月間17,000PV達成! 収益は毎日発生中! ブログランキング上位! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

タージ・マハルを観光するなら!歴史やアクセス情報も!

タージ・マハルを観光するなら!歴史やアクセス情報も!
Advertisement

 

あなたもご存知の「タージマハル」。

タージマハルと言えばインドを代表する建物ですよね。

今回は超有名なインドの観光スポット、タージマハルをご紹介します!

 

 

タージ・マハルとは

タージ・マハルとは

タージ・マハルは、数々の芸術的な建物があるインドで聖地と呼ばれている程、日本で知名度がある世界スポットの一つです。

1983年にタージ・マハルは世界遺産に登録されており、日本やインドだけでなく、それ以外の国でも絶大な知名度があります。

タージ・マハルがあらゆる国で知名度がある理由は、インドの歴史にとって価値があるだけでなく、独特の建築様式や様々な見所がたくさんあるからです。

タージ・マハルはインドの歴史に興味がある人だけでなく、建築マニアや観光をするのが趣味である人も訪れていますので、観光客の数が多いです。

タージ・マハルはインドのアグラという都市にあり、タージ・マハル付近のインドの街並みも堪能できるようになっています。

このように、タージ・マハルは建築様式の美術の質が高く、インドの歴史についてよく知らない人が訪れても十分楽しめる観光スポットとなっているので、非常におススメです。

 

 

タージ・マハルの建物について

タージ・マハルの建物について

タージ・マハルの建物に彫られている様式は「アラベスク」と呼ばれています。アラベスクは一言で言うと「模様」のことです。左右対称でバランスが取れていることがアラベスクの特徴です。

タージ・マハルが作られたのは1600年代で、タージ・マハルは「ムムターズ・マハル」と呼ばれていました。

タージ・マハルに彫られているアラベスクは植物模様であり、外観が美しいです。また爽やかな感じを連想できる赤やピンクの色が巧みに塗られています。床から天井までの高さがかなりあり、見ていると圧倒的な景観に驚いてしまいます。

タージ・マハルの建物を構成している素材は、あらゆる種類の宝石です。具体的に言うと、宝石は水晶やトルコ石、つやがあるラピスラズリなどです。これらの宝石が詰め込まれて長年のインドの建築物の真髄を堪能することができます。

タージ・マハルの素材である宝石は、キラキラと輝いているというよりも神秘的な感じがします。大昔に建てられたにも関わらず、保存状態が良いまま現在に残っているので、建築ファンにとっては感激の気持ちが湧いてきます。

 

 

タージ・マハルの景色について

タージ・マハルの景色について

タージ・マハルは他にも見どころがあるのでいくつかご紹介します。

タージ・マハルは朝の時間帯だと、空が少し赤くなって神秘的な感じがします。建築と朝の景色に非常にマッチしていて、見る人の心を魅了します。

昼になると、空が晴れやかになって、爽やかな青空が広がります。快晴の空だとタージ・マハルが鮮やかに見えて、気持ちが良くなってきます。

昼の時間帯の快晴の時にタージ・マハルが付近の水面にくっきりと見えるので、とても綺麗に見えます。この光景は鏡に映したかのような感じで、この光景もネットで画像としていくつか紹介されています。実際に現地へ行って撮影すればインスタ映えすること間違いなしです。

夕方の時間帯になると、夕焼けに照らされたタージ・マハルの景色がやはり美しく、建築のロマンに浸ることができるのでおススメです。

タージ・マハルを近くから見ても、遠くから見ても綺麗なので、お好みで自分だけの撮影スポットを見つけて、写真撮影すると、より一層楽しめます。

 

 

Advertisement

 

タージ・マハルの歴史について

タージ・マハルの歴史について

タージ・マハルは、大昔のムガル帝国を統治していた皇帝シャー・ジャハーンが亡くなった皇妃ムムターズ・マハルのために作った墓です。

シャー・ジャハーンの悲しみが壮大なタージ・マハルを作るきっかけになったので、歴史のロマンがあります。建物の形を作る基本的な工事は1600年代に行われました。

そして、基本的な工事が終わり、礼拝するために作られたモスクや大楼門が建てられるようになり、長い年月をかけて形が作られるようになります。

1653年には工事が完成したという説が有力です。このようにタージ・マハルはスケールがかなり大きい建物なので、ある程度タージ・マハルの歴史を知った上で現地に訪れると、タージ・マハルの素晴らしさをもっと堪能できます。

タージ・マハルは実際に訪れてみると、たくさんの観光客だけでなく近くの市場で商品を販売している現地の人も訪れるので、充実感があります。

ちなみにタージ・マハルは王冠宮殿という意味があり、地元での人気もかなり高いです。

 

 

タージ・マハルのアクセス情報について

タージ・マハルのアクセス情報について

タージ・マハルのあるアグラは、多くの人を引き付ける市場や建築、工芸品があることで有名です。

インドの首都であるデリーから少し長い時間をかけて列車に乗ってたどり着くことができます。その列車はインド最速特急列車であるガティマン エクスプレスです。

ガティマン エクスプレスに乗ると、タージ・マハルまでは90分程の時間でたどり着くことができるので、かなり速くてお手軽な感じがします。

ガティマン エクスプレスによるガイドの案内で、タージ・マハルで写真撮影を楽しむことができたり、ガイドによるタージ・マハルの詳しい情報やインドでしか聞くことができない耳寄りな情報を聞くことができるので、ガイドの話を聞いていると、インドのことについてさらに詳しくなれるかもしれないです。

インドの国が好きな人にとっては、サービス精神満点な体験をすることができます。ガティマン エクスプレスによる行き方はかなり有名なので、インド旅行には是非おススメです。

 

 

タージ・マハルのマップ

タージ・マハルのマップになります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょか?

タージマハルは超有名ですが、しっかりと勉強していくことでより楽しむことができますよ。

あなたも是非一度足を運んでみてください!

 

 

海外旅行予約なら

 Booking.com

ヨーロッパの予約ならBooking.comがおすすめです!

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

Agoda

アジアのホテル予約ならAgodaがおすすめ!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

 

 

インドへ行くなら

インドのガイドブック

インドへ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?