月間29,000PV達成! 収益は毎日発生中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

青春18きっぷ旅行記!女一人で山陽本線走破をしてみた!

青春18きっぷ旅行記!女一人で山陽本線走破をしてみた!
Advertisement

 

18きっぷ旅に年齢性別関係ありません

18きっぷ旅に年齢性別関係ありません

青春18きっぷを使って、東京-下関へ女ひとり旅を決行することにしました。

この旅は2日間で下関まで向かう計画で、1日目のゴールは岡山駅です。

聞いたことがある方もいるかもしれませんが、この青春18きっぷは春・夏・冬の3回販売され、使用できる期間が決められており、使い方次第でお得に楽しい旅ができる切符です。

鉄道ファンなら誰でも一度は手にしたことがある切符です。

購入できる年齢制限はなく、誰でも使用でき、いくつになっても青春を謳歌できる切符です。

この切符のルールを簡単に説明すると、JR全線の普通・快速列車列車、BRT、宮島航路が使用可能で、5回(人)使用でき、1枚11850円。

他にも細かいルールがいくつか存在しますが、基本ルールをまず覚えていれば90%問題なく使いこなすことができます。

そして、18きっぷ旅で注意してほしいのが、「日付をまたいで乗車した場合、夜中の12:00を過ぎて最初に着いた駅以降は料金が発生する」ので、12:00前には目的地に到着した方が安心です(東京及び大阪近郊の電車特定区間内では終電車まで有効)。

18きっぷを初めて使っての旅は、目的地に深夜12:00前到着を心がけたほうが無難です。

私は今回東京-浜松は新幹線利用、浜松からのんびり18きっぷの旅を満喫することにしました。

東京から浜松は束の間の快適な新幹線の旅。

これから始まる長い長い東海道本線-山陽本線の旅にワクワクしていました。

あっという間の東京-浜松の新幹線移動、到着するやいなや、しばらくの電車移動に備えて駅ナカで食料調達に向かいました。

私が浜松駅に降りるたびお世話になっているのは改札出てすぐの駅ビル、メイワン地下1階の知久屋(ちくや)のお弁当です。

こちらのお弁当は化学調味料・合成保存料・合成着色料など使用せず、野菜は自社農園の物を使用と徹底した健康志向のお弁当屋さんで、女性好みのお弁当が多数販売されています。

駅弁も良いがせっかくならば地元の美味しいものを食べたいですしね。

また、このメイワンはドラックストアやスーパーなどもあり、とても重宝する駅ビルなので覚えていて損はないです。

浜松駅はチョットした物が揃っていて、しかも普段購入している価格で手に入るお店が多数あるので気に入っています。

それに、18きっぷの最大の武器、乗り降り自由。

これを活用しない手はないです。

 

 

18きっぷ旅の名所駅大垣まで来ました!

18きっぷ旅の名所駅大垣まで来ました!

浜松からでしたが、18きっぷ旅の名所静岡越をし、愛知県へ突入しました。

浜松から豊橋、名古屋そして大垣とダイヤが合えば快速で楽に西へ下れます。

大垣駅に入ると必ず乗り換えの関係で小休憩になってしまいます。

今回も終点が大垣だったため電車待ちを生かして、休憩を兼ねた買い出しです。

この大垣駅もコンビニ、ドラックストアがあり、大変便利な駅です。

駅ナカ、その周辺の施設も浜松駅ほどではないが一通り揃っており、いつも何かしら買っています。

夏場は特に水分補給で飲み物の消費が多くなります。

そこで、18きっぷ最大の武器、乗り降り自由を使い駅ナカのコンビニで飲み物の調達、綺麗なトイレへ向かう…。

旅慣れた18きっぷ利用者は当たり前の様に行っているに違いない気がします。

もし、時間があれば樽見鉄道の始発駅でもある大垣駅で、かわいい列車たちを見るのも良いではないでしょうか。

樽見鉄道は旧国鉄時代に廃線になった国鉄樽見線が、近隣住民達の声によって生まれた第3セクターの鉄道です。

懐かしい気分にさせる小さな列車に揺られて自然に包まれた線路に揺られるのも楽しそうです。

私のローカル鉄道に乗りたい病がムズムズし始めました。

本格的になる前に西へ向かったほうが良さそうです…。

樽見鉄道にいつか乗ろうと思いつつ、さらに西へ向かいました。

 

 

JR各社の境目は感動します!

JR各社の境目は感動します!

大垣駅を通過し、JR東海とJR西日本の境目、滋賀県の米原駅に到着です。

この駅はJR東日本とJR東海の境目、熱海駅と同じくらい到着するたびにワクワクします。

鉄道会社が途中から変わり、乗る列車も急に変わり、長い距離を乗ってきた実感を盛り上げてくれます。

ここからはJR西日本の列車に乗り、ひたすら西へ向かいました。

この米原駅-姫路駅間は新快速が通っており、まるで特急に乗っているような気にさせるくらい速いです。

しかも、新快速の本数が大阪、新大阪を通るのでとても多いです。

チョットした寄り道をしても旅の行程がビクともしません。

これは乗り降り自由の途中下車の旅を満喫しない手はないでしょう。

今回は大阪駅で途中下車をし、食い倒れの街大阪をプチ観光することにしました。

滞在時間に限りがある中で、今回は阪急梅田駅にある「梅田食通街」に行くことにしました。

この「梅田食通街」は是非足を向けて欲しいスポットです。

大阪らしい雰囲気が漂う大阪の美味いものがひしめくエリアです。

大阪グルメの代表「串揚げ」「たこ焼き」「お好み焼き」…から、居酒屋、定食屋…無いものが無いんじゃないかと思わせるレパートリーの豊富さです。

このエリアは大阪のサラリーマン達の憩いの場であることは間違いなく、観光客の腹も満たしています。

この日は無性にたこ焼きが食べたくなっての途中下車、「たこ焼き はなだこ」へ。

このお店は人気店でいつも長蛇の列ができています。

価格も6個420円でひとつが結構大きく、出来たての熱々が提供され、食べるのが大変ですが、味は期待通りでした。

途中下車をして食べた甲斐がありました。

大阪グルメを堪能し、わずか30分のプチ観光を済ませると、新快速で姫路へ向かいました。

この姫路駅から先が、18きっぷ旅第二の関門です。

 

 

Advertisement

 

18きっぷ旅の醍醐味、ダイヤとの戦い

18きっぷ旅の醍醐味、ダイヤとの戦い

姫路駅から先は西へ行けば行くほど、ダイヤとの戦いです。

自分との戦いになります。

18きっぷ旅が飽き始めるのはあるあるとして認知されています。

新快速の束の間の快適から一変した各駅停車と乗り遅れが命取りになります。

広島までほぼ列車に乗る状況が続く前に、姫路駅で休憩です。

この姫路駅にもオススメしたいグルメがあります。

駅構内、駅の近くで点在する「駅そば」は姫路のソウルフードです。

この「駅そば」のお汁は和風で麺が中華麺を使っているという面白い食べ物です。

この個性的な「駅そば」を旅の思い出に一度食べてみてはいかがでしょうか?

今回の旅では「駅そば」を食べる時間がなく、断念しました。

姫路から岡山間はすっかり日が落ちて真っ暗になっていました。

通勤時間帯に乗車したこともあり、岡山方面行きの列車は人でいっぱいになっていました。

日が落ちて全く外の様子が見えない状態ですが、姫路の隣の駅、相生駅から日生駅の間は天気が良いと海が見えたかもしれません。

疲れがピークになっていたのかウトウトしていると、中学生くらいの女の子が急に倒れました。

混雑している社内は騒然として、乗り合わせていた乗客が席をその女の子のために空けてあげたり、車掌に声を掛けたり、乗務していた車掌は次の停車駅の駅員に連絡を取ったりして万が一に備えていました。

幸いな事に、女の子はすぐに意識が戻り、そのまま乗車市最寄り駅まで乗っていったようでした。

私のこの日のゴールは岡山駅で、ちょっとしたハプニングがあったものの無事に岡山駅に到着しました。

 

 

下関はもうすぐそこです!

下関はもうすぐそこです!

2日目は岡山からスタートです。

この日の中国地方は雨で、目覚めた時には雨雲が今にも雨を降らしそうな状況でした。

18きっぷ2回目を駅員さんに押してもらい、広島へ向かいます。

広島へ向かう時、本来なら山陽本線で広島へ向かうのが速いのですが、どうしても見たい景色があり、途中の三原駅で呉線に乗り換えて広島へ向かいました。

呉線は三原-広島間をワンマンで運行しており、海沿いを走る車窓は瀬戸内海の島々を眺めることが出来ます。

その車窓は天気が良いと美しい海と島が最高なんですが、倉敷を抜けた頃には本降りになり残念ながら見ることはできませんでした。

雨の中を広島へ向かい、楽しみにしていた広島のお好み焼きを食べに行きました。

広島駅から少し歩いたところにある「お好み焼き いっちゃん」にて、お昼休憩。

ここのお好み焼きはお昼に食べに行くとお味噌汁のサービスがあります。

そのお味噌汁が口直しにちょうど良いです。

女性には結構大きなお好み焼きを提供してくれる「お好み焼き いっちゃんは」ミシュランガイドに載ったことがある実力のお店です。

「お好み焼き いっちゃん」には本店と広島駅ビルASSEと2店舗あります。

キャベツたっぷりのヘルシーなお好み焼きは一度食べるとまた食べに行きたくなります。

広島でお昼休憩の後は山陽本線で下関を目指します。

山口県入りは18きっぷ旅でも難所であり、達成感を倍増させる不思議な力を持っていると思います。

どうして山口が難所かというと、乗り換えの連続と待ち時間が結構長いからです。

まず岩国駅で乗り換えのため待ち、次に新山口で乗り換えのため待ちました。

もう少しで下関なのにもどかしい状態が続き、疲れも出てきます。

そして目的の下関に到着!

 

 

せっかくの下関、海の幸を堪能しました

せっかくの下関、海の幸を堪能しました

下関に到着したら、やはり海の幸に舌鼓を打ちたいですよね。

と、いうことで海鮮丼を食べに行きました。

晩ごはんに選んだのは「おかもと鮮魚店」の海鮮丼。

このお店の海鮮丼はとにかく具沢山で、その日仕入れた新鮮なお魚を使うので日によって具が変わります。

毎回何が入るのが分からないのは楽しみです。

必ず入っているのがカニとエビ。

アラ汁がついてきて、1000円で大満足な内容です。

他にも、刺し身セットや鍋物など海の幸を楽しめる料理が沢山あります。

ひとりで入るのが勿体無いくらいのメニューの豊富さです。

グループで入っていろいろな料理をシェアして食べるとさらに良さそうだと思いました。

海の幸を堪能した後は旅の疲れを癒やすために、ホテルの近くにある銭湯へ行きました。

ホテルのユニットバスだと疲れが取れませんからね。

広いお風呂で足を伸ばして疲れを癒やしました。

 

 

まとめ

今回の旅はやりたいことをやり、食べたいものを食べ大満足の旅でした。

山陽本線走破の瞬間が来た時は大変だったことより、達成感と楽しかったことが沢山浮かんで来ました!!

またやりたいかと聞かれたら、「はい」と答えると思います。

18きっぷ旅の最大の贅沢は時間を沢山使って途中下車しながら、気ままに目的地に行けることです。

時間を惜しみなく使う旅って、最高の贅沢だと私は思います。

Travelerを知らないの?