月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

アーミッシュ村を観光するなら!料理や生活、子供達の情報も!

アーミッシュ村を観光するなら!料理や生活、子供達の情報も!
Advertisement

 

昔へ戻ろう!アーミッシュ村!

昔へ戻ろう!アーミッシュ村!

アメリカ合衆国のインディアナ州にアーミッシュ村という村があります。

アーミッシュというのは民族の名前で、「ドイツから移民してきたキリスト教徒達が世間の文化は発展しているけれども、自分達は聖書に基づいて生活をしよう」、という考え方を持つ民族です。

この地域だけはアメリカの法律も介入できないところがあり、とても特殊な民族と言えます。このアーミッシュ達の村を観光客用に復元したものをアーミッシュ村といい、毎日多くの観光客が訪れ、彼らの生活習慣や文化に深く関心を寄せています。

アメリカでもほんの一握りの民族で、日本でも知っている人は少ないと思います。彼らは決して裕福で華やかな生活をしているわけではありませんが、アーミッシュ村へ行くと「人間にとっての幸せとは・・・」と考えさせられる部分がとてもたくさんあります。

そして、自分達の生活を振り返り反省する部分もたくさん見つかります。それではこのアーミッシュ村を紹介していきましょう。

 

 

アーミッシュ村とは?

アーミッシュ村とは?

アーミッシュの民族は今でも聖書に基づいて昔ながらの生活を慎ましく守っています。

私達はガスコンロ、エアコン、テレビ、電話等の電化製品をたくさん使いますが、彼らは電化製品を使うことはありません。薪を割ってかまどでご飯を作ります。

エアコンもありませんし、テレビの代わりに本を読みます。電話もありません。交通手段は馬車になります。洗濯は手で洗います。男は畑や牧場で働き、女は家事とキルトを作ります。

華やかな衣類で着飾ることはせず、質素なグレーや黒の服を着て毎日を過ごします。女性が肌を露出することはありません。分かりやすく言うと「赤毛のアン」の時代の生活を未だに忠実に守っているのです。

電化製品を生活に取り入れるというのはとても便利なことなのですが、それを取り入れるというのは神の教えに背くという考え方をする民族なのです。一見とても不便な生活に思えるのですが、とてもシンプルで発見が増える度に不便ではないように思えてきます。

 

 

アーミッシュ村の子供達

アーミッシュ村の子供達

アーミッシュ村の子供達はもちろん学校へ行きますが、アメリカ合衆国の政府の管理下の学校へ行くことはありません。アーミッシュ村にはアーミッシュ用の学校があります。ここは政府の管轄外の学校になります。

通常なら小学校で習得する科目等が国で定められているのですが、この学校に関しては違います。もちろん読み書きは必要なので英語、算数等の授業はあるのですが、この学校での大部分を占めるのが聖書なのです。

聖書は子供達にとっていちばん大切な教科書となります。私達は外部からの情報を得るために学校で文字の読み書きを習うのですが、彼らは聖書を読むために読み書きを習います。

算数などは方程式や関数などはさほど重視されず、生活していく上での数の数え方やお金の計算ができればそれでいいとされています。

私達が通う学校と同様に他の科目も用意されているのですが、聖書の授業ほどではありません。それほどまでに彼らにとってキリストの教えというは大切なものとなっているのです。

「神様のいうとおり」にしていればちゃんと生きていけるのだという考え方を学校で徹底的に仕込まれます。

 

 

Advertisement

 

アーミッシュ達の料理

アーミッシュ達の料理

アーミッシュ村は見た目はとても質素ですが、料理に関しては一流ホテルのシェフも逃げ出す程の美味しさがあります。

もともと自給自足の生活でコンバインやトラクター、化学肥料を使わないので良質の小麦粉や野菜ができあがります。肉も無農薬のトウモロコシやその他の餌で育った牛の肉なので甘みがあり、脂身が少なく、味にコクがあります。

その小麦粉で作ったパン。生乳から攪拌された混じりけなしのバターは一流ホテルのパンなんて目じゃありません。シェフも裸足で逃げ出す美味しさです。

アーミッシュ達が購入するのは必要最低限の物だけで、できるだけ自分達の手で作り出します。パン、バター、野菜、子供のおやつのクッキーもお母さんの手作りです。

日本でも「ステラおばさんのクッキー」というのを聞かれた方がいらっしゃると思いますが、このステラおばさんこそがアーミッシュ村の人だったのです。

彼らの作り出す料理は最高の物で、青空市でも発売されるのですが、高値で取引されています。

 

 

アーミッシュ達の生活

アーミッシュ達の生活

アーミッシュ達は朝起きて、お祈りをし、パンを焼き、男は畑や牧場へ働きに行きます。女は家事、子育て、キルトを作り生計を立てています。畑で野菜を作り、市場で売ってそのお金で肉を買います。夜になると夕食を作り、読書をして、眠りにつきます。

車、電気、エアコン、テレビ、パソコン、電話等の便利な物はありませんが、その分悩みも少ないのです。持ちすぎることはトラブルになるということを聖書から学んでいるため、便利な生活を送るよりも、知恵を使ったシンプルな生活を選んだ民族です。

彼らの生活を見ていると、最初は考えられないと思いましたが、強い信仰心を持ち、シンプルで悩みやストレスの少ない生き方を見ると羨ましいと思うことがあります。便利で華やかな生活が必ずしも良いとは限らないのですね。

 

 

まとめ

彼らの生活を覗いてみて、人間にとって本当の幸せというのはどういうものなのだろうということを考えさせられる体験でした。

あまり雑誌や旅行会社で大々的に取り上げられているスポットではないのですが、行ってみる価値は十分ある場所です。

 

 

 

海外旅行予約なら

 Booking.com

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

Agoda

東南アジアの予約ならAgodaがおすすめです!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

Travelerを知らないの?