やっほー
完成した畝はこんな感じ

畝作りに挑戦!土の掘り起こし⇒肥料⇒畝完成!

さて、今日は畝作りに挑戦します。

いよいよ農業といった感じになってきましたね。

アドバイザーさんと一緒に作業していたので写真少なめです。。

アドバイザーさんと一緒に畝作り

今日は畝作りのみです。

夕方(16時)から開始したのもありますが、23日にならないと苗が入荷しないらしいので。

僕は全くの素人なので、アドバイザーさんに教えてもらいながらの作業になります。

畝作りの手順

畝作りは以下の手順で行います。

  1. 区画を把握(僕の場合は3畝)
  2. 区画を測って土を掘り起こす範囲に目印をつける
  3. 鍬を使って土を掘り起こす(20~30cmくらい。大根などの場合は30cm)
  4. 肥料をまく(野菜によるが、牛糞・鶏糞・油かすが基本)
  5. 再度、肥料を混ぜるように掘り起こす
  6. 畝の形に成形
  7. 黒マルチが必要な場合は、マルチを設置
  8. 畝完成!

特段取り立てることもありません。上記のような手順を踏めば畝はできます。

完成した畝はこんな感じ

完成した畝はこんな感じ

時間がかなり遅くなったので、すっかり夜になってしまいました。

暗いですが、完成した畝はこんな感じです。

手に水膨れがーー!

手に水膨れがーー!

鍬を使って土を掘り起こしていたのですが、気付いたら手に水膨れができていました。

農作業の大変さを理解しました。。

まとめ

今日は畝作りをしました。

畝を3区画作るだけでも一苦労です。

でも、自分の力で手間暇かけたものは愛着がわくものです。

次は苗を植えて、いよいよ野菜を育てる工程に入ります!

乞うご期待!

今日学んだこと

  • スコップのサイズは約30cm(なので、30cm掘り起こす場合は、スコップを埋めて測ることができる)
  • 土を掘り起こす際に、石などは取り除く(大根などは石があると又根になる)
  • 肥料の三大要素は「窒素・リン・カリ」
  • 肥料はまんべんなく混ざるようにする

シェア畑の申し込み

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

完成した畝はこんな感じ
フォローしてもらえると泣いて喜びます