月間26,000PV達成! 収益は毎日発生中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

タイへ出発 初日はナナ駅周辺を散策 ※タイ一人旅(1日目)

タイへ出発 初日はナナ駅周辺を散策 ※タイ一人旅(1日目)
Advertisement

 

タイへの旅へ出発する。

不安と高揚感が入り混じる中で一人旅をする。

しっかりと準備はしたので不安は少し和らいではいるが、海外では何があるか分からない。

ましてや言葉が通じないから、事前の準備が大切になる。

そんな事をぐだぐだ考えながら、まずは家から成田空港へ。

 

僕のプロフィールはこちら

 

 

成田空港でスクート航空のチェックインを行う

成田空港へは京成線スカイライナーを使って成田空港第2ターミナルまで向かう。

約30分ほどの時間を景色を眺めながら、「今日の夕方にはタイにいるのか~」なんて考えていたら、空港第2ビル駅に到着。

国際線の方に向かい、スクート空港のチェックインコーナーを探す。

スクートは黄色を基調としているのですぐに分かる。

国際線のチェックイン場所は、ほとんどがJALかANAで占められている。

格安LCCは隅っこにポツンとある。

タイ 成田空港

タイ 成田空港

僕も順番に並び、預ける荷物を再確認し、パスポートの準備をする。

順番が来たのでお姉さんにパスポートを渡し、「預ける荷物は?」と聞かれたので、リュックを渡す。

僕は必要最低限のものしか持ってきていなかったので、荷物の少なさに二度見される。

「これ、預けるの?」みたいな顔をされたが無視して預ける。

結果的に、僕の持ち物はショルダーバッグだけになった。

パスポートと搭乗券を渡されて終了。

搭乗券のBording Time(搭乗ゲートに集合する時間)が「09:15」となっていて、「出国審査は時間がかかるので早めに出国審査を済ませてください」と言われる。

この時、時刻は8時。

この後、余裕をぶっこいて空港でご飯を食べていた結果、えらい目に遭う事になるのはまだ先の話。

 

 

フライト時間を確認

とりあえずフライト時間を再度確認。

タイ フライト時間

タイ フライト時間

10時発、シンガポール行きバンコク経由の飛行機に乗る事を確認。

 

 

出国審査で超焦る

成田空港の中でご飯を食べて出国審査へと向かう。

ファーストクラスとそうでないクラスとで入り口が分けられているっぽいが、ゴールデンウィークという事もあり、人がかなり多い。

出国審査は水や持ち込み禁止のもののチェックと、ボディチェックをされる。

ちなみに、ズボンのベルトなんかはしたままでもOK。

どうせ、金属が付いているものは映像でチェックされて手でボディチェックされるから。

もちろん、男性は男性の職員が、女性は女性の職員が確認する。

この荷物検査とボディチェックに到達するまでに、ガチで30分くらい並んだと思う。

このおかげで時間は9時過ぎ。

心の中は「やばい。やばい。間に合わねー。」という気持ちで超焦る。

搭乗ゲートに9時15分に来いと言われていて、すでに9時過ぎ。

やばすぎる。

全部自分が悪いんだが。。

 

 

成田空港を爆走

荷物検査の後、またまた検査がある。

ここはパスポートを渡すだけで済む。

ハンコを押してもらうだけだが、ここも人が多く並ぶためなかなか進まない。

パスポートを渡し、すべての審査が終わった時の時刻は9時25分。

「終わった。。」と思いながら、まだ諦めるには早いと思い、成田空港を爆走する。

すれ違うCAさんにじろじろ見られるのも無視して爆走する。

85番ゲートに到着し、搭乗ゲートに押し掛けるように向かうと、係の人が「まだ搭乗できませんよ(ニコッ)」と一言。

搭乗開始時間を見ると、9時35分とある。

「???」となりながら、とりあえず間に合った事に安堵する。

一体Bording Timeって何の時間だよと思いながら、椅子に腰かける。

爆走したせいで動悸がする。

水を買って小休憩。

成田空港をあんなに爆走したのは僕くらいだろうと思いながら反省した。

 

 

スクート航空へ搭乗開始

結局、搭乗が開始したのは10時前。

飛行機の中ではおそらく暇だろうと思い、搭乗ゲート近くのコンビニみたいなところで小説を購入しておいた。

ちなみに水の持ち込みは禁止とあったが、搭乗ゲートの側に自動販売機がある事から、持ち込みは可能と判断して水も購入。

いよいよ飛行機に乗り込む。

タイ 搭乗ゲート

 

 

飛行機内で7時間の時間を過ごす

飛行機に乗り、約7時間のフライト。

10時から15時と書いてあったので5時間かと思っていたが、よくよく考えると到着時間は日本時間ではなくタイ時間。

タイは2時間の時差があるので、日本時間に直すと17時にタイに到着する事になる。

なので、約7時間のフライトになるわけだ。

7時間って長いなと乗る前は思っていたが、乗ってみると意外とそうでもない。

小説を読んだり、ダウンロードしておいた動画「ドキュメンタル」を見たり、ちょっと寝たりしていたら7時間経っていた。

 

 

飛行機内で出国審査カードを記入

僕が登場した飛行機はシンガポール行きバンコク経由のため、シンガポールに向かう人も乗っている。

タイに向かう人は飛行機内で、出入国カードを渡される。

そんなの知らねーよと思いながらも書こうとするが、英語が分からないため全部書けない。

機内モードのためネットも使えない。

なので、隣の人のをちら見しながら書く。

タイ 入国審査チケット

タイ 入国審査チケット

見ての通り、全部書けていない。

裏面は大丈夫そうだが、表面は入国審査の時にすべて見られる。

僕は一度入国を拒否されてしまった。

 

 

ドンムアン空港に到着

さて、7時間のフライトを終え無事タイに到着。

入国審査はどこに行けばいいのか分からなかったが、係の人に案内されるがままに、皆流されていく。

ここで出入国カードをちゃんと書いていなかったため入国を拒否されるが、再度ちゃんと書けば入国できた。

その後、自分の荷物を取って集合場所に向かう。

今回は旅工房という旅行会社を利用しているため、いったん集合しなくてはならない。

タイ ドンムアン空港

 

集合場所に「旅工房」というプラカードを持った人がいたので、話しかけると「私!」と言われたので無事見つける事ができた。

他にも旅工房を利用している人がいるので少し待つ。

僕は入国を拒否されたが一番早かったっぽい。

タイ ドンムアン空港

タイ ドンムアン空港

タイ ドンムアン

 

待っている間に、50代くらいの男性と旅行会社のガイドさんが喧嘩している。

どうやらオプショナルツアーを明日申し込んでいるが、集合場所が分からないみたいな事を言っている。

僕も申し込んでいるが、それは自分で集合場所まで行かなければならない。

ガイドさんからしたら知ったこっちゃないわけだが、頭がおかしいお年寄りは本当に困る。

周りの人が不愉快な思いをするし、周りがどう思うかは考えないとだめでしょと思いながら、とりあえず全員集まったので車に乗ってホテルまで送迎してもらう。

 

 

ロイヤルベンジャホテルでチェックイン

ホテルに到着しチェックインを済ませる。

部屋のカードキーやWi-Fiの設定が書かれた紙などを貰い部屋に向かう。

ようやく休憩できると思い、ちょっくら休憩する。

ちなみに、自分で荷物を持って行かず、ホテルの従業員に持ってきてもらった場合、チップを要求される。

日本ではサービスとしてやってくれる事も、タイではそうじゃないらしい。

 

 

Advertisement

 

ナナ駅周辺を散策

休憩も済んだところで、ホテル周辺を散策する。

僕が泊まったロイヤルベンジャホテルは、BTSナナ駅が最寄り駅。

今からだと観光するのも難しいし、明日は朝が超絶早いので、散策するだけで十分だと思い、ご飯を食べに行く。

とりあえず、うまそうなケバブがあったので、「ラム、レギュラー、ワン」と言って購入。

タイ ケバブ

味はクソ上手かった。

何より物価が安いため、この値段で食べられるのかと思うと少し感動する。

値段は日本円で210円。

 

ケバブを食べた後、散策を開始。

タイ

タイ

タイ

タイ 電線

散策して感じたのは、この辺りは多国籍の人が密集している事。

純粋にタイ人だけがいるという感じではない。

もはや誰がどの国の人か分からないし、たまに日本語も聞こえてくる。

だからか知らないが、どのお店も外国人が来る事に慣れている様子。

ただ、綺麗な場所かと言えばそんな事はない。

どちらかと言うと全体的に汚いが、言い換えれば大らかな場所とも言える。

 

 

タイは交通量が多い

ホテルから真っすぐ歩くと、大通りが現れる。

タイは交通量が多く、タクシーを呼んでも来なかったりするらしい。

バイクの多さにびっくりするのと、交通マナーはかなりめちゃくちゃ。

ただ、皆がそれを認識しているからなのか、クラクションを鳴らす音はあまり聞こえない。

また、信号がなかなか青にならない。

ガチで2分くらい待つ事になる。

信号無視するのは当たり前で、歩行者は隙あらば渡るといった感じ。

タイではそれが当たり前の様子。

タイ

タイ

 

 

路上に寝ているおっさん

日本ではありえない光景に出くわす事もしばしば。

タイ ナナ駅周辺

こんな道の真ん中に寝転がっている人はまれだが、「お金くれ!」みたいな人はかなり多い。

日本ではホームレスくらいだが、タイでは普通に見かける光景で、自然と見慣れてしまう。

 

 

タイのスーパーマーケットへ

ある程度散策したところで、まだお腹が満たされていないので、スーパーマーケットに行く。

24時間営業のスーパーマーケットでパンを購入する。

スーパーマーケットは特に日本のスーパーマーケットとあまり変わらない。

日本と違うのはドラゴンフルーツとかバナナが多いところ。

タイ スーパーマーケット

タイ スーパーマーケット

タイ スーパーマーケット

タイ スーパーマーケット

 

 

タイのセブンイレブンへ

最後にセブンイレブンにも行きたかったので立ち寄る。

タイにはセブンイレブンが多く、これも日本のコンビニと特に変わらない。

ただ、置いてあるものが少し違う。

タイ ナナ駅周辺

タイ ナナ駅周辺

タイ コンビニ

タイ コンビニ

ドリンクバー的なものもあるが、これはタイが暑くて水分を良く取るからなのか何なのかは分からない。

 

 

夕暮れ時のロイヤルベンジャホテル

ホテルを外から眺めると、暗くなってきた事もあり、少し綺麗に見える。

タイ ロイヤルベンジャホテル

タイ ロイヤルベンジャホテル

タイ ロイヤルベンジャホテル

 

 

スーパーマーケットで購入したパンとペプシ

僕が購入したパン。

味は正直あまりおいしくないが、安いので我慢する。

露店で売っているようなケバブとかはうまいが、スーパーなんかに売っている食べ物はあまりおいしくないという事か。。

タイ パン

タイ パン

タイ マフィン

タイ マフィン

タイ ペプシ

このペプシはコンビニで買ったものだが、「いつの時代のペプシだよ」と突っ込みたくなるパッケージ。

日本にはないものが多く置いてあるので、見ているだけで楽しめる。

 

 

まとめ

タイの旅1日目は、タイへの入国とナナ駅周辺の散策で終了。

ちょっとした事も言葉が通じないからどうなるかと思っていたが、ほぼジェスチャーとちょっとした英語でなんとかなるものだと気付いた。

また、ナナ駅周辺は他の駅周辺よりも、店が多いため僕の中では当たりだった。

ごちゃごちゃした繁華街の方が楽しめる事は多い。

普通に散策しているだけでも、よく声を掛けられる。

無視しておかないと、ぼったくられたりしそうだから気を付けないといけない。

とりあえず明日はオプションのツアーがあるし、朝も早いのでとっとと寝るべし。

 

 

今日学んだ事

・出国審査は時間がかかるため、早めに済ませておく。

・出国審査の後、空港内に免税店などがある。買い物するには良い。

・スクート航空で「日本からタイ」への場合は水の持ち込みが可能。

・飛行機の到着時間は、時差を考えておく事。

・飛行機内にペンは持ち込んでおいた方が良い。出入国カードを書くため用。

・両替はパスポートを出すだけでよろしくやってくれる。

・タイはずっと暑い。暑いのはいいが、じめっとしている。

・タイは物価が安く、感覚的には出費が日本にいる時の3分の1程度。

・タイ人は商売にどん欲。

・言葉は重要ではなく、気持ちで相手にある程度の事は伝わる。ただ、勉強はした方が良い。

・コンビニは日本と置いてあるものが異なるため楽しめる。

 

 

今日の費用

※タイに入国してからの費用

内容  金額
ドンムアン空港のセブンイレブンで水を購入 10バーツ
ラムのケバブ 70バーツ
スーパーマーケットのパン 71バーツ
セブンイレブンのペプシ 12バーツ
合計 163バーツ(日本円換算:489円)

 

 

関連記事

以下の記事も合わせて読まれています。

Travelerを知らないの?