月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

鉄輪温泉の地獄巡り!大分別府温泉の見どころも!

鉄輪温泉の地獄巡り!大分別府温泉の見どころも!
Advertisement

 

関東の首都圏に住む熟年者ですが、九州一周のドライブ旅行でちょっと印象に残った地域をスポットとして紹介したいと思います。

まず、福岡空港からレンタカーを借りて地元の福岡から西寄りの佐賀、長崎、熊本、鹿児島、そして東寄りの宮崎、大分に至って大分県内というより全国的に有名な「別府温泉」にちょっと長逗留をしました。

このときの別府温泉やその一部である鉄輪温泉、そしてそこにある独特の宿泊施設や温泉地獄についてお話ししたいと思います。

 

 

大分別府温泉とは

大分別府温泉とは

別に紅葉を目的で出かけたわけではないのですが、その時期が11月下旬だったので、九州地方も11月下旬から12月ともなれば、日本列島でも最後の紅葉が見られる土地柄でしょう。

特に、日本一の温泉湧出量を誇る温泉天国である大分の別府界隈は自然も雄大で、紅葉を愛でながらの温泉入浴が最も似合うのがこの時節でもあります。

別府温泉は、源泉数や湧出量が日本一を誇るということは既によく知られています。

そして、別府温泉の源泉とされるのは、別府市から西方にそびえる山域地帯で、秋の紅葉の行楽地でも知られる鶴見岳から北方に伸びている伽藍岳辺りになります。

噴出し、流れ出た温泉は傾斜地をめぐり別府市内の平地にまで溢れ出しています。

現に、これらの山麓や山中には風情豊かな温泉もあり、特に塚原温泉などは完全な山の中の一軒宿の温泉で、11月下旬から12月初旬は紅葉を鑑賞しながらの入浴が楽しめます。

 

 

別府温泉の周辺地域と名称

別府温泉の周辺地域と名称

別府温泉の温泉地域は概ねが市内各所に集中して湧き出していて、別府の街を中心に見ていくと、まず別府湾を望む沿岸地域では、別府駅から南へおよそ1kmの海沿いに「浜脇温泉」、JR日豊線の別府駅から別府湾にかけての市街地には「別府温泉」、別府の北側の玄関口として豊前小倉あたりの「亀川温泉」などがあります。

一方山沿いには、別府駅の西側の斜面にある温泉で展望の良い「観音寺温泉」、ここからさらに奥の方に当たる由布院方面のやまなみハイウェイに沿った静かな山の温泉である「堀田温泉」、伽藍岳の中腹で標高がおよそ400mあたりの所にある山の温泉街で、藁葺きの湯の花小屋からは白い噴煙が立ちのぼり、訪れる人を楽しませてくれる「明礬温泉」、それに「鉄輪温泉」(かんなわおんせん)、また、血の池地獄の近くにある由緒ある温泉で、平安時代から賢所の天皇も入湯したといわれている「柴石温泉」などがあります。

そして、日本で第1位の湧出量を誇る別府市内で最も有名なのが「鉄輪温泉」になります。

鉄輪温泉は街並みから白い湯煙が上がる風景写真でもお馴染みですが、狭い通路の両側には多くの共同浴場や旅館(この温泉場では特に貸間といって温泉保養、湯治客専門の宿のこと)、お土産品店が並んでいて、この地は日本の温泉文化が寄り集まった地域でもあります。

そして、この鉄輪温泉をさらに有名にしているのは、隣接して別府温泉の名物名所の「温泉地獄めぐり」ができることです。地獄とは、単に火山が噴き出しているようなものではなく、レッキとした温泉が各種、異様な形で噴き出している状態を言います。

それに、この鉄輪温泉の特徴の一つに「貸間方式」というものがあります。この方式は温泉を利用した保養施設と言ってもよく、長逗留を利用して温泉療養や保養をしながら自ら材料を持ち込み、温泉の高熱を利用しながら料理を楽しむというやり方なのです。

いわば、自炊方式の温泉保養ということになりますね、実は、私自身がこの温泉場の貸間施設を利用して1週間ばかり滞在していました。

 

 

鉄輪温泉の貸間旅館

鉄輪温泉の貸間旅館

鉄輪温泉はよくテレビや雑誌などでも紹介されています。

宿泊施設として「貸間方式」という湯治場風の温泉旅館が主で、自炊はお客が行い部屋だけを提供するので貸間旅館とも言われています。

貸間旅館は通常の温泉入浴のみの立寄り客や普通の観光目的の観光客、宿泊客は受け付けず、主に湯治などの身体を癒すのが目的の、いわゆる滞在し連泊しながら滞留するのを目的とし、その良質な温泉を体験するのです。

私はこの鉄輪温泉の一角にある場所に連泊したことがあります。場所的には鉄輪温泉の地獄原地区の入口の角にあって、昔風の和風の作りの貸間になります。

この旅館のお上さんが実に人柄が良くて、このお上に会いに来るのを楽しみにしている湯治客もいるです。

貸間の部屋の前には、温泉熱を利用した地獄釜というのがあり、簡単な調理ができますし、火が必要な場合はガスコンロもあり安心して調理ができるのです。

米やお芋などを磨いで器に入れ、地獄釜という温泉蒸気内に入れておくと、一風呂浴びている間にできあがるのです。

もちろん、各部屋には小さいながらも簡単な台所や調理場があって、しかも鍋や釜、茶茶器類もお碗、その他が概ね揃えてあり気楽に利用できるのです。

 

 

Advertisement

 

鉄輪温泉の共同湯について

鉄輪温泉の共同湯について

日本で第1位の湧出量を誇る、別府市内でも最もよく知られているのが鉄輪温泉です。

この温泉場は街並みから白い湯煙りが立ち上る風景写真でもお馴染みであり、この温泉場は狭い路地の各所には多くの共同浴場や旅館、それにお土産屋さんが並んでいて、いわば、この地は庶民的な日本の温泉文化が寄り集まったところと言ってもいいでしょう。

そして、この鉄輪温泉のエリアの中にも日帰り湯、立ち寄り湯などで入浴できる温泉というのはかなりの数があり、もちろん、その中には各旅館やホテルの日帰り入浴施設などもありますが、その中でも特に共同湯というのもあるのです。

そんな中でも一般の人や地元の人達と同様に観光客のみなさんも温泉を楽しむことができます。もちろん、これらの共同湯に温泉入浴するにはお金が掛かると思いますが、実は、寄付金程度(100円前後)、または払わなくても入浴できる場所もあるのです。

鉄輪温泉の共同浴場の名前をあげれば、渋の湯、熱の湯、すじ湯、谷の湯、私が泊まった直ぐ前の地獄原温泉、それにこの温泉場を世に広めたとされる一遍上人に敬意を評して名付けられた上人湯など、これ以外にもまだあるようで、この狭いエリアに全部で7~8ヶ所もあるとされています。

温泉そのものの泉質はサッパリした透明の湯で、一般に言われる「ナトリウム-塩化物泉(弱酸性・低張性・高温泉)」とも言われています。

 

 

鉄輪温泉の地獄めぐりの見どころ

鉄輪温泉の地獄めぐりの見どころ

さて最後に日本一の温泉天国と言われる大分県の別府温泉ですが、その別府には別府八湯として親しまれている温泉があります。

その一つが代表的な温泉場である鉄輪温泉ですが、「地獄めぐり」はこの温泉場に隣接してあります。

温泉地で普通に「地獄」というのは、箱根の大湧谷や登別温泉の地獄、長崎の雲仙温泉の噴出を連想しますよね。このように地獄とは、噴気や高熱泉、噴煙が噴出し、地獄のドロドロした池の様な高温の噴出沼などの荒涼とした景観や風景を思い出します。

ところで、この別府の鉄輪温泉周辺は大昔は確かに草木も生えず、まさに地獄のような場所だったらしいのです。ここ鉄輪の地獄は、昔の大分の歴史書でもある豊後風土記によっても、温泉の噴気や熱性の泥の噴出しなど熱湯の噴出しの状態が記されていて、当時は誰も近寄ることができない、いわば嫌われた土地だったとのことです。

しかし、これらの忌み嫌われた地獄は、逆に景観を演出して人力によって手が加えられ適度に管理されていて、いわば人工の地獄になったのです。

別府鉄輪温泉の地獄の特徴は、含有物によって様々な温泉の色や特色を呈し、噴出する間欠泉などの特色も備えた見所一杯の地獄が点在するところです。

別府温泉や鉄輪温泉はまさに温泉天国ですが、実は鉄輪温泉に隣接しているところは地獄の温泉場なのであり、この地は天国と地獄を同時に味わうことができる稀有の地でもあるのです。

ちなみに、現存する主な地獄は海地獄、山地獄、鬼山地獄、血の池地獄、鬼石坊主地獄、金竜地獄、かまど地獄、白池地獄等などがあります。

 

 

鉄輪温泉のマップ(地図)

鉄輪温泉のマップ(地図)になります。

 

 

まとめ

今回は、大分の別府温泉と鉄輪温泉についてお話ししました。

地獄めぐりと聞くと、旅人の血が騒いできますよね!

是非大分に旅行をする際はお立ち寄りください!

ではまた!

 

 

大分へ行くなら

大分のガイドブック

大分へ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?