月間13,000PV達成! 収益は毎日発生中! ブログランキング上位! 記事は毎日更新中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

航空券の基礎知識と取得方法を解説します(旅行会社編)

航空券の基礎知識と取得方法を解説します(旅行会社編)
Advertisement

 

当たり前ですが、旅行にとって航空券は欠かせません。航空券がないと搭乗できませんからね。

 

旅行会社で旅行の予約をする場合、基本的な事はお任せなので考える必要もありませんが、自分で確認しなくてはならない事もあります。

 

という事で、今回は旅行会社で予約をした場合の航空券を取得するまでの流れと基礎知識についてまとめてみました。

 

 

旅行の目的地を決める

旅行の目的地を決める

航空券を取得する際、まずは目的地が決まっていないと始まりません。

 

旅行に行く時というのは、当然行きたい場所がありますよね。行きたい場所がない人も漠然と「旅してー」みたいな事を考えているはずです。

 

航空券を取得するには、目的地を決める必要があるので、できれば細かく「どこに行きたいのか」を決めておく方が良いかもしれません。

 

 

旅行の日程を決める

旅行の日程を決める

目的地が決まったら、旅行の日程を決めましょう。出発する日と帰ってくる日を決めておけば旅行会社の人も困らないと思うので、目的地・日程だけは事前に決めておきましょう。

 

また重要なのは、第1希望がダメな場合を想定しておく事です。自分が希望していた日程で航空券が取得できない場合もあるので、第2・3希望くらいは考えておくと良いでしょう。

 

旅行会社に行く際に、事前に考えておかなくてはならない事はしっかり考えておきましょう。

 

 

航空会社を決める

航空会社を決める

自分の好きな航空会社があるなら、予約をする際に旅行会社の人に伝えると良いでしょう。

 

また、特に好みの航空会社がない場合は、何がおすすめなのかを確認するのも手ですね。大手で言うと、「JAL」や「ANA」がやはり人気のようです。

 

 

航空券の名前にはご注意

航空券の名前にはご注意

新婚旅行などで姓が変わる場合は注意してください。というのも、国際線の場合、チェックイン時にパスポートと航空券の確認をします。両方の名前が一致していないと搭乗を拒否されます。ですので、パスポートの名前を変更しない場合は、旧姓で航空券を手配しておく必要があります。

 

とりあえず、搭乗する際にパスポートと航空券の名前が一致していれば問題なしです。

 

 

Advertisement

 

旅程表(予約確認表)を再度確認しよう

旅程表予約確認表の再度確認しよう

旅行会社で予約をする場合、すぐに予約が完了する場合もあれば、2・3日後に再度連絡を貰う場合もあります。

 

予約が完了した場合は、旅程表(予約確認表)が送付されるので、名前などに誤りがないかを再度確認するようにしましょう。漢字は読み方によっては、読み間違いも発生するのでしっかり確認しておきましょう。

例)友子(ユウコ、トモコ)

 

キャンセル待ちになる場合もありますが、急に座席が空く場合もあるので、ここは運に任せましょう。運よく座席が空いた場合は指定の日までに代金を払う事で予約は完了となります。

 

旅行の10日ほど前になると、基本的には旅行会社から再度確認の連絡があります。これは旅行会社によるので、連絡がない場合もあります。

 

 

航空券はEチケットだよ

航空券はEチケットだよ

現在はほとんどの場合、航空券のチケットはEチケットに移行しています。メールで予約番号が送られてくるので確認しておきましょう。

 

Eチケットとは、航空券の形態の一つで、電子的に記録されたチケットの事です。普及率はほぼ100%なので、ほとんどの場合は紙媒体のチケットではなくEチケットだと思います。

 

Eチケットのメリットとしては、電子的に記録されたものなので紛失などが起こらない事です。チケットが不要な事から、チケットレスサービスとも呼ばれています。

 

送付されたメールから、旅程表をプリントアウトし、チェックインカウンター、もしくは自動チェックイン機で搭乗券を受け取ります。

 

旅程表を当日チェックインカウンターに持っていくと、チェックインの手続きをしてくれます。また、旅程表は紛失しても再発行してもらえるのでご安心を。

 

 

ピーク時には注意

ピーク時にはご注意

ゴールデンウィークや年末年始は予約が混雑するので、早めに予約する事をおすすめします。

 

人気のある期間は、早めに予約をしても取れない場合がありますが、早いに越した事はありません。

 

 

旅程表の呼び方について

旅程表は様々な呼び方をします。

 

「予約確認表」や「お客様控え」など。呼び方は違えど、意味としては同じです。

 

 

まとめ

旅行会社で旅行の予約をする際は、航空券のチケットもそうですが、「何を確認しなくてはならないのか」を旅行会社の人に聞いておくと良いかもしれません。

 

予約後、「予約確認書を確認しなくてはならない」、「名前には注意する」など、確認しなくてはならない事はぼちぼちあります。

 

いい旅にするには事前の確認をしっかりしておきましょうね。

Travelerを知らないの?