月間13,000PV達成! 収益は毎日発生中! ブログランキング上位! 記事は毎日更新中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

台北の観光スポットを最短時間で制覇するためのポイント!

台北の観光スポットを最短時間で制覇するためのポイント!
Advertisement

 

日本人が今1番行きたい国としてあげられるのが「台湾」です。日本からは飛行機で片道3時間半、航空券もLCCであれば3万円程で行けてしまう場所です。そんな台湾の中心「台北」を格安で、かつたっぷりと遊べる観光プランを紹介したいと思います。

春~初夏にかけて卒業間近の大学生から定年退職した後のシニア層までどの世代でも楽しめる、約5日間で台北をほとんど周ってくる観光プランです。これは現地のツアーに申込せず、個人で行動するタイプの観光プランです。

 

 

台北への飛行機の手配

台北への飛行機の手配

まず、飛行機ですが相当なこだわりがなければLCCでも十分だと思います。エクスペディアで取る事をおすすめしますが、LCCだと往復で3万円少々で取る事ができます。ただ、荷物を預けると 別途料金を取られるので、5日分の荷物プラス現地での買い物を足して10キロをオーバーしてしまいそうであればLCCはやめた方がいいです。

そういった意味で買い物好きの人は台湾の航空会社である「エアチャイナ」が良いと思います。エアチャイナであればLCCほど金額は安くありませんが、4〜5万円で取る事ができるでしょう。旅の期間を5日間としたので大体1ヶ月前、遅くても10日前には飛行機チケットを手配する事をおすすめします。

 

 

ホテルの手配と初日は九份へ

ホテルの手配と初日は九份へ

ホテルも日本で取っていく事をおすすめします。個人的なおすすめは台北の中心地にある「中山区」にある「Via Hotel」という場所です。1泊1人5千円ぐらいですし、24時間ジュース飲み放題でお菓子も食べ放題、夜になれば夜食用のインスタントラーメンもありますし、もちろん朝食も付いているので宿泊料金から考えると相当ありがたいホテルとなってます。

台北の桃園空港から台北駅までは新幹線で30分、そして台北駅から電車やタクシーで10分という立地の良さもあります。また、春~初夏の台湾は季節的にも雨が少なく丁度良いです。気温は22〜23度ぐらいあるので、日本よりは暖かいと思ってもらって良いです。台北に到着するのはできれば昼、もしくは昼過ぎが良いと思います。空港からホテルへ行き、15時くらいであれば時間的にはベストです。

初日はそこから早速「九份」に向かいます。九份は日が暮れてからの景色が最高なので、時間手に15〜16時に台北を出れば1時間ほどバスに揺られて夕暮れ時に九份へ到着します。出店がたくさんあるので食べ歩きや買い物がしやすいです。

そして映画「千と千尋の神隠し」のモデルにもなった場所としても有名ですが、もしこの映画好きであれば「千が駆け下りた階段」の隣にあるお茶屋さんで時間を過ごしても良いでしょう。晩御飯もその日は九份で取るのが良いと思います。九份から台北に帰るバスは相当混雑するので心して乗車してください。金額は片道100元少々(380円ぐらい)で行けます。

 

 

世界的な美術館「故宮博物館」と「士林夜市」

世界的な美術館「故宮博物館」と「士林夜市」

翌日は朝から動きます。移動手段はタクシーか電車が良いでしょう。また、台湾はとても親日で、タクシーの運転手も日本語を話せる人が多いので、場合によっては「1日チャーター」を交渉しても良いと思います。

最初の目的地は「故宮博物館」です。世界4大美術館の一つでもあるこの美術館を午前中は堪能します。そしてその後は「龍山寺」「行天宮」という台湾仏教を感じられるお寺を訪れます。特に龍山寺は台北屈指のパワースポットなので是非参拝してもらいたいです。

その後は「若者の街」と呼ばれている「西門町」を訪れます。台湾の流行の最先端の場所なので「現代台湾」を感じる事ができると思います。そして夜は台湾最大の夜市である「士林夜市」へ向かいます。右も左も前も後ろもずっとお店が連なっています。食べ歩きと買い物を最大限に楽しめる場所です。

「雞排」という顔の大きさぐらいある大きなフライドチキンと、「滷肉飯」というそぼろと汁であえたものがご飯に乗っている食べ物、そしてマンゴーかき氷は台湾名物なので是非食べてみてください。特に雞排はこの士林夜市が発祥となってます。500元(1800円ぐらい)もあれば十分すぎるほど夜市散策を楽しめると思います。

 

 

隠れたスポット「十份」

隠れたスポット「十份」

翌日も午前から動き始めます。台北駅からバスに乗り「十份」という場所を目指します。バスとローカル電車で1時間ぐらいのところにある台湾の古都の様な場所なのですが、灯籠を飛ばせる場所となっており、常に観光客で賑わっています。午前中はこの「十份」での観光をし、午後にかけて台北市内に戻ってきます。

午後は「中山記念堂」「国府記念館」という台湾の歴史を感じられる場所を訪れるのが良いでしょう。日本語のパンフレットも置いてあるので言葉が分からなくても観光できます。

日が暮れるタイミングで台湾のシンボルでもある「台北101」へ行くのが良いでしょう。スカイツリーが出来るまでは世界最高の高さを誇った建物の頂上から見下ろす台湾の夜景はこれ以上ないほど美しいものです。上まであがる金額は決して安くはありませんが、台湾に来たからには必ず訪れておきたい場所です。

夕食は101内にあるフードコートで取るのが良いでしょう。「鼎泰豐」という小籠包のレストランが観光客の間では人気ですが、私は台湾ローカルグルメが多く並ぶこのフードコートの「小南門傳統美食」というレストランが個人的にはおすすめの穴場スポットです。値段も安く、沢山の料理を楽しめます。

 

 

Advertisement

 

猫空からの景色と淡水老街の夜市

猫空からの景色と淡水老街の夜市

そして最終日も午前から動きます。同じく午前中から活動を開始します。地下鉄に乗り「猫空」という場所へ向かいます。ロープウェイで登って行った先には台湾の街並みを一望できる美しさを感じられると思います。山の上から見下ろす景色は101から見下ろす景色と違ってまた美しいものです。

そして、再度地下鉄に乗り「北投」という場所を目指します。ここには台北随一の温泉で結構な穴場スポットです。台湾人も温泉が大好きなので、ここで温泉に浸かってゆっくりと身体を癒すのもまた最高の時間です。

そして、地下鉄の1番線(紅線)に乗り終点の「淡水」を目指します。ここは台湾最大級の港街であり、台湾のアジアの雰囲気にヨーロッパの様な独特な雰囲気がおり混ざっているお洒落な街です。おすすめはここの夕日です。海に浮かぶボートや船の後ろにゆっくりと沈んでいく夕日最高に美しいものです。台湾に行ったら必見です。

そして、夜は「淡水老街」という夜市で時間をお楽しみください。士林夜市ほど大きくはないものの、こじんまりとした空間に現地のローカルフードが立ち並んでいます。

淡水老街のちょうど中間ぐらいにあるお店の「牛肉麺」はお見逃しなく食してください。ラーメンの元祖とも言われている牛肉麺の麺のコシ、言葉で言い表せないスープの味が胃袋を満たしてくれます。また、淡水老街には長さが30センチほどある大きなソフトクリームも有名です。

 

 

最後は台湾マッサージで体を癒そう

最後は台湾マッサージで体を癒そう

淡水老街で夜の時間帯を楽しみ、地下鉄に乗り「雙連」というホテルの最寄りの駅で下車します。ホテルのすぐ近くにあるマッサージ店で旅の疲れを全部癒す「本場台湾式マッサージ」を堪能ください。足ツボマッサージで、40分で500元(2000円ぐらい)が相場です。足ツボだけでも十分満足できますが、せっかくの機会なので全身マッサージを受けるのもいいかもしれません。

これまでの時間で台湾北部の観光地はそして穴場スポットまでほとんど行っているので、移動日は観光を含まずホテルをチェックアウト後、そのまま空港へ向かっても良いでしょう。松山空港まではタクシーで15分、桃園空港まではタクシーと電車を乗り継いで1時間ぐらいかかります。飛行機は昼過ぎぐらいの便でちょうど良いでしょう。

空港のレストランでお昼ご飯を食べながら台湾旅行の記録を振り返るのもまた楽しみの一つです。台湾と日本の時差はたった1時間ですし、何より3時間半で行けてしまいます。

 

 

まとめ

これだけたっぷり遊ぶプランでも飛行機代を込みで80000円もあれば十分過ぎるほど楽しめて遊べるでしょう。ただ、台湾には歴史を感じさせる観光地もあるので事前に少し台湾の知識を付けていけばより楽しめると思います。

春~初夏にかけては最適なシーズンです。機会があれば是非台湾旅行をお楽しみください。

 

 

 

海外旅行予約なら

エクスペディア

台湾・台北の人気&おすすめホテル☆

 

 Booking.com

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

Agoda

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

 

 

台湾へ行くなら

台湾のガイドブック

台湾へ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?