月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

日本縦断の準備には何が必要?持ち物一覧はこれだ!

日本縦断の準備には何が必要?持ち物一覧はこれだ!
Advertisement

 

日本を縦断するぞ!とは言ったものの、どういった準備をすればいいのか分からない、なんてことはないでしょうか。

日本縦断は自転車や車などで行く人が多いですが、中には徒歩で挑戦している強者もいます(笑)。

また、ホテルにしっかりと泊まる人もいれば、野宿をする人もいるなど様々です。

そこで、日本を縦断する場合、具体的にどういった持ち物が必要なのかをまとめてみました!

 

 

日本縦断に必要な持ち物

日本縦断に必要な持ち物

 

スマホ

連絡を取る手段としては絶対必須です。旅は何が起こるか分からないので、連絡を取れる手段は確保しておきましょう。

また、ホテルの予約や地図情報の確認にも使用すると思うので、必ず持参するようにしましょう。

 

財布

お金がないと生きていけません。現金ももちろん必要ですが、クレジットカードがあると便利です。

旅をする人はクレジットカードを2枚持っている場合が多いです。

※クレジットカードが1枚しかないと何かあったときに対応できないので気を付けましょう。

 

カバン

カバンはどういった手段で日本を縦断するかで変わってきます。

車であれば特に必要ないかもしれませんが、自転車の場合はサイドバックなどが必要になります。

 

カメラ

スマホで十分だという方は必要ないかもしれませんが、一眼レフやデジカメなどでしっかり写真を撮りたいという方は必要ですね。

 

PC

ブログなどをする場合は必須です。

日々の出来事を記録するためにメモ帳などを持っていく人も多いですが、PCをメモ帳代わりにするのもありですね。

ブログをしない人はスマホがあれば事足りるので必要ありません。

 

ビニール袋

洗濯物などを入れたりする時に必要です。

軽量なので3つくらいは持っておいてもいいかと思います。

 

コンタクト、眼鏡

目が悪い人は持っていきましょう(笑)。

 

目薬

目が乾く人は持っていきましょう(笑)。

 

充電器

充電が適宜必要なものは、充電器も忘れずに!

※スマホ、PC、デジカメなど。

 

 

自転車で挑戦する場合

自転車で挑戦する場合

 

自転車

安いものでも問題なしです。

自転車で日本を縦断する人は本格的なロードバイクに乗っている方が多いですが、とりあえず輪行して持ち運べるものであれば問題ありません。

 

カバン(防水付きならなお良し)

サイドバックで十分だという方や、背負うのが嫌な方はいらないかもしれません。

ただ、カバンはあると便利なので、うまく荷物を振り分けて荷物を分散させたいですね。

 

サイドバック

自転車に背負ってもらうタイプのバックですね。

自分で背負うのはあり得ないです。疲労が溜まって疲れてしまうので、そこは自転車に頑張ってもらいましょう。

 

 

荷台

サイドバックを付けるための荷台?のようなもの。

 

 

ライト

夜間に走行をする際はライトを持っておいた方がいいですね。安全のために1つでいいので入れておきましょう。

 

 

空気入れ

毎日自転車で走行していると、当然空気も抜けてくるので常に入れられる準備はしておきましょう。

 

 

修理セット

パンクした際、修理に必要な道具一式が入ったものがホームセンターなどで売られています。パンクした時はチューブ毎入れ替える場合と、パッチを貼る場合の2パターンあります。

パッチを貼る場合は若干手間なので、チューブ毎替えるのがおススメ!

 

 

スマホをつけるやつ

その名の通り。

地図などを確認する場合、スマホとかになると思うので、自転車に取り付けられると便利ですね。いちいち取り出すのが面倒なので。。

 

 

ワイヤーロック

自転車が盗まれないようにするための鍵です。

特に10万を超えるような自転車は狙われやすいので防犯対策もしっかりしておきましょう。

 

 

カッパ

雨の日は必ず必要になるので常に持っておきましょう。

傘で走行するとかはくれぐれもしないようにしましょう。

 

 

 

Advertisement

 

野宿をする場合の持ち物

野宿をする場合の持ち物

 

テント

野宿をする場合の必需品になりますが、なかなかの重量になります。

あと値段が安くはないので気を付けましょう。

 

 

歯ブラシ、歯磨き粉、コップ

ホテルに泊まる方はアメニティグッズは必要ないですが、野宿の場合は一式必要になります。

 

 

虫除けスプレー

時期によりますが、夏場は虫除けをしておきましょう。

 

 

髭剃り

男性の方で髭が濃い方は持っていきましょう(笑)。

気にならない人は必要ありません。

 

 

爪切り

これも必須ではないですが、1か月くらいを想定しているなら持っておいた方が良いです。

 

 

 

服全般

服全般

 

半袖・長袖・半ズボン・長ズボンなど

一式必要になるかと思いますが、自分の計画に合わせて最小限に抑えるように工夫しましょう。

夏場であれば、半袖半ズボンだけでいいので荷物も減りますね。

 

下着

下着は3着くらいあると無難です。ある程度余裕をみておきましょう。

 

靴下

靴下も3着ほどあると良いです。

 

タオル

こちらも3つほどあるとよいでしょう。

若干かさばるのと、絶対にいるものでもないので他の荷物がどれくらいなのかを見て判断していいかもしれません。

 

 

まとめ

日本ではほとんどのものがその場所で手に入ります。最近ではコンビニに大概のものが揃っていますし、極力荷物は減らす努力をしましょう。

また、自転車で日本を縦断する場合は極力荷物を背負わないような工夫をしましょう。

ホテルに泊まる人でもそれなりの荷物になりますし、疲労度合いが違います。

特に、野宿の人は疲労がとれにくいので、自分の体と相談しながらしっかりとした計画を立てましょう!

ではまた!

Travelerを知らないの?