月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 今は農作業中のため東京にいるよ! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

間欠泉祭り!世界初の国立公園「イエローストーン国立公園」

間欠泉祭り!世界初の国立公園「イエローストーン国立公園」
Advertisement

 

国立公園といえば「イエローストーン国立公園」というほど有名な場所です。というのも、世界初の国立公園はこのイエローストーン国立公園だからです。

イエローストーン国立公園は世界自然遺産にも登録されており、温泉などの観光スポットは非常に人気があります。

今回はそんな、国立公園好きなら知らない人はいない「イエローストーン国立公園」をご紹介します。

 

 

イエローストーン国立公園

イエローストーン国立公園

イエローストーン国立公園はアメリカの国立公園で、アイダホ州・モンタナ州・ワイオミング州の3つの州をまたいでいます。入り口は公園に5つあり、3つがモンタナ州にあります。公園の中心部はワイオミング州北西部です。

1872年にユリシス・グラント大統領が「イエローストーン公園法」に署名し、世界初の国立公園として認定されました。1978年には世界自然遺産に登録されています。

イエローストーン国立公園は間欠泉の多さで有名で、世界にも類を見ないほどの数があります。

イエローストーン国立公園には多種多様な動物が多く、アメリカバイソンやグリズリーなどが生息しています。観光スポットとしては、温泉や間欠泉などが有名です。

イエローストーン国立公園の自然はほぼ手付かずのままで、毎年多くの観光客が訪れています。アメリカでは最も人気のある国立公園です。

 

 

オールド・フェイスフル

イエローストーン国立公園の間欠泉

イエローストーン国立公園は間欠泉で有名ですが、この公園には世界の間欠泉の約3分の2が存在しています。

その中でも観光客に人気なのが「オールド・フェイスフル」です。このオールド・フェイスフルが吹き上げる水量は約4万ℓ、高さは約40mと言われています。

「フェイスフル」は「忠実な」という意味で、その名の通り、約100年もの間、熱水を定期的に吹き上げています。

オールド・フェイスフルが熱水を吹き上げるのは80分おきだそうです。ある程度の予測ができるので、観光に訪れた際は時間を狙っていくのがいいかもしれませんね。

 

 

グランドプリズマティック・スプリング

グランドプリズマティック・スプリング

イエローストーン国立公園のメインスポットとして有名なのが、グランドプリズマティック・スプリングです。

直径113mほどの巨大な温泉で、七色に輝いているような幻想的な風景を見る事ができます。深さは37m以上と言われています。

色の違いが生まれるのは、温泉の温度の違いにあります。中心部が高温で外側に向かうにつれて温度が下がっています。温度の低い外側はバクテリアなどが繁殖する事で様々な色を演出しています。色が異なるのはバクテリアの種類が異なるからです。

気温が高い日中に行くと湯気が少ないので、幻想的な景色を楽しむ事ができます。

 

 

イエローストーン国立公園へ行くには

イエローストーン国立公園へ行くには

まずはホテルの予約をしなくてはなりませんが、園内の予約自体は1年前位から準備をしておかなくてはなりません。

イエローストーン国立公園の敷地は広いため、園内でも2泊、園外で宿泊する場合は4泊ほどしたいところです。

ルート自体は北部ルートと南部ルートの2パターンがありますが、観光ポイントは南部がおすすめです。ただ、せっかくなのでどちらも1回ずつ1日かけて回るのが良いかと思います。

行き方ですが、アメリカのワイオミング州ジャクソンへ行く必要があります。日本からの直行便はないので、乗継をする必要があります。ジャクソンまでの所要時間は約18時間です。

ジャクソンの空港からイエローストーン国立公園までは車で約1時間ほどかかります。

 

 

イエローストーン国立公園のベストシーズン

イエローストーン国立公園のベストシーズン

イエローストーン国立公園は基本的に人の手を加えません。ですので、自然保護の理由などから交通規制などが敷かれる事もありますが、観光ルート自体はしっかりと整備されています。

目安ですが、ベストシーズンは4月から夏頃までとなっています。

 

 

Advertisement

 

イエローストーン国立公園の気温

イエローストーン国立公園の気温は以下の通りです。

最高気温(℃) 最低気温(℃)
1月 -2 -12
2月 1 -11
3月 4 -8
4月 9 -3
5月 16 1
6月 21 5
7月 27 8
8月 26 7
9月 20 3
10月 13 -2
11月 4 -7
12月 -1 -11

 

 

イエローストーン火山地帯

イエローストーン火山地帯

イエローストーンは北アメリカ最大の火山地帯です。過去3回(約220万年前、約130万年前、約64万年前)、超巨大噴火を起こしており、それ以外にも小規模な噴火を何度か繰り返してきました。

現在でもマグマが溜まっている状態で、将来的には噴火する可能性があるようです。ただし、数10万年以内と言われているので近い将来ではありません。

また、スーパーボルケーノと呼ばれる超巨大火山が眠っており、これが噴火すれば地球に甚大な被害をもたらすと言われています。

 

 

イエローストーン国立公園の火山が噴火したら

イエローストーン国立公園の火山が噴火したら

仮に噴火した場合、アメリカ西部の人たちは噴火によるガスにより、5分ほどで窒息死すると言われています。また、アメリカのほとんどが火山灰に覆われるとされています。

火山灰の影響で太陽光が遮られるのはもちろんですが、溶岩が流れる事により、規模の大きい津波を引き起こします。

太陽光が遮られれば、当然気温が下がります。気温自体は約20度ほど下がるとされており、その影響で地球上の約3分の1の人口が死に、無事に済むのはユーラシア大陸の中心部のみとなります。

現在はある程度の予測ができるとされており、今心配されているのは大規模噴火ではなく、地震や小規模の噴火による影響だそうです。

 

 

イエローストーン国立公園の異変

イエローストーン国立公園の異変

イエローストーン国立公園周辺で、数多くの地震が発生しています。この影響かは分かりませんが、動物がイエローストーン国立公園から逃げる様子も見られています。

巨大地震やそれに伴う大規模噴火が起きれば、アメリカ本土への影響は計り知れませんが、情報操作をしているせいか、こういった情報はアメリカではあまり知られていないのが現状です。

 

 

イエローストーン国立公園のマップ(地図)

イエローストーン国立公園のマップ(地図)になります。

 

 

まとめ

イエローストーン国立公園は世界初の国立公園であり、世界遺産にも登録されている事から、観光スポットとしては非常に人気のある場所です。

なんといっても、あるがままの大自然を堪能できる事が人気の秘密かもしれません。こればっかりは直接体験するしかないですね。

日本からだと簡単に行ける距離ではないですが、一度は行ってみたい場所ですね。特に自然を愛する人や、国立公園好きな人は是非とも行ってみましょう。

 

 

海外旅行予約なら

 Booking.com

ヨーロッパの予約ならBooking.comがおすすめです!

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

Agoda

アジアのホテル予約ならAgodaがおすすめ!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

 

 

アメリカの国立公園へ行くなら

アメリカの国立公園のガイドブック

アメリカの国立公園へ行く際のガイドブックです。1冊持っていると便利ですよ。

 

Travelerを知らないの?