『自由力』を身に付けるサイト「リバトレ」も見てね!!

【Postgres】DBのテーブル名とレコード数を確認する方法!

悩んでいる男の子

DBのテーブル名とレコード数を簡単に確認する方法ってあるかな??

こんな疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
  • DBのテーブル名とレコード数を確認する方法
  • 本記事の執筆者
プロフィール
どこの写真だよ
  • 長身ガリガリ自称イケメン(1993/4/1生)
  • 元エンジニア(歴7年)、資格保有数約20個(IT系以外も含む)
  • 副業(物販)5か月目で月利30万円⇒脱サラ
  • 物販、システム開発、アフィリエイト、投資を細々とやっています。
  • 物販は彼女と楽しみながらやってます!

今回は、DBのテーブル名とレコード数を確認する方法を解説します。

いずみん

すぐ終わるので、最後まで読んでみてください!

DBはPostgresです。

目次

Postgresの特徴

Postgresは、自分自身がどのように使われているかの情報を内部に保持しています。

つまり、DBのテーブル名とレコード数はPostgresが保持している情報から調査できます

DBのテーブル名とレコード数を確認する方法

DBに対して以下のSQLを実行するだけです。

select
    relname
    , n_live_tup
from
    pg_stat_user_tables
where
    schemaname = 'public'
order by
    relname
;
relname テーブル名
n_live_tup 保持されている有効な行数
pg_stat_user_tables ユーザテーブル情報

まとめ

今回は、DBのテーブル名とレコード数を確認する方法を解説しました。

統計情報に詳しくなればDBの調査をする際にも役立ちますし、知っておいて損はありません。

ではまた!

まとめ
  • DBのテーブル名とレコード数は統計情報から簡単に確認できる。
【Postgres】DBのテーブル名とレコード数を確認する方法!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアするんやで!

~ リバトレ ~

お金や副業に関する情報を発信しているよ!

この記事を書いた人

いずみんのアバター いずみん 自由力発信おじ

【自由力発信】うさんくさ笑 | 副業物販で5ヶ月目に月利30万円達成⇨脱サラ予定 | 物販(アパレルせどり)・アフィリエイト・投資で自由になるための情報を発信中?笑 | 元エンジニア | 保有資格約20個

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる