月間13,000PV達成! 収益は毎日発生中! ブログランキング上位! 記事は毎日更新中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

山形県最上地方周辺の観光スポット!グルメ・恋愛成就など!

山形県最上地方周辺の観光スポット!グルメ・恋愛成就など!
Advertisement

 

グルメは鶏モツラーメン

グルメは鶏モツラーメン

山形新幹線の終着駅、新庄駅がある山形県新庄市。

この街は、鶏モツラーメンで町おこしを行っています。鶏モツラーメン自体は昔から存在していましたが、山形新幹線新庄延伸を機に全国に広めようとしました。

全国的にもつ煮と言えば豚のモツを用いますが、ここの場合は鶏のモツを用いるという全国的にも珍しいです。元々は、昔は何か祝い事があった場合、鶏のモツを食していて、この鶏モツを醤油で煮込んだものを醤油ラーメンに乗せるというシンプルなラーメンです。

値段もリーズナブルであり、この鶏モツラーメンを提供するラーメン屋さんは市内に複数あり、店によって若干味に違いがあります。朝の十時から開店している所もありますので、東京始発の新幹線で新庄駅に到着すれば、直ぐに食べる事が出来ます。

最も、山形県はラーメンの消費量が全国一位ですので、山形県内ではこの鶏モツラーメン以外でも一風変わったラーメンがありますので、色々な箇所で試すのはありです。

 

 

豪華絢爛な新庄祭り

豪華絢爛な新庄祭り

山形県新庄市には、もうひとつの名物があります。それは、全国一の山車が連なる新庄祭りです。ちなみに、「山車」は全国的には「だし」と読みますが、新庄祭りでは「やたい」と呼びます。この呼び方にも特徴があると言えます。

この新庄祭りで市民によって引っ張られている山車は各地区の住民による手作りです。製作費はカンパ金みたいに寄付を募って集めています。住民によっての手作りですので、制作しているのは平日の仕事終わりの夕方か休日である土日で制作されています。

そして、この山車の製作コンテストもあり、一位と二位に輝いた場合は新庄駅や地元のセンターに展示されます。また、子供たちのお囃子は本番前までに当然のように練習していますが、実はこのお囃子には楽譜が無く音楽を聴いて覚えていくという、絶対音感が試されている感じです。

このように、この新庄祭りは意外と手間がかかっています。開催は、例年ですと八月の下旬に開催されています。

 

 

リーズナブルな温泉が多い

リーズナブルな温泉が多い

首都圏で日帰り温泉施設に行った場合、大抵千円くらいを払わないと温泉に入ることが出来ません。

しかし、新庄市周辺の日帰り温泉施設は五百円あれば温泉に入ることが出来ます。なぜここまで安い料金で温泉に入ることが出来るのかと言いますと、山形県は温泉大国と言われているほど温泉が湧き出ているからです。

そして、この日帰り温泉施設を運営しているのが地元自治体です。つまり、地元住民に安価な料金で温泉を提供しているので、このように安い料金で入ることが出来てしまいます。

都内で言えば、銭湯感覚で温泉に入ることが出来てしまいますのでうらやましい限りです。料金が安いので、日帰り温泉施設をはしごしてみて、各日帰り温泉施設を楽しむのもありです。

ちなみに、大広間を利用する場合は別料金を請求されてしまいますので、この点が都内の日帰り温泉施設と違う点です。でも、大広間を利用しなければ安価な料金で利用できますので、大変お得な楽しみ方といえます。

 

 

Advertisement

 

文化人も訪れた地域

文化人も訪れた地域

山形県最上地方は多くの文化人が訪れています。

まず、イギリス人作家のイザベラ・バードです。彼女は、山形県置賜地方をその田園の美しい風景を見て『東洋のアルカディア』と称賛しました。その彼女は、山形県新庄市のお隣の町である山形県金山町を訪ねています。そこで、彼女は『ロマンティックな雰囲気のある場所である』と称賛しています。

この金山町は、町中に水路が張り巡らされていて、住宅も地元の特産である金山杉を用いて建てられています。壁は白壁であり、この白壁の町であるため、彼女にこう称賛されました。

もう一人の文化人は、江戸時代の俳人である松尾芭蕉です。最上川を船で下り、松尾芭蕉乗船の地という記念碑が新庄市に存在しています。夏場になると流れが急になりますので、この光景を見て『さみだれを 集めてはやし 最上川』という俳句が誕生しました。

現在では最上川船下りが観光地となっていて、全国から観光客が集まっています。

 

 

縁結びで恋愛成就をしよう

縁結びで恋愛成就をしよう

その船下りとは別に、もう一つのコースがあります。

そのコースは、縁結びのパワースポットと言われているコースです。船で最上川を下っていき、縁結びのパワースポットと言われている仙人堂を目指すコースです。

実は、このコースは別名義経ロマン観光と言われていて、源義経に縁があるコースです。松尾芭蕉より先に源義経がこの最上川を下っていたため、このような別名がつけられています。

縁結びのパワースポットであるため、交通の便が決して良いと言える場所ではないのに、女性観光客が多いです。やはり、縁結びという言葉には女性は大変弱いようです。乗船するには、インターネットから事前に予約しておいたほうが無難です。

同じ自治体で、二か所で船下りを実施している自治体というのは全国的にも珍しく、この二か所で船下りを楽しんでみるというのもありです。特に初夏の船下りは自然の美しさで心が癒されてストレスも軽減できるはずです。

 

 

まとめ

最上地方周辺には様々な魅力があります。

グルメに観光など、楽しめるものは多くありますので、是非一度足を運んでみてください。

必ず言ってよかったと思えると思いますよ!

 

 

 

山形へ行くなら

山形のガイドブック

山形へ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?