月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

アンコール・ワットと周辺情報!レストランやホテルなど!

アンコール・ワットと周辺情報!レストランやホテルなど!
Advertisement

 

世界遺産「アンコール・ワット」。

数ある世界遺産の中で一際人気のあるアンコール・ワットですが、今回はアンコール・ワットとその周辺情報についてご紹介します。

 

 

アンコール・ワットとアンコール・トム

アンコール・ワットとアンコール・トム

世界最大の旅行サイトである「トリップアドバイザー」で、2年続けて行ってみたい世界遺産ナンバーワンに選ばれたのがアンコール・ワットです。

ここでまず見るべきなのは、やはり「遺跡」です。効率重視で見所を回ってもよいですし、レリーフなどをじっくり観察しつつ、自分のペースで見て回っても楽しめます。

特に、人気の高い神様である「シヴァ」「ヴィシュヌ」や、「マハーバーラタ」「ラーマーヤナ」などの神話について事前情報を得ておけば、遺跡の見学をより楽しいものにすることができます。

また、遺跡の中の一つに「アンコール・トム」という場所があります。

これは、「大きな町」という意味であり、その中には「バプーオン」「ピミアナカス」などの遺跡があるのですが、おすすめは「バイヨン寺院」です。

この寺院には、「クメールの微笑み」と呼ばれる仏の顔のレリーフが、173もあるのです。特に、「四面塔」は至近距離で見てもよいのですが、遠目からであれば全体を見られるので、迫力が増して感じられます。

 

 

密林の中にあるベンメリア遺跡

密林の中にあるベンメリア遺跡

密林の中には、「ベンメリア」という遺跡があります。崩れかけた状態の遺跡を彩るように植物が覆っている様は、有名なアニメの「ラピュタ」を彷彿とさせます。

回る順番としては、アンコール・ワットなど修復済みの遺跡を見てからが良いのですが、シェムリアップからだと車でおよそ1時間半もかかってしまうので、オプショナルツアーや最初から組み込まれているツアーなどを利用するのがよいでしょう。

アンコール・ワット近辺の「タ・プロム遺跡」などとはまた違った美しさを持っているので、距離があっても見る価値はあります。

また、アンコール・ワットをはじめとする遺跡には、蛇の神様である「ナーガ」の姿がレリーフとして色々な場所に彫られているのですが、たいていはどこかしら欠損した状態になっています。

しかし、このベンメリア遺跡では、奇麗な状態のナーガのレリーフがたくさん残されているのです。ですから、外観のみならず、レリーフのような細かい所も、楽しむポイントと言えます。

 

 

観光を楽しんだらシェムリアップの街へ

観光を楽しんだらシェムリアップの街へ

シェムリアップとは、アンコール・ワットがある街ですが、ここの中心に行ってみると雑貨屋や土産物屋がたくさん立ち並んでおり、見て歩くだけでも楽しむことができます。

そして、「オールドマーケット」や「ナイトマーケット」など色々なマーケットがありますが、基本的に商品の値段は交渉で決められます。

同じ商品であっても、交渉次第では倍近くも値段が変わることすらあるのです。店員さんも、簡単な日本語なら理解できるので、粘り強く交渉してみるのもよいでしょう。

また、「パブ・ストリート」には、レストランなど飲食店がたくさん立ち並んでいるので、遺跡の観光を楽しんでから、さらに夜の街を堪能するということもできるようになっています。

中でも特筆すべきは、「レッド・ピアノ」というバーです。

このバーは、有名ハリウッド女優であるアンジェリーナ・ジョリーが映画の撮影の合間を縫って通っていたということで知られており、彼女のファンなら一度は覗いておくべきでしょう。

 

 

Advertisement

 

女性におすすめの最新レストラン

女性におすすめの最新レストラン

シェムリアップの中心部には色々なお店があることはお話ししましたが、それらの中でも女性におすすめなのが最新のレストランです。

カフェレストラン「カッシア」では、クメールの創作料理を味わうことができます。中でもおすすめのメニューは、「海老と柑橘のサラダ」です。サッパリした味付けなので、暑い時期の清涼剤といえます。

そして、カフェにはアートギャラリーも併設されており、雑貨やアクセサリーなどが売られているので、ここで自分用のお土産を買うのもよいでしょう。

また、「シェムリアップブリューパブ」は、2018年の4月にオープンしたてのお店です。お店の中で醸造した地ビールを飲めるのは、実はシェムリアップではこのお店だけです。

3ドルで4種類のビールを試飲できる「お試しセット」も用意されているので、その中から気に入った味を探すのもよいでしょう。

そして、座席は室内とテラスを選ぶことができるので、夜風を受けながらビールを楽しむといったこともできるようになっています。

 

 

リゾートホテルいろいろ

リゾートホテルいろいろ

意外かもしれませんが、シェムリアップにもリゾートホテルは存在しています。

「プリンス・ダンコールホテル」は、メインストリートである「シヴォタ通り」沿いにあるため、市内を見て回るのに最適な位置にあるホテルといえます。

ホテルの向かいにはスーパーがあり、オールドマーケットやナイトマーケットも歩いて行ける距離にあるので、街歩きを楽しむなら、このホテルが一押しです。

一方、ワンランク上のホテルに泊まりたいという人は、「ソカ・アンコール・リゾート」が良いでしょう。クメール様式の内装は高級感を醸し出しており、いかにも「アンコールらしさ」を感じることができる造りになっています。

ホテルの中には大きなプールやスパが設置されているので、市内や遺跡を見て楽しんだ後は、ゆっくりと疲れを癒すこともできます。また、ホテルのスタッフの対応は心が籠っており、これも魅力の一つといえます。

このように、アンコール・ワットは遺跡のイメージが強いですが、観光客の増加に合わせて開発が進んでいるので、街を歩くだけでも楽しめる場所となっています。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アンコール・ワットと周辺情報をご紹介しましたが、やはり世界遺産の周辺は観光をするのにはおすすめですね!

最新レストランなどは女性の方にも向いているので、是非一度足を運んでみてください!

ではまた!

 

 

海外旅行予約なら

エクスペディア

アンコールワット(カンボジア)のホテル

 

 Booking.com

ヨーロッパの予約ならBooking.comがおすすめです!

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

Agoda

東南アジアの予約ならAgodaがおすすめです!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

 

 

カンボジアへ行くなら

カンボジアのガイドブック

カンボジアへ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?