月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

行かなきゃ損!世界遺産「軍艦島」へはクルーズを利用しよう!

行かなきゃ損!世界遺産「軍艦島」へはクルーズを利用しよう!
Advertisement

 

2015年、世界遺産に登録された軍艦島。正式名称は端島(はしま)と呼びます。

当時の生活感が垣間見える建造物と歴史観は、世界的にも価値があり評価されています。現在は無人島であり、船でのツアーでしか訪れる事ができませんが、多くの観光客に人気のある観光スポットです。

今回はそんな軍艦島について見ていこうと思います。

 

 

軍艦島とは

軍艦島とは

長崎県長崎市にある無人島です。正式名称は「端島」ですが、軍艦島の通称で知られています。

幅は160m、長さが480mという狭い空間で、世界一の人口密度を誇っていました。2015年に世界遺産に登録されました。

 

 

軍艦島の由来

軍艦島の由来

軍艦島という名称の由来は、高層鉄筋コンクリートが立ち並ぶ姿が、軍艦「土佐」に似ている事からきているそうです。

 

 

軍艦島の地理

軍艦島の地理

長崎港から南西に約17.5㎞の位置にあります。軍艦島自体は6回の埋め立てにより、現在の大きさになっています。元々の大きさの約3倍です。

平均降水量は約2000mmで、平均気温は約15~16℃です。

 

 

軍艦島の歴史

軍艦島の歴史

江戸時代後期の1810年に軍艦島で石炭が発見されました。当時は主に佐賀藩が採炭を行なっていました。

1890(明治23)年に三菱合資会社が島全体の権利を購入し、炭鉱場として本格的に操業しました。出炭量の増加により、人口も増加し、当時は東京の人口密度の約9倍もあったそうです。

軍艦島の全盛期は1960(昭和35)年で、当時は5300人ほどの人が住んでいました。島内には病院も完備されており、娯楽施設である映画館やパチンコなどもありました。

軍艦島にある石炭は非常に良質で、当時の日本には欠かせない資源でしたが、石炭から石油に移行した事により、昭和48年に操業が終了し、翌年の1月15日に閉山式が行なわれました。

2015(平成27)年7月5日、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界文化遺産に登録されました。

現在では、軍艦島クルーズなどがありますが、一般の方が観光として訪れるようになったのは、平成21(2009)年からです。上陸ツアーでは、日本最古の鉄筋コンクリート造りであるアパートなどを見る事ができます。

 

 

Advertisement

 

軍艦島の建物

軍艦島の建物

7階建ての30号棟は、日本初の鉄筋コンクリート造りの高層住宅です。65号棟は軍艦島の中で最大の集合住宅です。

第2次世界大戦頃は、日本国内の物資が不足していた事もあり、鉄筋コンクリート造りのアパートは建設されていませんでした。ただ、軍艦島だけは例外的に鉄筋コンクリートの建設を行なっていました。

軍艦島に高層住宅が多いのは、狭い敷地に多くの人が住むには高層化するしかなかったからです。また、職員幹部が住むような高級住宅は木造で建設されていました。

エレベーターは資金不足もあり、すべての建物で設置されませんでした。また、トイレは落下式のものがほとんどでしたが、閉山時には水洗式を設置している箇所も半数ほどありました。

現在、建物自体はかなり劣化していますが、これは維持管理がされていなかった事や風雨の影響があります。潮害対策として、鉄製の部品を使う事は控えていましたが、鉄筋コンクリート造りの建物は、技術不足もあり劣化が進んでいます。

 

 

軍艦島での生活

軍艦島での生活で、当時の人が一番困ったのは「水の入手」でした。島内には湧水がなかったため、水券と呼ばれる券と引き換えに配給を受けるという形を取っていました。そのため、住民は日頃から節水を心がけていたそうです。ただし、昭和32年頃に海底水道が完成しています。

住民同士は皆顔なじみの関係だったため、家に鍵は掛けなかったそうです。

軍艦島には植物を育てる場所がなかったため、屋上に土を運び育てていたそうです。これが日本初の屋上庭園と言われています。「緑なき島」と言われるほど緑が少なかったため、端島小学校では悪条件に強い「マツバギク」を各戸に配り、緑を増やす活動を行なっていました。

また、住民は観葉植物を育てる事も多かったそうです。1949年の映画にも『緑なき島』とあり、当時の様子が窺えますね。

 

 

軍艦島の鉱員

炭鉱で働く鉱員は常に危険と隣り合わせでした。作業場所は海面下1000mで、気温は30℃、湿度は95%ほどあり、ガス爆発の危険と隣り合わせの中、作業を行なっていました。

鉱員は作業を終えると皆真っ黒で、鉱員浴場と呼ばれる場所で汚れを落としていたそうです。水は貴重だったため、各戸に風呂はありませんでした。

 

 

軍艦島へのアクセス

軍艦島へのアクセス

軍艦島へのアクセスは船に限られます。というのも島内には飛行場がないためです。

やまさ海運や軍艦島コンシェルジュのクルーズの場合、料金は大人4300円ほどとなります。

悪天候の場合は、島内に上陸する事はできません。悪天候の場合というのは、「風速が秒速5m超」「波高が0.5m超」「視程が500m以下」のいずれかに該当する場合の事を指します。

軍艦島クルーズは、建物の老朽化もあるので一部しか見る事ができません。軍艦島へはツアーを利用するしかないため、軍艦島上陸ツアーを利用しましょう。島内は300mほどの遊歩道があるのみです。

 

 

B’z/MY LONELY TOWN

B’zと言えば大物ミュージシャンですが、2009年に発売したシングル曲である「MY LONELY TOWN」のミュージックビデオは軍艦島で撮影されています。

大規模な撮影はこれが初めてとの事ですので、是非一度見てみてください。

 

 

軍艦島のマップ(地図)

軍艦島のマップ(地図)になります。

 

 

まとめ

軍艦島は数多くの日本初が存在しています。日本初の鉄筋コンクリート造りの建物、日本初の屋上菜園など。

この狭い敷地内に、歴史と当時の生活感が詰まっており、観光ですべてを見る事はできませんが、一度は訪れてその歴史観を味わってみたいところですね。

 

 

長崎へ行くなら

長崎のガイドブック

長崎へ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?