月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

旅行初心者はタイに行け!出発~帰国までの行程別ガイドブック!

旅行初心者はタイに行け!出発~帰国までの行程別ガイドブック!
Advertisement

 

出発前の準備(チケット・ホテル)

出発前の準備(チケット・ホテル)

今回ご紹介するのは私たち夫婦の大好きな街、タイのパタヤです。

首都バンコク市内から車で1時間半ほどの海辺の街で、ビーチが有名です。日々の生活から離れてのんびりしたい人、海が好きな人、ゴルフが好きな人には大変オススメです。

タイは成田空港から飛行機で6時間、渡航にオススメのシーズンは乾期である11月~3月です。その分チケット・ホテル代は高くなりますが、半年以上前にブッキングすれば割とお安く行けます。

6月~10月は雨季で一番暑い時期です。雨季ですが、日本の梅雨のような長雨ではなく降ってもすぐ止むので、暑い方が好きという方にはオススメの時期です。

チケットは航空会社によってピンキリですが、LCC(格安航空会社)を使えば3万~購入可能です。ホテルも雨季であれば一部屋5000円以上出せばかなりいいところに宿泊できます(私たちはいつも一部屋3000円~のところに宿泊しますが、清潔でプールも付いていて毎回かなり満足しています)。

シャンプーやボディソープなどのアメニティも揃っているホテルがほとんどですので、特にお気に入りなどがなければ日本から持参する必要もなしです(女性の化粧品類はもちろん持っていきましょう!)。

加えてタイはクリーニング屋さんが安くお手軽に利用できますので、長期滞在でも衣類は少なめでOKです。値段は衣類の種類とお店によりますので、お願いする前に確認しましょう(どちらにしろ何百円のレベルです)。

 

 

搭乗~ホテルまで(SIM)

搭乗~ホテルまで(SIM)

さて、準備を整えたところでいよいよ成田空港からタイへ飛び立ちます。タイの空港は、スワンナプーム空港・ドンムアン空港の2つです。

主にスワンナプーム空港が国際線の発着メインで、日本で言う成田空港。ドンムアン空港は国内線と国際線のLCCをメインとした、日本で言う羽田空港のようなイメージです。

スワンナプームからパタヤまではおよそ1時間半、ドンムアンからだと2時間ほどかかります(タイは渋滞が多いので、交通事情によってはもっとかかることもあります)。

また、どちらの空港も出国審査はかなり並ぶ(たまに空いてることもありますが、大抵超混雑してます)ので、着陸の前にお手洗い等は必ず済ませておきましょう!

出国審査後は預け入れ荷物をピックアップして、必要な方は携帯電話のSIMカードを買いにいきましょう。空港内にショップがいくつかあり(ちなみに私がいつも使っているのはAISという会社です)、カウンターで滞在日数を伝えればオススメを教えてくれます。

携帯電話を渡せば設定までやってくれるのでとっても楽チンです(注:ご自身のケータイがSIMフリーであることを必ず確認してからSIMを買いましょう)。

空港からパタヤ市内までは、バスかタクシーがありますが、初めて行く方はタクシーをオススメします。料金は3000円~と少し高めですが(それでも日本と比べれば激安ですが)、快適で安全なので、私は大体タクシーを使ってしまいます。

運転手にホテルの住所を告げ、あとはリラックスして街の景色を眺めているうちにパタヤへ到着です!

 

 

滞在中(マッサージ・プール)

滞在中(マッサージ・プール)

パタヤから観光に行くのもいいですが、オススメはタイマッサージを受けたり、ホテルのプールで泳いだり、昼間からバーでビールを飲んだりと、のんびりするのがオススメです。

大体のホテルにはプールとジムが完備されており、ロングステイしているであろう欧米諸国のリタイア組を割とよく見かけます。お昼過ぎまではのんびりプールで泳いだりジムで汗を流し、街中へ繰り出すのもいいかもしれません。

遊び疲れた体を癒すには、ぜひタイマッサージを受けてみましょう。オイルマッサージや全身のタイマッサージ、フットマッサージなど種類も豊富で安いので、何件か試してみて自分好みのマッサージ屋さんを見つけるのも楽しみのひとつです。

日本では5,000円以上するような本格的タイマッサージが、60分700円ほどで受けられます。オイルマッサージなどのスペシャルなマッサージもあり、高いものは3000円ほどしますが、その分リラックス効果は抜群です。

ちなみに私はいつも約600円のお手ごろなタイマッサージで、特別疲れているときは1000円くらいのオイルマッサージを受けます。どちらも心地よくて、施術後は体が軽くなります!

マッサージでリフレッシュしたあとは、海辺のバーでタイビールを飲みながら、日が落ちるのを待ちましょう。パタヤビーチに沈んでいく夕日は、都会の喧騒で疲れた心を癒してくれること間違いなしです。

 

 

Advertisement

 

滞在中(オススメスポット)

滞在中(オススメスポット)

パタヤはリゾート地なので飲食店はたくさんありますが、ちょっとリッチな気分を味わいたい!なんて時には、ヒルトン・パタヤのルーフトップバー“HORIZON”がオススメです(ヒルトンはパタヤのビーチロード沿いにあり、目立つのですぐわかります)。

HORIZONは夕方17:00~ハッピーアワーとなっており、ビール以外のカクテルが1杯の値段で2杯楽しむことができます。席はオーシャンビューのテーブル席とソファ席・バーカウンター席があり、17:00丁度にいけば予約なしでも入れます。食事も楽しめるので、記念日のお祝いなどにピッタリです。

HORIZONで夕暮れを眺めながらお酒を楽しんだあとは、すぐ近くのレストラン“SAILOR BAR & RESTAURANT”でステーキを頂きましょう。ヒルトンから歩いて5分、警察署の向こう側の通りを入ってすぐのところにあります。

ここはTボーンステーキが評判ですが、個人的にはパッタイもトムヤムクンもオススメです。価格もリーズナブルで、Tボーンステーキは約600円と破格です!

ボリュームもあり、付け合せのマッシュポテトがとてもおいしいです。店員さんの感じもすごくいいので、私たち夫婦もよく利用します(結構有名なので、日本人利用者が多いかもしれません)。店内は広く、いつも混んではいますが座れなかったことはないので、予約も不要です。

 

 

チェックアウト~帰国まで

チェックアウト~帰国まで

海外旅行で忘れてはならないのがチップです。タイもチップが非常に重要です。もちろんサービスによって金額を変えるのはOKですが、よほど悪いサービスでなければチップを渡しましょう。

ポーター・ルームメイクには10~20バーツ(約60円前後)、マッサージでは50~100バーツ(約300円前後)、レストランでは金額によりますが、これも50~100バーツでいいのではないかと思います(屋台やホテルのレストランは不要です)。

チェックアウト時には忘れ物がないかチェックして、レセプションで鍵を返しましょう。空港までは行きと同様にタクシーがおすすめです。走っているタクシーを拾うか、ホテルの人に予約してもらいましょう。

空港では入国審査と同様に、チェックイン・出国審査もかなり混雑しますので、少し早めに空港に着くことをおすすめします(私たちはいつも2時間半前くらいに着くようにしています。チェックインだけでもかなり待つときがあります)。

スワンナプーム空港には、季節によってタイ独特の装飾がしてありますので(象が多い気がします)出国する前に旅の思い出として、1枚記念写真を撮ってはいかがでしょうか。

パタヤには、この場では紹介しきれていない魅力がまだまだありますので、ぜひご自身の足でパタヤの街を歩き、体験されることをオススメします!

 

 

海外旅行予約なら

エクスペディア

タイ・パタヤの人気&おすすめホテル☆

 

 Booking.com

ヨーロッパの予約ならBooking.comがおすすめです!

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

Agoda

東南アジアの予約ならAgodaがおすすめです!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

 

 

タイへ行くなら

タイのガイドブック

タイへ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?