月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 東京でエンジニア武者修行中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

歴史ある世界遺産「高野山」をご紹介!奥の院や見どころも!

歴史ある世界遺産「高野山」をご紹介!奥の院や見どころも!
Advertisement

 

世界遺産「高野山」

世界遺産「高野山」

高野山は日本仏教の聖地の1つで、四国八十カ所で有名な真言宗の開祖、空海(弘法大師)開山した高野山真言宗の本拠地です。

和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地を、平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇が空海(弘法大師)に下賜されました。

その後、弘法大師は永遠に生きて、色々な奇跡を起こすという入定信仰が生まれ、高野山を弥勒浄土とする信仰や、阿弥陀浄土とする信仰とあいまって、現在に至るまで多くの人々がお参りに訪れる日本を代表する聖地なりました。

この聖地は、どの時代の政権にも粗末にされることなく、金剛峯寺を中心とする117を超える塔頭寺院と呼ばれる金剛峯寺の子院が建てられ、その半数に宿坊が作られました。

弘法大師へのお遍路さん達の熱い信仰は、四国八十カ所参りのけじめは高野山参りというしきたりが出来ました。この形が残っているしきたりも、高野山を仏教の一大聖地として盛り上げたのです。

そして、2004年(平成16年)7月7日、高野山町石道と金剛峯寺境内(6地区)、建造物12件が熊野、吉野・大峯と共に「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産に登録されたのです。

 

 

弘法大師が入定した奥の院

弘法大師が入定した奥の院

仏教を日本で広めた空海(弘法大師)が入定した高野山の奥の院に至る道は、一の橋から約2キロの所にあります。この道の周りには、歴史的にゆかりのある諸大名の墓石や、祈念碑、慰霊碑などが20万基以上建てられています。

また、樹齢千年を超えるたくさんの杉木立が立ち並び、とても厳かな雰囲気が漂っています。参道を抜けると一つの橋が見えます。この橋は御廟橋と呼ばれここから先は霊域とされています。

多くの方は、霊験あらたかなる気持ちで、身なりを整えて、礼拝してから、この橋を渡っています。渡りきるとその先は燈籠堂です。

正面には、1000年燃え続けていると言われる二つの「消えずの火」があります。近年、ここはパワースポットとしても話題を集めている場所で、高野山のお守りやご祈祷なども販売がされていますので、お守りを買うとご利益があるかもしれません。

今でも、奥之院では弘法大師は涅槃に入り瞑想を続けていると考えられていますので、ただならぬ空気を感じる方が多いようです。

 

 

お墓が建ち並ぶ奥の院

お墓が建ち並ぶ奥の院

参道には、皇室、公家、大名などの墓が多数並び、その総数は正確には把握できないものの20万基以上はあると言われ、戦国大名の6割以上の墓所があります。

豊臣秀吉、曽我兄弟、大岡越前守、平敦盛、武田信玄、徳川吉宗、石田光成、明智光秀、織田信長などなど名だたる武将のお墓を見ながら参道を歩いていると高校時代の歴史の授業を思い出しました。江戸時代の各藩の墓所もかなりの数があり、地理の勉強にもなりそうです。

また、パナソニック、新明和工業、福助などの日本の有名な企業の慰霊碑が沢山あります。その中には「UCC上島珈琲株式会社」のようにコーヒーカップであったり、新明和工業のようにロケットであったり、会社を象徴するものやマスコットが飾られ、見ていて飽きません。

企業の慰霊碑の数は約100社に及び、高野山が、有名な「聖地」だからいう理由で、高度成長期からバブル崩壊前にかけて大半が建立されてようです。

ただし、徳川家康と徳川秀忠だけは、「徳川家霊台」として奥の院の墓地群から離れた「高野山ケーブル高野山駅から南海りんかんバス奥の院行きで10分、浪切不動前下車してすぐ」の場所にあります。

 

 

Advertisement

 

金剛峯寺の表とその中身

金剛峯寺の表とその中身

金剛峯寺には、歴代天皇の位牌や高野山真言宗管長の位牌が祀られています。金剛峯寺駐車場前から入る門が金剛峯寺の正門です。

1593年(文禄2年)に再建された門で、右手にある小さな入口は一般の僧侶が日常使用していますが、昔は正門を出入りできるのは天皇、皇族、高野山の重職だけだったそうで、高野山では門の出入り一つでも厳しいルールがありました。

金剛峯寺の屋根は檜皮葺で、屋根の上に天水桶が置かれています。天水桶に雨水を溜めておき、火災が発生したときに火の粉が飛んで屋根が燃えあがらないように桶の水をまいて湿らすという役目を果たします。

天水桶からは、多くの火災による被害を受けてき高野山の歴史が見えるようです。高野山の外見は落ち着いた印象がありますが、中に入ると、優雅な世界が広がっています。

「蟠龍庭」は、日本最大の石庭で、雲海の中で雌雄一対の龍が奥殿を守っているように表現され、石は弘法大師誕生の地である四国の花崗岩、雲海を表す白川砂は京都のものを使っています。

その昔、天皇や上皇の応接間として使われていた「上壇の間」の壁は総金箔押し、天井には花の彫刻も施され、欄間は透かし彫りという豪華さです。

 

 

建造物の世界遺産

1.大門

高野山全体への入口で、門が高さが25.1mあり、、世界遺産に登録されました。

火災などにより焼失した歴史があり、現在の大門は江戸中期の1705年に再建されたものです。左右には、江戸中期の大仏師、運長と康意によって作られた金剛力士像(仁王像)が訪れた人に睨みをきかせています。

 

2.徳川家霊台

江戸幕府の三代将軍「徳川 家光」が祖父「徳川 家康」と父の「徳川 秀忠」の霊廟として建立しました。これも世界遺産に登録されました。

 

3. 金剛三昧院

国宝の多宝塔や重要文化財に指定されている四所明神社や経蔵など貴重な文化財が数多く残されており、金剛峯寺以外の子寺、いわゆる塔頭寺院中で、唯一世界遺産に登録されました。

 

4.金剛峯寺の一部

金剛峯寺の一部になりますが、金堂、根本大塔、御影堂、不動堂、西塔が世界遺産に登録されています。

 

補足

補足ですが、金剛峯寺と地図で出ている場所は、金剛峯寺の「主殿」がある場所です。金剛峯寺の「本堂」は別の場所にある「壇上伽藍(だんじょうがらん)」の金堂です。

高野山は「一山境内地」と称し、高野山の至る所が金剛峯寺の境内地です。「奥之院」「大門」「徳川家霊台」「金剛三昧院金堂」「根本大塔」「御影堂」「不動堂」「西塔」なども金剛峯寺の境内に建立されています。

 

 

高野山のマップ(地図)

高野山のマップ(地図)になります。

 

 

高野山へ行くなら

高野山のガイドブック

高野山へ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?