月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

謎だらけ!多くの神秘に包まれた遺跡「マチュピチュ」!

謎だらけ!多くの神秘に包まれた遺跡「マチュピチュ」!
Advertisement

 

あなたもご存知のマチュピチュですが、実は謎の多い遺跡なのです。

観光スポットとしてはもちろん有名ですが、しっかりと予習をすることでマチュピチュの良さが理解できますよ!

ということで今回は、マチュピチュの概要と謎について見ていこうと思います。

 

 

マチュピチュとは

マチュピチュとは

マチュピチュは、15世紀にアンデス文明を築いたインカ帝国の遺跡の一部です。1911年7月24日に、アメリカの探検家ハイラム・ビンガムによって発見されました。

マチュピチュはアンデス山脈の尾根に位置し、標高はなんと2,430m。当時の首都であったクスコは、さらに登った高度3,400mにあるから驚きです。

ちなみに、クスコは今でも街として栄えています。アンデス文明は文字を持たなかったため、当時のことはほとんど何も分かっていません。そのため、首都クスコとマチュピチュの関係や、そもそもマチュピチュが作られた理由など、今でも謎に包まれているのです。

世界七不思議にも選ばれており、その神秘的な雰囲気は、昔から数多くの人を魅了してきました。

マチュピチュは英語で「Machu Picchu」と書きます。しかし、一体何を意味しているのか分かりますか?

現地のケチュア語「machu pikchu」=「老いた峰」を意味しているのです。ケチュアはかつてマチュピチュに住んでいた民族です。

 

 

今もなお多くの学者に研究されている遺跡

今もなお多くの学者に研究されている遺跡

まだ分かっていないことが多いマチュピチュは、今でもたくさんの学者が研究を続けています。学術的にも非常に興味深く、価値のある場所なのです。

これまでの研究によって、マチュピチュにはかつて最大で約750人が住んでいたとされています。さらに、この場所が選ばれた理由として、太陽に近いところであったということが仮説として立てられています。

というのも、インカ帝国にとっての神は太陽だったからです。

また、どうやってこの高い山の上に何トンもの石を運んだのかということは長年の謎でしたが、2005年、遺跡よりも標高が高い場所に切り出し場所があり、その跡やその石で作成された石器が近くで発見されました。

このように、今でもなお次々と謎が判明し、研究者に注目されているマチュピチュ遺跡は世界でも珍しいものです。

あなたが訪れる時には、新たな事実が発見されているかもしれませんね。そのようなところもマチュピチュの魅力であると言えますね。

 

 

マチュピチュへの行き方

マチュピチュへの行き方

残念ながら、日本からの直行便はありません。

したがって、まずはアメリカの都市(ダラスなど)とペルーの首都リマで2回飛行機を乗り換えてから、最寄りの都市クスコへと到着します。ここまでの所要時間は約30時間です。

さらに、クスコからマチュピチュ村へ行くには、もう少し時間がかかります。クスコーマチュピチュ村間を直接結ぶ列車に、約3時間半乗ります。

もしくは、バスと列車の両方を利用することも可能です。その場合、クスコから約2時間バスに乗り、まずはオリャンタイタンボという駅に向かいます。そこから列車に乗り込むこと約1時間半、マチュピチュ村へと到着します。

列車には豪華な展望列車というものもあります。マチュピチュ村に着いた後、遺跡まではシャトルバスが運行されているので、それを利用することができます。

運行は30分間隔なので、たくさん走っていて安心ですね。シャトルバスに約30分間乗った後、最終目的地「マチュピチュ」への到着です。

 

 

Advertisement

 

マチュピチュの楽しみ方

マチュピチュの楽しみ方

ペルーには雨季と乾季があります。したがって、観光のベストシーズンは乾季である5〜9月頃です。

気温は1年を通して20℃前後、夜は10℃まで冷え込むため、夜に訪れる場合は上着が必要です。

山麓に大きく広がったマチュピチュ遺跡に建設された精巧な石積みは、周りの山とは全く異なる雰囲気を私たちに与え、かつてそこに文明があったことを思い出させてくれます。

マチュピチュでは日の出を見ることも可能です。朝日とともに見る遺跡の姿は、普段より神々しく、その景色は人生で忘れられない思い出となります。

しかし、晴れてなくても落ち込む必要はありません。天気が悪くとも幻想的な景色を見せてくれるのがマチュピチュの素晴らしいところです。山の天気は変わりやすく、行った時に曇っていてもすぐに晴れるかもしれません。

また、「ワイナピチュ」という遺跡の背後に位置する山へと登るコースが、1日400人限定で行われています。ハイキングやトレッキングが好きな方は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

遺跡のふもとに広がるマチュピチュ村の魅力

遺跡のふもとに広がるマチュピチュ村の魅力

マチュピチュの良さは、遺跡そのものだけではありません。

遺跡の麓に広がるマチュピチュ村も、観光にとてもおすすめの場所です。マチュピチュが世界遺産に指定されて、クスコから列車が開通されてから発展した村だということです。

マチュピチュ村は、通称「アグアスカリエンテス」と呼ばれています。これは「熱い水」を表す言葉です。その名の通り、温泉が豊富に湧き上がってきています。

そしてなんと、アグアスカリエンテスの初代村長は日系人でした。そのためか、村の雰囲気も日本の伝統的な温泉街に似ているという印象を持つ人も多いようです。

村の中央には線路が走っており、列車の音が村の郷愁的な雰囲気を醸し出しています。村の中には観光客に向けたレストランがたくさんあり、美味しいペルーの料理をいただけます。

お土産屋さんも多く並び、そこではペルーの伝統的な手作りのお土産を手に入れることができます。忙しすぎず、のんびりとした雰囲気の中でゆっくり休むことができる空間です。

 

 

マチュピチュのマップ(地図)

マチュピチュのマップ(地図)になります。

 

 

まとめ

マチュピチュでは広大な自然と神秘的な遺跡を味わい、麓の村でゆっくり観光を楽しむことができます。

世界的にも人気の衰えないマチュピチュ。

人生で一度は必ず訪れたい場所ですね。

 

 

海外旅行予約なら

エクスペディア

ペルー・マチュピチュの人気&おすすめホテル☆

 

 Booking.com

ヨーロッパの予約ならBooking.comがおすすめです!

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

Agoda

アジアのホテル予約ならAgodaがおすすめ!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

 

 

ペルーへ行くなら

ペルーのガイドブック

ペルーへ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?