月間29,000PV達成! 収益は毎日発生中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

【初心者向け】Raspberry Pi3 B+ コンプリートスターターキットを使ってみた

【初心者向け】Raspberry Pi3 B+ コンプリートスターターキットを使ってみた
Advertisement

 

小さなPCと呼ばれるRaspberry Pi(ラズペリーパイ)

PC自体を購入するのは大層なので、ちょっとしたことをやるのに便利です。

最近のラズペリーパイは高性能なので、初期設定も簡単にできます。

ということで今回は、Raspberry Pi3 B+ コンプリートスターターキットを実際に購入し使用してみました。

 

 

購入した「Raspberry Pi3 B+ コンプリートスターターキット」

 

僕が購入したものとは少し違いますが、コンプリートスターターキットなので内容は変わりません。

⇒僕が購入したのはこちら

 

 

「Raspberry Pi3 B+ コンプリートスターターキット」の中身

Raspberry Pi3

Raspberry Pi3 B+ コンプリートスターターキット」です。

この中に各部品が入っています。

 

 

Raspberry Pi3 (2)

説明書です。

大した内容が書かれていないので別に見なくてもよいです。

 

 

Raspberry Pi3 (3)

Raspberry Pi」です。

 

 

Raspberry Pi3 (4)

LANケーブルです。

WiFiにつなぐ場合は不要です。

 

 

Raspberry Pi3 (5)

HDMIケーブルです。

 

 

Raspberry Pi3 (6)

スタックピンやねじです。

※スタックピンやねじは使わなくてもOKです。
必ず使うものは黒色のヒートシンクのみです。

 

 

Raspberry Pi3 (7)

Raspbianプリインストールmicro SD カード」です。

 

Raspberry Pi3 (9)

保証書です。

 

 

Advertisement

 

まずはRaspberry Piを見ておこう

Raspberry Pi3 (10)

だから何?って感じですね。

まあ、こんな感じやでってことです。

 

 

ヒートシンクを装着

Raspberry Pi3 (11)

ヒートシンクは2つあるので装着します。

背面が両面テープになっているので、剥がして使います。

 

 

Raspberry Pi3 (12)

ヒートシンクを装着し、クリアケースを付けました。

後は、SDカードを挿入し、AC電源アダプターとHDMIケーブルを差し込めば完了です。

 

 

Raspberry Piを起動

Raspberry Pi3 (13)

AC電源アダプターの電源を入れると、Raspberry Piが起動します。

 

 

Raspberry Piの初期設定

初期設定ですが、最近のRaspberry Piはウィザード形式で質問に答えるだけで全て完了します。

※前まではコマンドを打って必要なライブラリをインストールしていましたが、最近は不要です。

 

 

Raspberry Pi3 (14)

言語設定はこんな感じ。

 

Raspberry Pi3 (15)

WiFi設定はこんな感じ。

これですべて完了なので、PCと同様に使用できます。

 

 

まとめ

スターターキットを購入すると楽なのですが、若干面白みに欠けますね。

初心者の方は、まずスターターキットを購入して雰囲気を掴み、その後各部品を組み合わせたりして楽しんでみては?

ではまた。

Travelerを知らないの?