月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

生駒山地の登山道や心霊スポット!アクセス情報も!

生駒山地の登山道や心霊スポット!アクセス情報も!
Advertisement

 

生駒山地の位置・アクセス

生駒山地の位置・アクセス

生駒山地(生駒山系)は、大阪府と奈良県を分ける山地で、大阪市内から約30分かかります。大阪府東大阪市と奈良県奈良市を分ける山々になります。その地へのアクセスは、近鉄奈良線もしくは近鉄けいはんな線(地下鉄中央線)を使えば向かえます。

車でもそこまで時間がかからず、阪神高速を使えば大阪市内からも便利にアクセスできます。東大阪市の生駒山のふもとは、大阪市内からの工場の煙が東向きの風により生駒山にぶつかるため、非常に空気が悪く、大阪初の喘息が認定されたようです。

また、生駒山地にはトンネルが計4本が通されています。「近鉄奈良線」「近鉄けいはんな線」「近鉄奈良線の旧線」「第2阪奈道路」です。

生駒山は霊山と言われているため、そのような山々にたくさんトンネルを通すのは問題ではないだろうか…と言われそうなのですが、それが色々な伝説や地域での噂があるのです(これは後述とさせていただきます)。これ以後、ご紹介していきます。

 

 

生駒山地の幽霊「暗峠」

生駒山地の幽霊「暗峠」

先述の通り、生駒山は霊山と呼ばれていることから、多くの幽霊が宿っています。その1つに国道308号線の「暗峠」と言われるところがあります。

まず、この場所へ行くのに車で行くことはお勧めできません。国道と言っても車で行くことは困難で、途中軽自動車でも行くことが困難なほどの狭い道、あとは急勾配があり、私もかなり苦労した経験があります。

暗峠は昼間にはお茶屋さんもあり、明るいのですが、夜は真っ暗です。何も無いし、誰もいないのです。よくある情報としては、深夜に、どこからともなくお経の声が聞こえてきたり、どこからともなくお坊さんの幽霊が出るとされています。

そういえば、私が昔通ったとき、お花がたくさん供えられていました。理由は暗峠を車で行こうとしたら、事故する人の割合が非常に多く、救急車が来るまでに助からずに亡くなってしまう人が多いのだとか。

住宅地も近いのに、そのようなことがあるなんて…大阪近郊といえども、本当に怖いですね。

 

 

生駒トンネル事故(近鉄奈良線)

生駒トンネル事故(近鉄奈良線)

生駒トンネル開通の話をするときに忘れてはならないのが、生駒トンネルに関する事故です。近鉄生駒トンネル建設の際、落盤事故が起きたそうです。152名の人が生き埋めになり、20名の犠牲者が出たとされます。

当時は1912年、韓国が日本の植民地であったときの話です。トンネル建設の時には在日韓国人が多く働かされていたとのことです。実際に東大阪市は在日韓国人が多く住む地域でもあります。

あとは、1946年にトンネル内で発生した火災事故で23名が死傷し、75名が負傷、翌1947年にも同様の事故があり、40名が負傷するなど、事故が絶えなかったとされます。

1948年には急行車両がトンネル内を走行中に車両のブレーキが破損し、大暴走をしたそうです。走っていた普通電車に激突し、乗客乗員合わせて49名が死亡するという大惨事でした。このように、生駒トンネルでは恐ろしい大惨事が続いたとされます。

 

 

Advertisement

 

生駒山系の登山道について

生駒山系の登山道について

生駒山系の登山道は、大阪近郊の中でも非常に人気があります。近鉄奈良線の額田駅・枚岡駅から生駒山上にかけて登るルートが一般的です。

枚岡公園には有名な枚岡梅林があり、古くは江戸時代から観光名所とされます。一昔前までは、公園内でのバーベキューも行われており、寒い時期にも関わらず、多くの人が花見をしていました。

生駒山までの間には展望台や滝があり、かなり急な坂道が続いてから生駒山へ向かえるのですが、途中からはほとんど何もなく、淡々と生駒山上に向かう感じです。

生駒山頂に着くと、「生駒山上遊園地」と呼ばれる遊園地があります。昔あった郊外型の遊園地よりもさらに劣るような感じです。乗り物もあまりなく、ジェットコースターも決して絶叫系とは言えません。

いつも誰もおらず、無料開放がされています。生駒山頂から生駒駅まではケーブルカーを使って行くこともできます(下り道であれば、生駒駅までそこまで時間はかかりません)。

 

 

生駒山・宝山寺の謎(男性も喜ぶ・・・)

生駒山・宝山寺の謎(男性も喜ぶ・・・)

生駒山から生駒駅に向かう途中(ケーブルカーでも徒歩でも可能)に、「宝山寺」という場所があります。生駒から行く方がほとんどです。普段は参拝客が多く、金運の神様が宿っているとされます。

そのような場所ですが、実はこの場所は「宝山寺新地」と呼ばれる「遊郭」が存在するのです。この場所は「生駒料理旅館組合」に属する料亭の集まる場所とされているのですが、実は男女とアレをする(つまり風俗)場所が集まっているのです。

実際今は数軒しか残っておらず、メジャーな場所でも無いとのことです。私の友人が試したことがあるそうなのですが、非常に高いとのことです。非常にケアもよく、丁寧に事を済ますことができたとのことです。

暴力団との組合もなく、かなり平凡な場として、悪い場所でもなさそうです。

 

 

まとめ

生駒山地はただの登山道だけではなく、心霊スポット、宝山寺新地、また少し悲しい歴史などもあります。

少しマニアックではありますが、一度足を運んでみる価値はあるかと思います。

Travelerを知らないの?