月間13,000PV達成! 収益は毎日発生中! ブログランキング上位! 記事は毎日更新中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

効果的なセールスレターは何が違う?大切なのは〇〇!

効果的なセールスレターは何が違う?大切なのは〇〇!
Advertisement

 

効果的なセールスレターに大切な事は何か?

 

それは、相手が欲している事を提供する事です。

以上、お疲れさまでした。

と、終わるわけにはいきませんよね(笑)。ただ、もう結論は言ってしまいました。でもあなたはもっと具体的に知りたいのですよね。

 

という事で今回は、効果的なセールスレターは何が違うのかを、具体例を取り上げながらご説明したいと思います。

 

 

釣り愛好家が魚を釣れないのはなぜか?

釣りをセールスレターの例に出す事は多いのですが、まずはこれを読んでみてください。

ある釣り愛好家が今日も意気揚々と魚釣りを始めました。

カラフルな、いかにも高級そうな疑似餌をつけ、釣りを始めたのですが全く釣れません。

おかしいなと思い、ふと隣のみすぼらしい少年を見てみると、なんと魚をいっぱい釣り上げているではありませんか。

でも、その少年は特別な事はしていないのです。

釣り糸も粗末なものですし、高級な疑似餌などを使っているわけでもありません。

 

この文章を読んで、あなたは少年が魚を釣り上げる事ができた理由をお分かりになるでしょうか?

 

実は、答えは至ってシンプルです。それは少年が、「魚が食いつく餌が何なのかを知っていた」だけだったのです。

 

少年は、「この場所にいる魚はこの餌に食いつく」という事実を知っていたので、高級な疑似餌も必要なかったわけですね。つまり、魚が欲しているものをただ与えただけなのです。

 

 

どんな餌なら相手は食いつくのかを考える

どんな餌なら相手は食いついてくれるのかを考える

餌という言い方はあまりよくないですが、先ほどの釣りの話でもあったように、結局は「どんな餌なら相手は食いついてくれるのか」という事を考える事が大切になります。

 

あらゆるセールスレターはこの2文に集約できます。

相手をその気にさせる餌は何か。
その餌にこちらが提供すべきものをどう結びつけられるか。

 

セールスレターを読む相手というのは、ある事を欲しています。そしてそれは、無意識レベルで常に相手の脳を支配しています。一方、こちらは相手に特定の事をしてほしいと考えています。その事と、相手の欲している事を結びつける事が大切なのです。

 

 

正しいアプローチの方法とは

正しいアプローチの方法とは

例えばあなたが家族と外食に出かけ、楽しい時間を過ごしていたとします。そこに突然セールスマンが現れ、商品の売り込みを始めたとしましょう。

 

あなたはこのセールスマンから商品を買いますか?買わないですよね。買うどころか張り倒すかもしれませんね(笑)。

 

これは単純ですが、非常に重要な事です。人には感情というものがあります。そしてそれは皆が持ち合わせているものです。セールスをかける場合は、この感情に訴えかけなくてはなりません。

 

相手の感情を理解し、相手の気持ちを把握する。つまりは、「相手の事を考えろ」という事になるのですが、それができれば相手の関心を手に入れる事はできるでしょう。

 

相手の感情を理解する事が大切。
むやみやたらにアプローチするのではなく、相手の気持ちを考えてアプローチする事。

 

 

相手の注意をグッと引き寄せる

相手の注意をグッと引き寄せる

相手の気持ちを理解し、相手の関心を手に入れたところで次にやる事。それは、相手の注意を取り逃がさない事です。つまり、相手に注目してもらうだけの印象を与える事が重要になります。

 

セールスレターで言うと、他のどのセールスレターとも違う何かを感じさせる事。そして、相手の関心を釘付けにする事が重要です。

 

一度関心が途切れてしまった相手が帰ってくる事はまずないでしょう。それほどまでに最初のインパクトというのは大切になります。

 

相手を研究し、相手が何に関心を抱いているのかを考える。そして、あなたが提供するものをよく理解し、相手の関心とどう結び付けられるかを考える事が大切になります。

 

相手の関心をグッと引き寄せるには、相手の関心を理解する必要がある。

 

Advertisement

 

相手の関心に合わせた書き出し例

ではここで、相手の関心に合わせたセールスレターの具体例をご紹介したいと思います。

 

赤ん坊がいる母親宛て

ベビーフードとベビー服の次に決めなければならない最も大切な事、それはベビーカーです。

赤ちゃんがそれに乗ってお出かけする姿を見てもらい、「まあ、かわいい」と言ってもらえる、そんなベビーカーです。

赤ちゃんはみんな、ちゃんとしたベビーカーでお散歩デビューして・・・(略)。

 

小さな息子がいる父親宛て

息子さんは、いまはまだ小さな男の子。

お父さんの事を世界一すばらしい男の人だと思っています。

息子さんにとってあなたは、おもちゃのボードや自転車を直してくれる人、わくわくするお話をしてくれる人です。

 

でも、あと10~12年もすれば、息子さんも大学に進学されるでしょう。

寮の友達の父親が息子の顔を見に訪れる事もあるでしょう。

なかには鉄道会社の社長もいれば、大銀行家、州知事もいるかもしれません。

 

そして、あなたも息子さんに会いに行って、こう紹介されます。

「うちの親父だ」

 

息子さんはどんな思いでそう言うのでしょうか。

あなたの事を誇らしく思ってくれるでしょうか。

 

世帯主宛て

まったく驚くではありませんか。

泥棒、スリ、ピストル強盗、侵入窃盗犯がまんまと逃げおおせているのが最近の実態です。

 

愛するわが町でも、先月は1500件を超える住宅侵入強盗がありました。

ほかにも店舗侵入が92件、路上でのピストル強盗が122件、オフィスでのピストル強盗が11件、309台の車が盗まれ、路上で奪われた腕時計や財布の数にいたっては、神のみぞ知るです。

最近では、きちんとした盗難保険にかなりお安く加入できるようになっています。

いますぐお電話ください。

お客様の大切なものを正午までに保険でカバーします。

 

畜産農家宛て

牛を飼っていれば、ときには子牛を失う事もあります。

12頭以上飼っていれば、おそらく年に1、2頭の子牛を失っているでしょう。

1年で子牛を1頭残らず、ある人は16頭、ある人は30頭を超えて失った畜産農家の話を聞いた事があります。

 

ところが、こうした畜産農家の子牛の損失が突然ぴたりと、実に簡単になくなったのは、この情報のおかげ・・・(略)。

 

ドライバー宛て

暴風雨のなかで車を運転した事がおありなら、湿気でフロントガラスが曇るのがどれほどうっとうしく、また危険でもあるかご存知でしょう。

そんな状態であやうく事故になりそうなところを避けられたご経験が何度もありませんか?

この〇〇クリーナーを車に取りつければ、目の前のボタンを押すだけで、フロントガラスの曇りをきれいに取り除き、くっきりきれいに見えるようになります。

 

医師宛て

お医者様が揃えていらっしゃる医学書の数ときたら相当なもので、よく見極めてから買わないと、膨大な出費になってしまいます。

当社のお得意様にはあらゆる業界の方々がいらっしゃいますが、特にお医者様から一番感謝していただいております。

それは、当社が定番の書籍や参考図書などを驚くほどのお買得価格でご提供しているからです。

 

 

効果的なセールスレターに大切な事

効果的なセールスレターに大切なこと

先ほど見た具体例で共通している事が何かお分かりになりますか?

 

それは、相手の関心があるものを見つけ、それを話のきっかけにしている事です。つまり、こちらが提供したいものを急いで伝えようとしていないのです。

 

冒頭でもお話ししましたが、効果的なセールスレターに大切な事は、相手が欲しているものを提供する事です。相手が欲しているのだから、こちらが急いで伝えようとしなくても良いのです。

 

服屋さんに行って、店員さんに話しかけられると気分が悪くなるのと同じ心理です。

 

相手の関心を見つけ、それを話のきっかけにする事が大切。
そこからあなたが提供したいものとを結びつければ効果的なセールスレターの出来上がり。

 

 

まとめ

効果的なセールスレターに大切な事は、相手が欲しているものを提供する事であり、相手の関心を理解する事が大切です。

 

相手の気持ちを考えるという事に徹すれば、あなたが売り込みたいものも自然と売れていくわけです。なぜなら、相手はそれを欲しているからです。

 

相手が関心を抱いているところに、そっと手を差し伸べてあげるだけで十分なのです。急いでセールスをかけようとするから上手くいかないのです。

 

PS.

セールスレターって難しいですよね。。

 

「この書き方で書けば成功するよ!」みたいなものもありますが、実際はうまくいかないんですよね。

 

一番大切な事は、相手の気持ちを理解し、感情をかきたてる事だと思います。

 

理性ではなく、感情に訴えかけるという事ですかね。

 

んーー、難しい(笑)。

Travelerを知らないの?