やっほー
Laravel構成をPlantUMLで図にして書いてみた件

Laravel構成をPlantUMLで図にして書いてみた件

  • 2019年4月7日
  • 2021年3月18日
  • Laravel
  • 42view

Laravelの構成って意外と忘れがちです

最初にルーターがあって、ミドルウェアが呼ばれて、その後コントーローラー…etc。

Laravelに慣れてる人からすれば簡単に理解できますが、初心者に説明する際は図が分かりやすいです。

ということで今回は、Laravelの構成をPlantUMLで図にして書いてみた件について解説します。

Laravelの構成

僕がLaravelで開発をした際の構成は以下の通りです。これを図にします。

Router⇒Middleware⇒Controller⇒Service⇒Query

Laravel×PlantUML

先ほどの構成を図にして伝えるためのPlantUMLコードです。

VSCodeで上記のファイルを開き、「Altキー」+「D」を同時押しすると、図が表示されます。

※VSCodeでPlantUMLを使えることが前提です。ここでは割愛します。

Laravel×PlantUML構成図

Laravel×PlantUML

こんな感じ。どうよ!!

おすすめ書籍

僕はLaravelの勉強をするのに以下の書籍を購入しました。おすすめですよ!

まとめ

PlantUMLっていいですね。

図をコードで描くっていうのがいいですね。Excelとかではできない差分管理ができるので。

ではまた!

Laravel構成をPlantUMLで図にして書いてみた件
フォローしてもらえると泣いて喜びます