月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 東京でエンジニア武者修行中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

世界遺産の国イタリア!3都市周遊のおすすめポイントとは!

世界遺産の国イタリア!3都市周遊のおすすめポイントとは!
Advertisement

 

美しきフィレンツェの町並み

美しきフィレンツェの町並み

世界遺産の国、イタリアの中でも最も芸術を感じられる街がフィレンツェです。中でも美しいのが、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から町並みを見ながらゆっくり歩いて10分ほどの、サンタ・マリア・デルフィオーレ大聖堂(通称ドゥオモ)です。

キリスト教(カトリック)の教会で、教会の名の意味は「花のマリア」という意味となります。天井は天蓋(クーポラ)となっており、内部には「最後の審判」と呼ばれる美しいフレスコ画が描かれています。

クーポラには内部から階段で昇る事ができます。およそ400段ほどのらせん状の階段で、狭いため少し昇るのは大変ですが、途中途中には格子付きの覗き窓のようなものがあり、階段を上がるにつれて美しくなる景色に癒されながら一番上まで昇る事ができます。

クーポラから望むフィレンツェの町並みは息を呑むほど美しく、何百年もこの町並みを守ってきたイタリアの人々に感謝を覚えるほどです。ドゥオモへの入場はチケットが必須となり、クーポラへ昇る場合は別途予約が必要となります。

インターネットで簡単に予約・支払ができるため、日程が決まったらすぐに予約を取る事をお勧めします。当日は予約チケットをプリントアウトし、念のためにスマートフォンにチケットをPDFで入れていくと良いでしょう。入場の際にバーコードをスキャンしますので、くれぐれも忘れずに!

 

 

圧巻のミラノ大聖堂

圧巻のミラノ大聖堂

ミラノと言えば、ミラノコレクションやサッカーチームのACミランなど、ファッションや現代文化のイメージがありますが、もちろん歴史的建築物も圧巻です。その中でも外せないのがミラノ大聖堂です。

メトロのDUOMO駅を出ると目の前に広がる荘厳な建築物こそがミラノ大聖堂です。建築に600年以上の歳月をかけたといわれる巨大な教会となります。内部は数多くの美しいステンドグラスやマリア像があり、キリスト教徒でなくとも生きているうちに一度は見るべき建物です。

チケットを購入すれば、エレベータもしくは階段で屋上へ昇る事ができます。屋上には何百体もの像が創られており、その細やかさ、繊細さに目を見張る事は間違いなしです(現在は屋上の一部が修復中です)。

屋上から眺めるミラノの町並みはフィレンツェやローマとはまた違い、現代的な高層ビルと古き良き街並みが混ざり合い、良きものを残しつつ現代のより良い暮らしを求め・実現しているイタリアの人々の生活が窺えます。

入場のチケットは、すぐ隣のチケットオフィスで購入可能です。10時以降に訪れると大行列となっているので、朝一番8時頃の訪問をおすすめします。その時間であれば、当日チケットで十分並ばずに屋上までゆっくりと鑑賞可能です。

 

 

歴史の街ローマ「スペイン広場」

歴史の街ローマ「スペイン広場」

イタリアと言えば、なんといってもローマですね。映画「ローマの休日」で有名なスペイン広場、こちらは平日の昼間と言えど人で溢れかえっています。春の時期に訪れると色鮮やかなツツジが満開で、晴れていれば気温も高く、まさに訪れ時といっても過言ではないでしょう。

スペイン広場の階段を一番上まで上ればローマの街が一望できます。ローマの休日のごとく、ジェラートを食べたいところですが、こちらは現在飲食禁止となっていますので要注意です。近くにジェラート屋さんがたくさんありますので、スペイン広場を見ながら、おいしいジェラートを食べる事をお勧めします。

また、観光客が多いのでスリや客引きが大変多いです。人ごみに飲まれても貴重品はしっかり守りましょう。朝1番で行けば人が少ないかもしれませんので、ローマの休日ファンの方は朝1番に行く事をお勧めします。

近くには赤いヴェスパのレンタル屋さんもありますので、国際免許がある方はぜひレンタルバイクでローマの休日ごっこをされてはいかがでしょうか。オードリーヘップバーンになりきって、ローマの街を駆け抜けてみても面白いでしょう。石畳なので、歩くよりもバイクの方が移動は楽かもしれません。

 

 

 

Advertisement

 

歴史の街ローマ「トレビの泉」

歴史の街ローマ「トレビの泉」

かの有名なトレビの泉ですが、こちらもスペイン広場同様に人で溢れかえっています。スペイン広場から歩いてすぐのところにありますので、同じく朝の時間帯に訪れる事をお勧めします。

美しい泉の淵に、後ろ向きに座ってコインを投げましょう。1枚は、もう一度ローマに来られる、2枚は、好きな人とずっと一緒にいられる、3枚は、嫌いな人(恋人や配偶者)と別れられると言われています(ちなみにトレビの泉に投げられた多くのコインは、ローマ市の職員によって回収されているそうです)。

ローマの泉はポーリ宮殿と一体になっており、泉側には美しい3体の像が彫られています。これらはローマ神話の神々で、中央にあるのは水を司る神、ネプトゥーヌス(ネプチューンというところでしょうか)、左側には豊饒の女神ケレースがおり、右側には健康の女神サルースが彫られています。

大理石で彫られた像、特にネプトゥーヌスは巨大かつ繊細で、見るものを圧倒する美しさがあります。もし、ステイするホテルが徒歩圏内であれば、夕食時からの訪問もおすすめします。

ライトアップが美しく、昼間とはまた違う神秘的な雰囲気に包まれます。ただし夜は少し治安が悪くなるため、地下鉄の利用などは避けましょう。徒歩もしくはタクシーの利用がおすすめです。

 

 

世界一小さい国「バチカン市国」

世界一小さい国「バチカン市国」

イタリアの中にある世界一小さな国、それはバチカン市国です。ローマ法王と側近たちの居住区となっており、キリスト教・カトリックの総本山です。美しい建築物と、バチカン美術館には名高い美術品が列を成しています。

バチカン美術館のシスティーナ礼拝堂には、誰もが知っているであろう、かの有名なミケランジェロの天井画があります。システィーナ礼拝堂は撮影禁止ですが、その他のフレスコ画や、古代ローマ時代の彫刻等は撮影自由です。

内部は圧巻の広さで、早足で見ても2時間、じっくり楽しむのであれば少なくとも半日は必要と言われるほどです。広いので道に迷うかと思いますが、道に迷ったとしても前に進んでいれば、最終的にはシスティーナ礼拝堂に辿り付きます。

毎月最終日曜日は入場無料となるのでおすすめです。ただし、地元のイタリア人も訪れるので、かなり早くから並ぶ事をおすすめします。8時半から入場開始ですが、7時前にはもう100人ほど並んでいます。

可能であれば数人で行って7時前から並びましょう。近くにはカフェやマクドナルドがあるので、朝食やコーヒーを飲みながら待ちましょう。3時間並んだとしても見る価値のある美術品ばかりとなっています。

 

 

番外編「買い物はアウトレットで」

番外編「買い物はアウトレットで」

海外旅行と言えばお買い物も楽しみの一つかと思います。そこでおすすめなのは、フィレンツェのアウトレット「THE MALL」です。イタリアブランドを中心としたハイブランドのアウトレットになります。

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅からシャトルバスが出ており、1時間かからないほどのところにあります。シャトルバスのチケットは乗り場の隣にあるチケットオフィスで購入可能です。往復での購入がおすすめです。

THE MALLの隣にはPRADAとGUCCIのアウトレットもあり、こちらも大変人気です。日本の半額~3分の1の価格でバッグや洋服などが購入可能です。オープンは10時ですが、オープン前から行列ができていますので、事前にお目当てのショップを見繕ってから行くといいでしょう。

特にGUCCIは大人気で、オープン後も入場規制がかかるほどです。どうしても欲しいものがある場合は、一番早いバスに乗りましょう。THE MALLは規模が小さいですが、日本でも人気のモンクレールやBALENCIAGAを始め、イタリアのブランドも多く、また男性に人気のブランドBOSSなどもあるため、カップル・ご夫婦で行っても楽しめる事間違いないでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した以外にも、イタリアにはたくさんの魅力があります。

是非一度足を運んでみてください!

 

 

海外旅行予約なら

 Booking.com

ヨーロッパのホテル予約ならBooking.comがおすすめ!

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

Agoda

アジアのホテル予約ならAgodaがおすすめ!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

 

 

イタリアへ行くなら

イタリアのガイドブック

イタリアへ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?