月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

優雅に泳ぐジンベエザメに感動!初めて沖縄へ行ってきました!

優雅に泳ぐジンベエザメに感動!初めて沖縄へ行ってきました!
Advertisement

 

どこへ行こうか迷ったから沖縄へ

どこへ行こうか迷ったから沖縄へ

9月の三連休を利用してどこか遠くへ行きたいなぁって考えていたんですけど、何にも思い浮かばなくてやっぱりボーっと過ごすかなって思っていたんです。けれど沖縄にいる友達から「三連休は沖縄へ遊びに来いよ」って誘われたので、お金はないけど急遽飛行機のチケットを取っていってきました。

福岡から沖縄那覇空港へはLCCのピーチ航空が出ているので、航空会社はこちらを利用。格安ってこともあって登場案内とか飛行機の中とかサービスはあまりほめられたものでは無かったですけど、やっぱり安いってのはとても助かりました。

1時間ちょっとのフライトで沖縄へ到着。さすがに9月はまだ暑かったですね。空港からはモノレールが出ているので市外まですぐにアクセスできます。モノレールに乗るのはこれが初めてでした。電車と違いゆったりと走るモノレールはなんとなく旅行にきたなぁって感じさせてくれました。15分ほどで宿の近くの駅に到着し、宿へと向いました。

 

 

ゲストハウスにびびる

友達の家には理由あって泊まれず、今回は旅費を浮かすためにも激安のゲストハウスに泊まりました。2泊3日で3000円という格安宿です。

ゲストハウスに泊まるのも初めてだったので、どんなところが緊張しながら扉を開けると想像していた以上の雑多な空間(もちろんいい意味で)で思わず笑ってしまいました。親切そうなオーナーから利用方法を教えていただき、とりあえず荷物を置くために自分のスペースへ。そこは布団を敷けるだけのスペースしかなく、これがゲストハウスか・・・と少したじろぎました。

ゲストハウスには国籍問わずいろいろな人がいて、ちょっと怖かったです。安いしいろんな人が出会いの場的な感じで利用しているんでしょう。せっかくなので少しくらい会話を楽しめばよかったなって帰ってから思いましたが、見知らぬ土地でひとりでは心細くできませんでした。その後友達の車で迎えに来てもらい以前から行きたいと思っていた美ら海水族館へと向いました。

 

 

沖縄そばを食べる

那覇市内から美ら海水族館へは車で一時間ちょっと程の距離。自分の中では勝手に沖縄ってこじんまりしていて端から端まで車ですぐって思っていましたけど、全然そんなこと無いんですね。反省しました。

道中は海岸線を走り、海の眺めを楽しませてもらいました。普段運転することはあっても、助手席に乗ることってあまりなかったので、友達には悪いけどゆっくり楽しめました。

水族館へ行く前にまずはご飯と食べようと言うことになり、沖縄そばのお店へ向いました。実は沖縄そばも初めてだったんですけど、太めの麺に肉が乗っかっていてまるでうどんだねなんていいながら食べましたが、とても美味しかったです。

お店の近くには水牛が散歩していて角の大きさにびっくりしました。けれど何よりびっくりしたのは水牛を連れているおじいちゃんの水牛への扱いがなんと雑なこと、雑なこと。これが沖縄かぁって感じましたね。お腹も満たしたしいよいよ水族館へと向いました。

 

 

Advertisement

 

いざ美ら海水族館へ

いざ美ら海水族館へ

美ら海水族館のチケットはコンビニやサービスエリアでも購入が可能で、そちらで買ったほうがちょっとだけ割引されています。現場での混雑回避の意味もあって、私たちもコンビニで購入しました。

3連休ということもあってか駐車場は車で大混雑!比較的車の少ない奥のほうの駐車場を利用しましたが、駐車場ってこんなに何個もあるものなのって驚きましたね。しかも無料とはかなり助かります。

遠く目の駐車場に止めた為、施設へはちょっと歩くことになるかなって思ったんですけど、敷地内には送迎用の車両が走っていてちょっとした移動に使えて便利でした。海を眺め風を感じながらゆっくり走っていくのはなんとも贅沢な感じがしました。

移動自体は5分ほどで入り口に到着。やっぱり人が多かったですね。ここでも海外の方が多くびっくり。沖縄へは国内外問わず多くの方訪れているようですね。私たちも人ごみを掻き分けるよう目的であるジンベエザメの水槽を目指しました。

 

 

ジンベエザメにご対面

ジンベエザメにご対面

ジンベエザメのいる巨大水槽はもう圧巻の一言でした。二匹のジンベエザメがマンタや他の魚を従えて泳いでおり、その風景だけで来た甲斐があったなぁと感じられるほどです。人は多かったですがそれ以上に水槽が大きなため、魚が見れない!なんてことは全くありませんでしたね。結局30分くらい鑑賞していました。それほど飽きが来ない眺めでした。

もちろんジンベエザメだけでなく進化の魚や生き物の展示も幻想的でどの水槽にもいちいち立ち止まってみてしまうほどでした。それほど満喫できるスポットになっています。帰りにはお土産にジンベエザメのぬいぐるみを買ってしまうほど、すっかりファンになってしまっていました。

なかなか時間をとれず行く機会が作れませんが、沖縄は海も綺麗でダイビングがすごく楽しいと教えられました。水族館で海の世界にすっかり魅了されてしまったので、次に来るときはダイビングを体験したいと思います。沖縄へ言った際はぜひ美ら海水族館を訪れてくださいね

 

 

沖縄へ行くなら

沖縄のガイドブック

沖縄へ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?