月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 東京でエンジニア武者修行中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

フィリピン「セブ島」の観光地と魅力!治安や注意点も!

フィリピン「セブ島」の観光地と魅力!治安や注意点も!
Advertisement

 

フィリピンのセブ島と言えば、言わずとしれたアジアの楽園です。最近行きたい国ランキングで上位にランクインするようになったセブ島ですが、まさに青い海、白い砂浜がずっと広がるビーチです。そしてそれを求めて世界中から多くの人が毎年訪れています。

観光先としても有名になり、セブ島=リゾートというイメージが浸透した事から、毎年日本からも多くの人が訪れています。また、アジアの中では「フィリピン人の話す英語は綺麗」と言われている事から、フィリピンを英語の語学留学先として選ぶ人も増えています。そのくらい今セブ島は日本の観光の中でも有名で人気のある場所となってきています。

そんな私も以前、個人旅行としてセブ島を訪れた事があるのですが、その時の経験からセブ島のおすすめポイントを紹介したいと思います。

まず、セブ島はいわゆる「ド定番」と言われる観光名所がきわめて多いわけではありませんので、海外旅行の楽しみを「観光」と考えるよりは、山や海などの自然、そしておいしいご飯を充実させたい人の方が楽しんでもらえると思いますし、私もおすすめです。ここではそんなフィリピン「セブ島」の観光を含めたおすすめの楽しみ方と魅力を紹介します。

 

 

ジンベイザメウォッチングを楽しもう

ジンベイザメウォッチングを楽しもう

セブ島での過ごし方として一番のおすすめは「ジンベイザメウォッチング 」です。セブのガイドブックでも一番人気として載っている、超有名なアクティビティです。

日本では沖縄県の「美ら海水族館」や大阪の「海遊館」など、限られた水族館でしか見る事ができませんが、セブ島であればほぼ100パーセント見る事ができます。触れる事は禁止されていますが、 餌を食べに水面近くに上がってきたジンベエザメを間近で見る事ができ、迫力満点の体験をする事ができます。

また、スキューバダイビングもおすすめです。専門店でしか見れないような魚や、図鑑でしか見た事がないような魚までもが、かなり近い場所で見れてしまいます。セッティングから器材装着、脱着まですべてスタッフがやってくれるほどのダイビング大国なので、未経験者や初心者であっても全く問題なくスキューバダイビングを楽しめます。

そして、セブ島名物アイランドホッピングもお見逃し無く楽しんでください。島を巡りシュノーケリングを楽しみ、お酒を飲みながらBBQを楽しむという、まさに南国ならではの遊び方です。ヒルトゥガン島、ナルスアン島、オランゴ島でシュノーケルを楽しみ、「天国に一番近い島」であるパンダノン島やソルパ島などへ向かうというコースが一般的です。

 

 

隠れた観光スポット「セブ刑務所のダンス観賞」

隠れた観光スポット「セブ刑務所のダンス観賞」

「海以外」の部分でもおすすめの場所があります。個人的には「セブ刑務所のダンス観賞」です。刑務所というよりは留置所という感じで、更生を目的としたダンスが繰り広げられます 。軽犯罪で捕まった人たちが見せるダンスなのですが、その迫力とかっこよさに圧倒されます。

更生のために頑張っている姿は、見ていて勇気を貰えると言っても過言ではないほどです。ただ、こちらは毎日実施されているわけではなく、月に1回無料で、しかも毎回500人限定で公開されています。

毎月最終土曜日がその日になるわけですが、13時にセブキャピトル前に集合する事で現地までバスで行く事ができます。事前に日本で動画やネットなどで 囚人によるダンスを調べていき、「見てみたい」と思うようであれば事前にタイミングに合わせてプランを組んでいく事をおすすめします。

せっかくの海外旅行であれば、おみやげを買いたいと思っている人も多いと思います。そんな人たちにおすすめなのが「カルボンマーケット」です。 ザワザワ、ゴチャゴチャ感があり、常に人で賑わっている場所なのですが、「南国」でもあるセブ島ならではのフルーツを食べる事もできるし、セブ島ならではの「海」に関連する小物や伝統的な民芸品が数多く並んでいます。

ただ、「マーケット」というだけあり、独特な臭いが漂っていたり、場所によっては臭いがきついところもあったりします。アジアの雑多な感じが好きな人にはおすすめですが、臭いに敏感な人は難しいかもしれません。

 

 

数多くの歴史的名所とフィリピンの「食文化」

数多くの歴史的名所とフィリピンの「食文化」

多いわけではありませんが、歴史的な遺産ももちろんあります。探検家であるマゼラン上陸に始まるスペイン植民地としての歴史があり、 「マゼラン・クロス」や「サント・ニーニョ教会」などキリスト教関連のスポットをはじめ、フィリピンの英雄ラプラプの像、「サン・ペドロ要塞」、「マゼラン記念碑」や中国の思想家だった老子の教義が祀られている「道教寺院」など歴史遺産を散策する事ができます。

エメラルドグリーンの美しい海、そして歴史遺産などの観光、さらにマーケットでのおみやげ購入など満喫しているセブ島旅行をさらに彩り、更に重要なポイントがあります。

それが「料理」ではないでしょうか。日本ではあまりフィリピン料理は知られていないかもしれませんが、実は結構有名でおいしい料理がたくさんあります。

まず、「米」を主食とするフィリピン人という事もあり、米料理は外せません。日本人ほどお米を食べる人はいないと個人的には思っていたのですが、実はフィリピン人のお米の摂取量は日本人の2倍以上という事を知り驚きました。

その中でもガーリックライスはお茶の間でも良く食される人気メニューです。セブのレストランならどこに行っても食べる事ができる国民的料理です。

 

 

Advertisement

 

日本人に合うセブ料理

日本人に合うセブ料理

「レチョン」 という豚の丸焼き 、豚バラをカリカリに焼きあげた「ポークベリー」、酢漬けされた魚と野菜のさっぱりとしたフィリピン版のマリネである「キニラウ」や、ココナッツミルクで野菜とお肉を煮込んだピリ辛なスープ である「ビコールエクスプレス」など、有名な料理がたくさんあります。

フィリピン料理は日本人の好むような味付けの物が多いと思います。そのため、セブ島旅行でも料理の面でそんなに困る事はないと思います。世界的観光地であっても日本より物価は安いので、セブ島では是非料理もご堪能してもらえればと思います。

 

 

セブ島では水やフルーツに気を付けよう

セブ島では水やフルーツに気を付けよう

そして最後に、セブ島で注意すべき事も紹介します。

まずは水です。水道からの水が飲めないセブ島ですので、飲料水はミネラルウォーターになります。 どこへ行っても水は安く購入できますが、「EVIAN」に関しては日本よりずっと金額が高いので注意してください。

また、「フルーツ」も注意すべき食べ物です。南国なのでマンゴーやパパイヤといったフルーツが数多く楽しめますが、食べるのであれば「ちゃんとしたお店」で購入する事をおすすめします。いわゆる出店だったり、小さなテントなど路上で販売しているフルーツは衛生的なところからおすすめできません。

 

 

セブ島の治安には注意しよう

セブ島の治安には注意しよう

そして、治安に関しても重要な注意点です。世界的観光地であってもまだまだ発展途上の地域なので、治安に関してはよくありません。

一人で路地を歩かない事、知らない人に話しかけられても相手にしない事、携帯電話を手に持たない事、アクセサリーは身につけない事、そして鞄は前にかけて、できればチャックにロックをかける事です。

スリや置き引き、さらに言えば強盗なども多いです。特に日本人はそのターゲットにされやすいので、一瞬の気のゆるみで後悔する事にならないように、自分の身は自分で守る事がとても重要です。

私自身、以前セブ島へ行った際、あまりの無防備さにスリのターゲットにされてしまった事があります。その時は運良くパスポートもお金も持っていなかったのですが、壊れかけのデジカメの「少しストラップが外に出ていた」というだけで盗られてしまいました。こちらが全く気づかないように物を盗っていくのがスリの特徴です。

 

 

まとめ

治安といったネガティブな要素はありますが、注意すべき事をしっかり注意していればセブ島はとにかく楽しい場所です。

日本にはなかなか無いようなエメラルドグリーンの美しい海と白い砂浜、そして海の生き物、自然、おいしいご飯などのセブ島のすべてをお楽しみいただけると思います。

 

 

海外旅行予約なら

エクスペディア

フィリピン・セブ島の人気&おすすめホテル☆

 

 Booking.com

ヨーロッパの予約ならBooking.comがおすすめです!

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

Agoda

アジアのホテル予約ならAgodaがおすすめ!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

 

 

フィリピンへ行くなら

フィリピンのガイドブック

フィリピンへ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?