新プログラミング言語『Zero』を開発しました! 本サイトの記事数は「589」!!

世界遺産チェスキークルムロフを観光!移動・アクセス方法も!

世界遺産チェスキークルムロフを観光!移動・アクセス方法も!
Advertisement

 

2017年はチェコと日本が国交回復して60周年を迎え、「日本におけるチェコ文化年2017」とされていました。

様々なイベントが行われ、今最も注目を浴びているチェコ共和国。

中でも「世界一美しい街」と評される、チェスキークルムロフをご紹介します。

 

 

ヴルタヴァ川に囲まれたチェコの小さな街

ヴルタヴァ川に囲まれたチェコの小さな街

český krumlov (チェスキークルムロフ ) は南ボヘミア地方に位置し、プラハから190kmほどにある歴史ある街です。

krumlovとは、「川の湾曲部の湿地帯」を意味します。

名の通り、円を描くようなヴルタヴァ川と緑に囲まれた美しい街並みを見せてくれます。

13世紀に貴族ヴィートコフ家によって城が建設され、14世紀初頭にロジュンベルク家で華々しく発展しました。

のちにエッゲンベルク家、シュヴァルツェンベルク家と支配が変わるも、産業革命による近代化から取り残され錆びれていきました。

しかし、そのおかげで発展した当時の風景がそのまま保存されました。

1992年には街全体が歴史地区として世界遺産に登録され、今もなお中世の街並みを感じることができます。

 

 

プラハからチェスキークルムロフへ

プラハからチェスキークルムロフへ

街自体は非常にコンパクトなので1日で見て回ることができます。

ですので、プラハから日帰りツアーを利用する方も多いです。

旧市街以外も見て回りたい方は一泊することをおすすめします。

夜の街や朝方の景色は格別です。

ツアーではなく自分で予約することで安く行くこともできます。

移動には長距離バス「STUDENT AGENCY」 が便利で快適です。

事前にネット予約もできます。

片道170Kč〜 往復でも400Kčぐらいをみておくといいでしょう。

所要時間は3時間くらいです。

日帰りの人も多いので、夕方からのプラハ行きは混雑することが予想されます。

日帰りの場合は事前に往復のチケットを購入することをおすすめします。

プラハからはバスターミナル「Na Knížecí」で乗車します。

地下鉄Anděl 駅から徒歩5分程のところにあります。

降車場所は旧市街から徒歩7分程の「Český Krumlov, AN」になります。

住宅街のようなところですが旧市街も見えますし、みんな同じ方向に歩いていくので迷うことはありません。

チェスキークルムロフのバス停は「Český Krumlov, AN」と「Český Krumlov,Špičák」の二つがあります。

どちらの場所からも旧市街に入れるので、ホテルの場所やルートによって使い分けるといいですね。

ちなみに、「Zastávka」はバス停という意味です。

鉄道の場合は プラハ からčeskě budějovice(チェスケーブディヨヴィツェ) 経由のčeský krumlov(チェスキークルムロフ)です。

所要時間3時間30分程です。

3日以上鉄道を利用する方はEurailpassがおすすめです。

毎回、切符を買う手間がなく、利用日を自分で決めることができるので旅行の自由度が広がります。

český krumlov 駅から旧市街までは少し距離があります。

荷物の多い方はバスの方がいいでしょう。

Českě budějovice 駅からバスに乗り換えることもできます。

料金は32Kč です。

バスターミナルは駅を出て斜目向かいにあるショッピングセンター(Mercury)の屋上にあります。

切符は運転手から直接買えます。

 

 

チェスキークルムロフ城とは

チェスキークルムロフ城とは

到着して、まず目に止まるのは城の塔。

その周りに構える城館はプラハ城に次ぐ規模を誇ります。

お城への入場料は50Kčです。

城内に入ってすぐ左手にトイレがあります。

奥にもありますが、こちらの方が空いています。

チェスキークルムロフ城は創建されてから支配が変わるたびに増築され、それぞれの時代の建築様式が調和した複合建築となりました。

初めはゴシック様式で建てられましたが、後に現在のルネッサンス様式に改修されました。

至るところで見られる美しい装飾は近くで見ると、絵で彩られたものだと気付かされます。

スグラヴィータというだまし絵で装飾されたのには理由がありました。

常に財政難の問題を抱えていたのです。

それでも錯覚を起こすほどの装飾はおもわず写真を撮りたくなります。

塔からの眺めも美しく、シュマヴァ山地周辺の素晴らしい景色、360度見渡せる街並みにはため息が出るほどです。

城の橋(most Na Plášti)を通り過ぎ、第5の中庭には人気の撮影スポットがあります。

よく見かける写真はここから撮られています。

さらに進むと綺麗に手入れされた庭園が広がります。

歩き疲れたらここでひと休みするのもいいかも知れません。

 

 

Advertisement

 

街全体が世界遺産!

街全体が世界遺産!

旧市街に入るとそこはもうルネッサンス時代の街並み。

街全体が世界遺産に登録されているのも頷けます。

まずは、街の中心スヴォルノスティ広場(nám.Svornosti)に行きましょう。

informationも広場に面した市庁舎にあります。

近くに宿泊される場合は、広場に面したお部屋をお願いすることを忘れずに。

窓越しに美しい建物と広場を見渡せます。

運が良ければ、歌のプレゼントもあり、中世ヨーロッパの雰囲気にタイムスリップできます。

広場からはどの道を通っても帰ってこれるので、地図を開かず町並みを眺めながら散策することをおすすめします。

細い路地に入ってみると素敵なお店に出会えるかもしれません。

雰囲気の良いレストランも沢山あるので見て回るだけでも楽しめます。

テラスで食べるランチは格別でした。

ランチの後は街の東にある展望台でゆっくり過ごすのもいいですね。

ちょっと足を延ばして、ホテル・ルージェの隣にある聖ヴィート教会(Kostel sv. Vita)を見たり、ムニェスツケー公園で過ごしたりと気ままに過ごせるところも魅力の一つです。

小さな街ですがプラハとは違った魅力があり、何度も訪れたくなるでしょう。

 

 

帰りはチェスキークルムロフからテルチ城へ

帰りはチェスキークルムロフからテルチ城へ

旅行の日程を組んでいるとあれもこれもと悩んでしまいますよね?

日程の都合上、プラハとチェスキークルムロフだけ観光するという方も多いかもしれません。

それでも、もう少しチェコに触れてみたい、またはチェスキークルムロフで一泊するという方は、プラハに帰る際に寄り道してみてはいかがでしょうか?

ルネッサンス様式の建物が残る「Zachariás z Hradce Square」ザハリアーシュ広場が有名な「Telč」テルチという街があります。

チェスキークルムロフからチェスケーブディヨヴィツェ経由でテルチまでバスが出ています。

ラトラーン通りのブディヨヴィツェ門から出て、橋の下にあるバス停「Český Krumlov,Špičák」からチェスケーブディヨヴィツェ・バスターミナルを目指します。

所要時間約50分で32Kčです。

バスを乗り換え、テルチ・バスターミナルまで2時間です。

テルチの駅からして可愛いのですが、広場に着くと絵本の中に迷い込んだような世界です。

街自体も小さいので、半日あれば見て回れるでしょう。

1番の見所は、ガイド付きでないと入れないテルチ城です。

城の中には、ギリシャ神話を題材に描かれた天井画やおびただしい数の剥製、豪華としか言えない内装の部屋を見て回れます。

ガイドツアーは3タイプあるので予算に合わせて楽しんで下さい。

16世紀のチェコを知れる貴重な体験ができるでしょう。

また、バスターミナルから広場に向かう途中に美味しいパン屋があります。

是非見つけてみてください。

地元に愛されているようなお店なので現地の生活を体験できるかもしれません。

 

 

チェスキークルムロフのマップ(地図)

チェスキークルムロフのマップ(地図)になります。

 

 

まとめ

プラハから日帰りできるおすすめの観光地で、移動はバスが安くて快適です。

日程に余裕があれば一泊したい街。

歴史あるチェコをより体験できます。

きっと何度も訪れたくなる素敵な旅の思い出になるでしょう。

 

 

海外旅行予約なら

エクスペディア

チェコ・プラハの人気&おすすめホテル☆

 

 Booking.com

ヨーロッパのホテル予約ならBooking.comがおすすめ!

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

Agoda

アジアのホテル予約ならAgodaがおすすめ!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

 

 

チェコへ行くなら

チェコのガイドブック

チェコへ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?