月間13,000PV達成! 収益は毎日発生中! ブログランキング上位! 記事は毎日更新中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

女子旅なら金沢へ!フォト・グルメ・温泉に絞ってご紹介!

女子旅なら金沢へ!フォト・グルメ・温泉に絞ってご紹介!
Advertisement

 

2015年に北陸新幹線が開業して以来、様々なニュースで注目を集める石川県金沢市ですが、近年では海外から訪れる外国人観光客が右肩上がりに増加しています

今まで日本を訪れる外国人観光客の定番スポットといえば「京都・奈良」が有名でしたが、1992年に白川郷・五箇山の合掌造り集落が世界遺産に認定されてからは「高山・白川郷・金沢」はゴールデンルートと呼ばれ、旅行会社でも積極的にツアーが組まれて国内外問わず多くの観光客が訪れるようになりました。

特に金沢は宿泊施設も多く、伝統的な日本文化と先進的なアートが交差する町として注目されています。

また、日本の主要地からのアクセスも良く、東京からは北陸新幹線利用で最短2時30分、大阪・名古屋からは特急利用で約3時間で行くことができます。

そんな海外からの観光客を惹きつけて止まない金沢は、女子旅でこそ行きたい魅力的な町です。金沢の魅力を「フォトジェニック」「グルメ」「温泉」の3点に絞ってご紹介します。

 

 

ここで撮りたい!インスタ映えするスポット

金沢の中でもユニークな写真が撮れるフォトジェニックなスポットをいくつかご紹介します。

 

金沢駅

金沢駅

まず始めに撮りたい場所は「金沢駅」です。

東京方面から北陸新幹線で来たなら、最初に北陸新幹線の前で記念撮影をしましょう。鮮やかな青が目立つ北陸新幹線の先頭で撮るのがおすすめです。

また金沢駅東口にある、一見お寺の門のように見えるが柱がスパイラル状に捻れているというインパクト抜群の「鼓門」の前でも忘れずに撮りましょう。

 

兼六園

兼六園

金沢観光の人気スポットである「兼六園」も外せません。

春は桜、夏は日本最古の噴水で涼み、秋は紅葉、冬は伝統的な雪吊りを見ることができます。

 

■兼六園

http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

 

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館

そして必ず押さえておきたいのは、兼六園に隣接する「金沢21世紀美術館」です。

横に長いガラス窓の建物の周りを緑の芝生と個性的なモニュメントが取り囲んでいるという、異世界に迷い込んだかのように見える一風変わった施設です。

美術館内では現代アートが常時展示されており、外のモニュメントや一部のスペースは入場無料で楽しむことができます。

芝生に刺さるシルバーのラッパや中に入れるモニュメント、宙に浮いたように見えるエレベーターなど自分のセンスで楽しく写真を撮ることができます。

 

■金沢21世紀美術館

https://www.kanazawa21.jp/

 

 

新鮮な魚介類と治部煮、金沢はグルメの町

新鮮な魚介類と治部煮、金沢はグルメの町

日本海に大きく面した石川県、その日本海で獲れた新鮮な魚介類をここ金沢の町中でも味わうことができます。

特に「近江町市場」は金沢観光の定番スポットとして有名で、毎日多くの観光客でごった返しています。市場で買い物ができるのはもちろん、食事ができるお店も軒を連ねています。

どんぶりから溢れそうなくらい海の幸がてんこもりに乗った海鮮丼は絶品です。

また、金沢市内には回転寿司屋さんも多く、ネタが新鮮で美味しいお寿司を食べることができます。季節によっては、ズワイカニやのどぐろを注文できることもあります。

郷土料理の治部煮も外せない金沢グルメです。治部煮とは鶏肉に小麦粉をまぶしてとろみをつけ、名産のすだれ麩と野菜を煮たお料理です。あっさり味でヘルシーなのでカロリーを気にせず食べることができます。

町中の料理割烹、もしくは宿泊先の旅館の夕食に並ぶことが多いのであらかじめお品書きをチェックしておくといいかもしれません。

 

■近江町市場

http://ohmicho-ichiba.com/

 

 

Advertisement

 

身も心も癒される上質な温泉

石川県は県内各地に無数の天然温泉が湧いており金沢市内はもちろん、少し足を伸ばして近郊でも良質の温泉を堪能することができます。

 

みろく温泉元湯

みろく温泉元湯

まず金沢市内なら、兼六園から徒歩5分で行ける「みろく温泉元湯」はいかがでしょうか。

町の人から愛される昔ながらの銭湯で、昭和のレトロな雰囲気にたまらなく懐かしさを感じます。お風呂の用意がなくても、シャンプー・リンスの販売や貸タオルもあるので観光ついでにふらりと立ち寄ることができます。

 

■みろく温泉元湯

https://event.arunke.biz/sento/miroku

 

辰口温泉

次に、金沢近郊で宿泊するなら「辰口温泉」をおすすめします。

金沢の南側に位置し、石川県の温泉の中でも知名度は低い方ですが、湯質良し・お料理良し・お庭良しの旅館が揃っていて一ランク上の上品な大人の旅にピッタリです。何より町から離れた場所で日々の喧騒を忘れて静けさの中でのんびり滞在することができます。

金沢駅から近い松任駅・小松駅から送迎バスを出している旅館もありますので、予約の際には是非確認して下さい。

 

■辰口温泉

http://xn--6or629cf4a463f.com/

 

 

何度でも訪れたくなる金沢

今回ピックアップした場所以外にも、江戸時代の古い町並みが今に残る「ひがし茶屋街」の古民家カフェでランチするのも素敵ですし、お酒好きの友人同士なら金沢駅構内のショッピングモール・金沢百番街にある「金沢地酒蔵」で地酒の飲み比べを楽しんだり、「武家屋敷跡」や「金沢海みらい図書館」といった写真映えしそうな場所をとにかく回るなど金沢は一度では味わい尽くせない、何度でも訪問したくなる町です。

町を歩いていると分かりますが、金沢市役所や銀行、地下道に繋がるエレベーターといった普段生活の中で当たり前のように見る建物まで洗練されたデザインです。

日本人らしい奥ゆかしさと金沢に住む人々の芸術を愛でる細やかな感性が世界中の観光客の心を捉えて離さないのかもしれません。

金沢の文化・芸術に触れグルメと温泉に思う存分癒されて、何年経っても「あの旅は楽しかったよね」と仲間たちと語り合える、人生の宝物になる時間を金沢で過ごしてみませんか。

 

 

金沢へ行くなら

金沢のガイドブック

金沢へ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?