月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

少林寺は映画だけじゃない!歴史や武術についても解説!

少林寺は映画だけじゃない!歴史や武術についても解説!
Advertisement

 

少林寺と言えば、映画『少林寺』を思い浮かべますよね?

その少林寺ですが、ディープな部分まで理解している人は少ないのではないでしょうか。

少林寺には、興味深い歴史など、知れば知るほどはまってしまうポイントがたくさんあります。

ということで今回は、少林寺について深く掘り下げていこうと思います!

 

 

世界中でブームとなった「少林寺」

世界中でブームとなった「少林寺」

1982年に世界中で大ブームを巻き起こしたアクション映画『少林寺

その舞台となったのは、中国河南省・鄭州市の嵩山に実在する、世界遺産の仏教寺院です。

近年では武術とサッカーを融合させた映画『少林サッカー』でも話題になり、今も昔も色あせぬ知名度の高さを誇る、世界有数の名刹といえるでしょう。

他にも数多くのシリーズが作られた少林映画はいずれも大ヒットとなっていますが、その理由は作中でしばしば描かれる、この寺独特の武術や鍛錬のシーンにあります。

数ある中国武術の中でも少林寺のそれはバリエーションが非常に豊富であり、軽業師のようにとんぼ返りをこなしたり、首にかけたロープ一本で空中にぶらさがっていたりと、超人的な肉体を作り上げるための鍛錬法は見る者の度肝を抜くほどです。

少林寺に伝わる武術は数多く、看板となる大紅拳に小紅拳、羅漢拳、心意拳、通背拳、六合拳などの拳法に加え、剣術や槍術、長い紐の先に刃物を取り付けた「縄鋲(じょうびょう)」と呼ばれる武器術。

また、一本指を鍛え上げて壁などを貫く「一指金剛法」や、羽のように軽く動けるとされる「軽身功」など、ある一点に特化した能力を鍛え上げるための修行法(少林七十二芸)が存在しています。

なお、日本を中心に展開している「少林寺拳法」は、創始者・宗道臣が少林寺の精神に感銘を受けて編み出した独自の武術であり、少林寺に伝わる「少林拳」とは異なるものなので注意して下さい。

 

 

少林寺の歴史

少林寺の歴史

少林寺の歴史は古く、今から1500年以上も前の496年、時の皇帝・孝文帝の命により建立されました。

少林寺がある嵩山は「少室山」「太室山」の二山からなり、「少室山の林の寺」であったことが命名の由来とされています。

インドから渡来した僧・跋陀(ばつだ)のための寺であったといわれ、少林寺を拠点とした跋陀はインド由来の経典を訳しながら、中国本土へ仏教を広めていきました。

少林寺にまつわる有名なエピソードの一つに、「面壁九年」というものがあります。

「事を成し遂げるために長い年月を耐え抜く」という意味で知られますが、これは禅宗の開祖といわれる達磨大師が九年間も壁に向かって座禅を組み続け、ついに悟りを開いたという、少林寺の裏山の洞窟に伝わる故事に由来するものです。

その後も長い歴史の中で脈々と仏の教えを護りながら、やがて少林寺の武芸にまつわる逸話が初めて歴史に登場するのは621年、隋王朝滅亡後のことでした。

新たなる唐王朝に背いた王世充が洛陽で勝手に皇帝を名乗り、これを討伐するために朝廷軍が送り込まれたのです。

洛陽から50キロほどの至近にあった少林寺は、志操、曇宗を始めとする13人の武僧団を派遣して朝廷軍を助け、多大なる戦果を挙げて貢献します。

このとき朝廷軍を率いた李世民が後に皇帝となるのですが、かつて少林寺に受けた恩に報いるべく「寺における武術の鍛錬や兵力の保持」を認めたのです。

この李世民の報恩により、少林寺はたちまち「天下第一の名刹」として、一躍その名を世に知らしめることとなりました。

 

 

少林寺ブランドの確立と現在の少林寺

少林寺ブランドの確立と現在の少林寺

1966年、中国全土を揺るがす歴史的な事件が起こります。

多くの伝統や文化が徹底的に弾圧された「文化大革命」は、その余波をじわじわと撒き散らしながら、ついには少林寺へと及ぶに至り、これに端を発する長い不遇の時代が始まったのです。

仏教信仰や武術の師弟関係が封建的であるとみなされ、寺の施設や仏像などへの破壊行為。

さらには、僧侶たちが強制的に還俗(僧侶から足を洗うこと)させられるといった厳しい処遇を受け、かつて栄華を極めた寺院はその面影も無く、荒廃の一途をたどってゆくのです。

その後の少林寺は、冒頭に触れた映画のヒットで世界的に有名となるまでの16年間、ほぼ廃墟のような状態となっていました。

しかし映画の公開後、世界中から一気に多くの観光客が訪れたことで「少林ブランド」が開花。

連日のように入門者が門前に押し寄せる、寺の周辺に少林寺の名を冠した武術学校が次々に開設されるなど、復興を期すための千載一遇の好機を得たのでした。

こうした突発的な大ヒットの陰には、無関係であるにもかかわらず便乗商売を企む者も現れますが、それは少林寺においても例外ではありません。

そこで寺のイメージの保護や誤解のない伝統継承のため、関連会社を設立して「少林寺」の名称を商標登録、これを皮切りとして商業的なフィールドへと活動の幅を広げていきます。

そして現在(2018年)、住持を務める釈永信の経営方針により、世界各地で少林武僧団の演武ショーを開催するなどのエンターテイメント性を取り入れつつ、潤沢な資金力を確保しながら仏教と武術の布教に取り組んでいるのです。

 

 

Advertisement

 

映画『少林寺』の有名な描写とは?!

映画『少林寺』の有名な描写とは?!

映画『少林寺』の冒頭には、ファンの間であまりにも有名な描写があります。

ハリウッドスターのジェット・リー(当時はリー・リンチェイ)演じる主人公ら少林武僧が、修錬場でかけ声とともに拳を打ち出し、足をドスンと踏み下ろすシーン。

初めは平らであった石敷きの床が、年月につれ足下で大きなへこみを作るまでになり、それが修錬の度合いを暗に示すというものです。

この重要なシーンで描かれる床のへこみ、実は少林寺の千仏殿という建物で実際に見られる風景なのをご存じでしょうか。

嵩山少林寺・東京事務所HPの解説によると、本物の床のへこみは、少林武術の奥義とも言われる高難度の技「心意把」の練習によって出来たものだとされています。

心意把では足腰の鍛錬が特に重要視されており、柱や仏壇のある狭い建物で48人もの武僧たちが正確な位置を保ちながら、跳躍と着地を繰り返すのです。

この着地による床への衝撃が千年以上もの長きにわたって蓄積され、ついには床石を割って最大5センチに及ぶへこみを作るまでになった、とあります。

また、中国武術研究家・松田隆智の自伝を原作とするコミック「拳児」には、「千仏殿の床が震脚によってへこみを作り、それを保存するため割れた床石を嵌め直しながら後世に残しているのだ」との説明が見られます。

武術の強さというと、まず突きや蹴りなどの直接的な打撃を連想するでしょう。

しかし、伝統を守りながら正しい動作を身につけることにより「武術を通して重力などの自然法則を学ぶ」という哲学的な色合いの濃さが中国武術の特徴です。

基本の歩法(足さばき)を身につけるのに数年を要する、と言われるものも多い中国武術にとって、基礎とも言える足腰の強さがいかに重要視されているか。それをあの床のへこみが、雄弁に物語っているのではないでしょうか。

 

 

 

 

少林寺へのアクセス

少林寺へのアクセス

少林寺を含めた嵩山周辺の遺跡群は2010年に世界遺産登録されたため、近年では貴重な観光資源として交通アクセスが充実しています。そのため、日本から鄭州市への直行航空便が運行されており、所要時間は最短4時間程度と短く便利です。

近隣都市の洛陽までの航空便なら、途中乗り継ぎ、または経由地ありで10時間前後。鄭州の新鄭国際空港から嵩山のある登封県、または少林寺までは、バスかタクシーを利用して1~2時間となっています。

ただし、タクシーの場合、遠回りしての運賃かさ上げやぼったくり料金など、観光客を狙った悪質な事例も見られるので注意が必要です。

また重要なポイントとして、中国本土では反日感情の高い地域や国民が多いため、「日本人ではなく他の国籍を装うほうが安全」なケースもあるとされています。

とりあえず片言程度の英語力(国を選ばないため)でも身につけておくと便利なので、普段から洋楽や英字サイトなどで馴染んでおくのをおすすめします。

新鄭国際空港からは少林寺行きの直通バスが運行されることもあるため、実際に少林寺を訪れてみたい方は旅行会社や空港の案内所など、信頼の置けるガイド窓口に相談して下さい。

 

 

まとめ

少林寺に今も受け継がれる剣呑な武術の数々は、決して不毛な争いのための手段ではありません。

それは御仏の教えを忠実に守る僧侶たちの、決して折れることのない不撓不屈の信念を表す槍であり、信仰と平和を護り抜くための頑強なる盾でもあると言えるのです。

 

 

海外旅行予約なら

 Booking.com

ヨーロッパのホテル予約ならBooking.comがおすすめ!

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

Agoda

アジアのホテル予約ならAgodaがおすすめ!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

 

 

中国へ行くなら

中国のガイドブック

中国へ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?