月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

ノマドワーカーとは?ノマドの全てを解説します!

ノマドワーカーとは?ノマドの全てを解説します!
Advertisement

 

あなたは、「ノマド」という言葉を耳にした事はありますか?

僕は、旅をすると決めて旅に関連する言葉を勉強し始めてから耳にするようになりました。恥ずかしながら、それまでは聞いた事もありませんでした。

「ノマド」という言葉自体は世の中には浸透していないように思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回は、その「ノマド」という言葉の意味とメリット・デメリットについて詳しく解説したいと思います。

 

 

ノマドとは

ノマドとは

ノマドとは、英語で「遊牧民」を意味しています。

近年のIT技術の進歩は目まぐるしいものがありますが、そのIT技術を利用し、オフィスに限らず様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルの事を言います。

また、そうした働き方を「ノマドワーキング」、ノマドとして働いている人を「ノマドワーカー」と呼びます。自由な働き方ができる事から憧れる人も多いようです。

 

 

ノマドワーキングが普及した背景

ノマドワーキングが普及した背景

ノマドワーキングという働き方が普及した背景には、間違いなくIT技術の進歩があります。IT技術の進歩により、インターネットを利用できる環境が増え、それと同時に、パソコン1台で仕事をする人が増加しています。

自由な働き方として話題になっており、メディアにも取り上げられています。

 

 

ノマドワーキングの難しさ

ノマドワーキングの難しさ

ノマドワーキングは一見自由で楽しそうというイメージがありますが、決してそんな事はありません。

先ほどもお話しした通り、ノマドという働き方はIT技術の進歩が大きく影響しています。という事は、ITに関する知識がないと、ノマドとして働くというのは難しいという事を意味しています。

会社に勤めている場合、オフィスで働くのが普通ですよね。そこには頼る事のできる人が多くいるので、困った時は助けてくれます。ただ、ノマドは1人で自由に仕事をするという働き方のため、自分の力で仕事をこなしていく必要があります。

そのためには、自己研鑽をする、勉強をするなど、自分のスキルを向上させようという気持ちを持っている人でないと厳しい現実があります。

 

 

ノマドワーカーのメリットとは

ノマドワーカーのメリットとは

では、ノマドワーカーとして働くメリットを見ていきましょう。

 

通勤時間の削減

まず、ノマドは好きな場所・時間に仕事をするので当然通勤する必要がありません。

毎日満員電車の中、通勤をする苦労は必要なくなるわけです。特に東京などの都会で働いている人からすると、非常にありがたい事ですよね。

 

交通費の削減

通勤時間の削減とかぶりますが、当然交通費も削減できます。といっても、会社勤めの人は会社から通勤費を出してもらえると思うので、そこまでメリットにはならないかもしれませんが。。

 

スーツがいらない

わざわざスーツを着る必要もありません。むしろカフェで仕事をするなら、ジャージとかでもいいわけです。

服装を気にしなくていいのもノマドの良さかもしれません。

 

仕事場を自由に選べる

仕事場を自由に選べる、というよりはそもそもオフィスがないですからね。

その日の気分によって場所を変えたり、はたまた毎日同じ場所で仕事をする、というのも個人の自由で決められるというのは良いかもしれません。

 

時間に縛られない

これがノマドの一番の良さかもしれませんが、何より時間に縛られる事がなくなります。会社に勤めるという事は、その会社の規則に従う必要があります。

ただし、ノマドの場合は時間と場所を自由に決める事ができるので、自己管理がしっかりできる人には向いているかもしれません。

 

 

ノマドワーカーのデメリットとは

ノマドワーカーのデメリットとは

では、ノマドワーカーのデメリットを見ていきましょう。

 

パソコンがないと何もできない

まず大前提として、パソコンがないと何もできません。

「今の時代スマホでしょ?」という人も多いかもしれませんが、圧倒的にパソコンの方が仕事が捗ります。ノマドとして働いている人のほとんどはノートパソコンで仕事をしています。

また、パソコンが盗まれたらすべて終わりです。「カフェでトイレに行ったら、その隙に盗まれた!」なんて事もないとは言い切れませんからね。

実際に、人気のあるパソコン(SurfaceやMac)は狙われやすいので、気を付ける必要があります。

 

保険や年金などを自分で考える必要がある

今まで会社がやってくれていた事を自分の力でやる必要があります。その中で一番大きなものといえば、保険と年金ではないでしょうか?

保険と年金は自分で加入する必要が出てくるため、負担も大きくなってしまうという現状があります。

 

社会的に浸透していない・理解されない

「ノマド」という言葉自体がまだ浸透しているわけではありません。

また、「仕事というのは会社に属してオフィスでするべきだ」という意見が多いのも事実です。自由に仕事をするという事は、社会に馴染めていない人と思われても仕方がない現状があります。

最近だと、YouTuberと呼ばれる人たちがいますが、あのような働き方を認めないという人が多いのも事実です。子供からは非常に人気があるようですが。

ちなみに僕はYouTuberという仕事の働き方は賛成派の人間です。

なぜかというと、例えばYouTuberとして収入を稼いでいる人は間違いなく努力しているからです。そうでない人も中にはいるかもしれませんが。。

YouTuberに限らず、自由な働き方で生きていくだけの収入を稼いでいる人は、ものすごい努力をしています。なんなら、サラリーマンよりも努力している人が多いように思います。

それだけ会社に属さず収入を得るという事は難しいという事です。その中でも自分の思う生き方をしたいと願い、行動を起こせる人が成功するのだと思います。

 

自己管理を徹底する必要がある

先ほど時間に縛られないなどのメリットを挙げましたが、それは言い換えると自分に対する強制力がなくなるとも言えます。会社に勤めている場合、最近ではフレックスという働き方も多いですが、基本的には出勤時間が決まっていますよね。

ノマドという働き方が自由なのには変わりませんが、仕事をしていないわけではありません。そういった場所・時間の管理を自分でする必要があるという事になります。

自分の管理がまともにできない人は、そもそも自由に働くという事自体向いていないように思います。

 

 

Advertisement

 

ノマドに向いている人の特徴

ノマドに向いている人の特徴

ノマドに向いている人は以下のような特徴があります。

・自己管理能力が高い事

・勉強が好きである事

・信念を持っている事

・周りに流されない事

 

この中で特に重要だと感じるのは、信念だと思います。周りに流されないというのも信念だと思いますが、ノマドで生きていこうと思ったら、それなりの努力が必要です。

努力をする上で大事なのは、信念だと思っています。「自分はこうありたい」「自分の人生を変えたい」と本気で思い行動できる人が、ノマドとして成功するのではないかと思います。

もちろんその中で、「楽しむ時はとことん楽しむという事も非常に重要な事だと思います。要は「メリハリをつけられる事」が大切なのであって、ある意味ではこれも自己管理能力という事になるかもしれません。

 

 

ノマドとフリーランスの違いは?

ノマドとフリーランスの違いは?

フリーランスとは、「どこかの会社に属さず、個人が単発の仕事を請け負い仕事をする事」を言います。つまり、フリーランスというのは「契約形態」の事を意味しています。

それに対し、ノマドというのは仕事のスタイルの事なので、意味合いとしては似て非なるものです。「ノマド=仕事のスタイル」であり、「フリーランス=契約形態」と覚えておけば問題なしです。

 

 

自由に働くっていうけど、自由ってそもそも何?

自由に働くっていうけど、自由ってそもそも何?

自由に働くと言いますが、そもそも自由の定義は何でしょう?

ここからは個人の見解ですが、自由とは「自分に由る(よる)」事だと思っています。つまり、自分の判断を信じて行動する事だと思っています。ですので、自由を「自由気ままに生きる事」だと捉えている人は間違いです。

自由に働いて自分の思うように仕事をして、なおかつ成功している人は、完全に自由に仕事をしていないように思います。

自由な時間を得るために、その前段階として死に物狂いの努力をしている人が、その見返りとして自由を得ているのであって、楽して自由を得ようとしている人は間違いなく失敗します。

また、その死に物狂いの努力をしている間はなかなかに辛いものがあると思います。ただ、この世の中にうまい話なんぞないわけです。苦労してやっとこさ得られるのが「自由」だと思っています。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ノマドのメリット・デメリットを挙げてみましたが、結局のところ世の中にうまい話なんぞありません。ただ、「今の自分に納得いかない」「こんなの求めてた事と違う」と感じ、ノマドとして自由に働く事もできる世の中である事も事実です。

後はその信念がどこまで続くのかが重要だと思いますが、楽な道なんぞないという事が分かり、改めて僕も考えさせられました。。

Travelerを知らないの?