月間13,000PV達成! 収益は毎日発生中! ブログランキング上位! 記事は毎日更新中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

日本のシンボル「東京タワー」 その歴史と背景を追ってみた!

日本のシンボル「東京タワー」 その歴史と背景を追ってみた!
Advertisement

 

東京のランドマークとして親しまれている東京タワー。

 

東京スカイツリーが建設されたため、少し影が薄くなった感は否めないですが、人気がある事に変わりはありません。昭和を感じさせる雰囲気がいいんですよね。

 

今回はそんな東京タワーについて見ていきたいと思います。

 

 

東京タワーとは

東京タワーとは

1958年12月23日に完成した総合電波塔で、正式名称は「日本電波塔」です。

 

東京都港区芝公園に位置しており、東京のシンボルとして親しまれています。

 

 

東京タワー建設のきっかけ

東京タワー建設のきっかけ

東京タワー建設のきっかけとなったのは、当時の郵政省電波管理局長が「6つのテレビ局の放送塔を1本にまとめ、500メートルの鉄塔を北の九公園のあたりに建てる。その鉄塔に展望台を設置して観光利用する。そして羽田の国際空港からモノレールを敷設する」という投稿をした事が始まりです。

 

6つのテレビ局とは、NHK・日本テレビ・ラジオ東京(現TBS)、日本教育テレビ(現テレビ朝日)・NHK教育・富士テレビ(現フジテレビ)です。

 

昔は各局が電波塔を各地に設置していましたが、その電波の送信範囲は約70㎞ほどでした。また、電波塔の位置がばらばらだったため、チャンネルを変えるたびに電波の位置を調整しなくてはなりませんでした。

 

そこで、電波塔を一か所に集約するという構想が持ち上がり、現在の東京タワー建設に踏み切ったとされています。

 

 

東京タワーの建設

東京タワーの建設

東京タワーは日本のランドマークとして有名ですが、建設当時も日本のランドマークになるよう計画されていたそうです。建設期間は、1957年6月29日から1958年12月23日までの1年半でした。元々開業日も決まっていたので、急ピッチで建設されました。

 

工事は常時400人態勢で、朝6時から夜6時まで工事を行ないました。建設にかかわった人数は約20万人です。建設方法は至ってシンプルで、鳶職人の手作りです。クレーンなども使用しますが、基本的には職人さんの技術によって作り上げられています。

 

東京タワーの建設費は約28億円で、現在の価値に換算すると約300億円です。

 

 

東京タワーという名称

東京タワーという名称は公募により決定しました。

 

公募の総数は86269通で、そのうち一番多かった名前は「昭和塔」でした。その他にも「日本塔」「平和塔」「宇宙塔」「プリンス塔」などがありましたが、審査会に出席していた徳川夢声という人物が、「一番しっくりくるのは東京タワーだ」という事で、結果的に「東京タワー」に決まりました。

 

「東京タワー」の公募は223通で、順位としては13位だったそうです。

 

 

東京タワーの色

東京タワーの色

東京タワーといえば、「赤」と「白」のツートンカラーと思ってしまいますが、正確には「インターナショナルオレンジ」と「白」になります。

 

この色自体は航空法で定められているため、自由に変える事はできず、法的に塗らなくてはならない色だそうです。

 

Advertisement

 

東京タワーの高さ

東京タワーの高さ

東京タワーの高さは333mだという事はご存知でしたか?なぜそもそも333mになったのかをご説明します。

 

東京タワーの建設にあたり、半径100㎞ほどの範囲に電波を飛ばす必要がありました。これは、北が水戸、南が沼津、西が甲府、東が銚子という範囲になります。

 

この範囲に電波を飛ばすためには電波塔の高さが約380mほど必要でした。しかし、建設に入ると資金の関係もあり、380mまでは無理だという事になりました。

 

そこで、パリのエッフェル塔は約320mだし、どうせならその高さを超す世界一の電波塔を建てようという事から、キリのいい数字という事で333mに決定しました。

 

 

東京タワーの電気代

東京タワーの電気代

東京タワーは夜にライトアップされ非常にきれいですが、その東京タワーのライトアップにかかる電気代は、1日約25000円だそうです。

 

また、あのライトに使用しているランプが切れてしまった場合は、人の手で付け変えているのだとか。

 

 

東京タワーには戦車の一部が使われている!?

東京タワーには戦車の一部が使われている!?

1950年代の日本は高度経済成長期のため、鉄はどちらかと言うと不足している状況でした。

 

丁度その頃、朝鮮戦争の影響により大量の軍需物資が日本に流れていました。それに目を付けた民間企業は、約100程の戦車を落札し、その戦車を解体・溶鉄し、東京タワーの展望台から上の部分に使用したそうです。

 

戦車の鉄は良質な鉄なので、特に東京タワーの上部は頑丈にできています。

 

 

これからの東京タワー

これからの東京タワー

東京スカイツリーが建設された事により、少し存在感が薄くなってしまった東京タワーですが、現在でもしっかりと電波塔としての役割を果たしています。

 

FM放送の電波発信、JR東日本の防護無線用のアンテナなどの仕事をこなしており、現在は東京スカイツリーが使えなくなった場合の電波塔として、補助的な役割も果たしています。

 

 

前田久吉

前田久吉

「東京タワーを作った男」と呼ばれています。郵政省が総合電波塔の構想をしているのを知り、名乗りを上げました。

 

日本電波塔株式会社を設立し、東京タワーをわずか1年半で建設させました。産経新聞の創業者でもあり、関西テレビ放送の社長なども務めました。

 

前田久吉の元々の構想は、「アンテナを含めた展望台を組み込んだ380メートルの鉄塔、塔の下には5階建ての科学館」だったそうです。

 

 

まとめ

現在でも観光地として人気のある東京タワーですが、意外とその歴史は知らないものですね。

 

東京タワーは電波塔としての役割だけでなく、高度経済成長期の象徴としての役割も果たしています。

 

東京スカイツリーができた事でその存在感も少し薄れてしまっていますが、これからも日本のシンボルとして君臨し続けてほしいと思います。

Travelerを知らないの?