?海のごみを勝手に収集!
Advertisement

 

最近、プラスチックごみについて話題になっているのをご存知ですか?

プラスチックごみは環境に悪く、生態系への影響もあります。

このプラスチックごみは海洋上に放置されており、動物たちにとって有害なものとなっています。

今回は、そんな海洋上にあるプラスチックごみを自動で収集する「海洋自動清掃システム」についてお話ししていきます。

 

 

海洋自動清掃システムとは?

海洋自動清掃システムとは?

海洋自動清掃システムとは、2013年にオランダで創設された財団「The Ocean Cleanup Foundation(オーシャン・クリーンアップ基金)が開発したシステムです。

2018年9月にごみの回収作業が開始されており、このシステムが完成するまでに5年の月日を要しています。

 

 

海洋自動清掃システムの目的

冒頭でもお話しした通り、プラスチックごみ・廃棄物を自動で回収するのが目的です。

このご時世、海洋上のごみも自動で回収できるんですね、すごいです。

 

 

ごみはどうやって収集する?

ごみはどうやって収集する?

まず、長さ6m、深さ3mのU字型フェンスで、海面付近を漂流するプラスチック廃棄物を取り囲みます。

そこから風や波、海流を利用して回収ポイントまで誘導し、船でこれらを収集させる仕組みとなっています。

GPSなどが組み込まれているそうで、リアルタイムな状況を知ることができます。今時ですね。

ちなみに、このシステムに使われる動力は太陽光発電で賄われています。

 

 

Advertisement

 

太平洋ゴミベルトのごみを50%削減させる?!

とりわけゴミが多い海域を「太平洋ゴミベルト」と呼びます。

今回開発された海洋自動清掃システムでは、太平洋ゴミベルトのごみを50%削減させることを目標としています。

期間は「5年」とのことです。

 

 

第1基の名前は「System 001」

2018年に開発されたばかりなのでまだ始まったばかりですが、その記念すべき第1基の名前は「System 001」です。

今後、第1基に続いてますます開発が進んでいくと思われます。

 

 

「The Ocean Cleanup Foundation」公式サイト

以下が公式サイトになります。

■公式サイト

URL:「https://www.theoceancleanup.com/」

 

 

まとめ

海洋自動清掃システムは今後の活躍が期待されています。

目標通り50%のごみを回収できたら、生態系も守られることでしょう。

これからも動向を追っていきたいと思います!

Travelerを知らないの?