月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! 東京でエンジニア武者修行中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

テレビは洗脳である!あなたの脳みそはぶっ壊れている!?

テレビは洗脳である!あなたの脳みそはぶっ壊れている!?
Advertisement

 

あなたはテレビが好きですか?

もしそうなら、あなたの脳みそはぶっ壊れているかもしれません。

 

世の中には情報が溢れかえっています。いわゆる情報過多ですね。

現代を生きる人は多くの情報に晒されています。この情報をあなたの脳がすべて処理できればいいのですが、処理するよりも入ってくる情報の方が多いと、脳みそはパンクしてしまいます。

パンクすると脳みそは壊れ、正常な判断ができなくなってしまいます。

 

 

テレビはあなたの脳みそをぶっ壊す!

テレビはあなたの脳みそをぶっ壊す!

テレビというものは絶えず情報を発信し続けています。

僕も最近はテレビを見なくなりましたが、元々バラエティなんかは大好きです。特にダウンタウンの大ファンなので、ガキの使いなんかは大好物です。

テレビは様々なジャンルの情報を発信していますよね。それこそ、ニュースやバラエティ、天気予報もそうですよね。それに加えて、最近ではスマホからも情報が流れてきます。Yahooニュースやグノシーなど。

この膨大な情報を僕たちの脳みそは処理しきれるのでしょうか。

否、無理です。脳みそは体と同じで疲れます。その疲れに気付かず、情報に晒しまくるとどうなるか。脳みそは限界にきてぶっ壊れるのです。つまり、正常な判断ができなくなるという事です。

 

 

人は目にしたものを正しいと思い込んでしまう

人は目にしたものを正しいと思い込んでしまう

ここであなたに一つ質問です。

あなたが最近テレビで見たニュースの中で、はっきりと記憶に残っていて、他人に説明できるような事柄はありますか?

 

あなたが自信を持って「これは説明できる」と言えるものがあるなら素晴らしいと思います。なぜならほとんどの人は無理だからです。無理なのは、テレビから流れてくる情報を何気なく理解しているからです。

何気なく情報を捉え、何気なくテレビを眺め、何気なく納得する。そうすると、その何気ない情報があたかも正しい事として、あなたの脳みそに焼き付きます。

人が目にしたものを信じてしまうのは、何気なく物事を捉えてしまうからです。しっかりと吟味し、観察する事ができれば、「本当にこの情報は正しいのか?」と疑う事ができます。

でも、実際そんな事ができますか?少なくとも僕にはできません。だからこそ、テレビを見ないという事を決断するのです。

 

 

将棋という競技は体重が減少する

将棋という競技は体重が減少する

あなたは将棋に詳しいでしょうか?

将棋と言えば、頭脳戦ですよね。頭の中で、次の一手をどう打つのかをひたすら考える競技です。この将棋ですが、頭をフルに使うため、一局が終わると体重が2~3キロ減少すると言われています。

何が言いたいのかと言うと、それほどまでに脳というのは体力を使うという事です。しかし、筋肉と違い脳の疲れというものは感じ取りにくいですよね。

だからこそ、人は無理をしてしまうのです。いや、無理をしている事にすら気付かないのです。

 

 

脳みそは1日に約70回決断する

脳みそは1日に約70回決断する

脳は1日に約70回決断すると言われています。

例えば、朝起きてパソコンを開いた時に「パソコンを開く」という決断をします。これは小さな決断ですが、1日の間にこのような決断がいくつもあるわけですね。

テレビを見る時も、「よし、テレビを見よう」と決断し、テレビから流れてくる情報に対し「この商品いいな」「この食べ物おいしそう」などの決断や考えを巡らせる。そして、テレビを消す時も「よし、テレビを消すぞ」と決断をするのです。

脳が1日のうちに70回決断するというのは、言い換えると、70回しか決断できないという事になります。つまり、それが許容範囲なのです。その貴重な決断量を、日常のくだらない事に使ってしまってはもったいないと思いませんか?

一流アスリートがなぜルーティーンと呼ばれる行動をするのか。それは、毎日の何気ない動作を無意識に行なえるようにするからです。つまり、日常の何気ない決断を極力減らし、脳への負担を下げているのです。

そして、脳の余裕が生まれた部分に、新しい知識・知恵を追加していくのです。一流アスリートは知らず知らずの内に、脳が疲れるという事を理解しているのだと思います。

 

 

Advertisement

 

CMは広告であり、あなたの脳みそを誘導している

CMは広告であり、あなたの脳みそを誘導している

僕もコピーライティングや広告の勉強をしている身ですが、自分が詐欺師なのではないかと思ってしまう事がたまにあります。

広告というのは消費者心理を理解し誘導する事で商品を購入してもらうものです。つまり、いかにして人を誘導するかが重要なわけです。こういった事を勉強すると、世の中の広告は理にかなったものが多いなと感じます。

本屋に行っても道を歩いていても広告だらけです。そして、人は知らず知らずのうちに広告に晒されているのです。

テレビのCMも同じです。CMは15秒の間に、いかにあなたの脳へ印象を与えるかという事を追求しています。あなたが無意識に眺めているCMは、あなたの脳を洗脳しようとしているのです。

僕も、薬局なんかに行くと、どの薬を選んでいいか分からず、CMで聞いた事のある商品を購入する事がたまにあります。この時、「あー、自分も洗脳されている」なんて思う事があります。

 

 

フランスやスウェーデンは酒類のCM禁止

フランスやスウェーデンは酒類のCM禁止

フランスやスウェーデンは酒類のCMが法律で禁止されています。

なぜかと言うと、アルコール依存症の人が増えてしまうからです。これは裏を返せば、それだけテレビCMというものは効果があるというわけですね。

CMはザイガルニック効果というものを利用しています。短期的に集中して同じものを見ると、その対象に好印象を抱くという人間心理の事ですが、その効果を利用して、人の脳みそに好印象を焼き付けようとしているのです。

こういった人間心理を巧みに利用する事で、アルコール依存症の人が増えてしまう。何か悲しくなってきますね。

 

 

テレビからの情報をシャットアウトしろ!

テレビからの情報をシャットアウトしろ!

よくこういう方がいます。

テレビとかニュースを見ておかないと世間から遅れてしまう。

 

大丈夫です。そもそも付いていく必要がないですから。あなたの人生は世間一般の人に付いていくための人生でしょうか。あなたの人生はもっと素晴らしいもののはずです。

必要のない情報はシャットアウトすればよいのです。そして、あなたが本当に知らなくてはならない情報をしっかりと得る事さえできれば十分なのです。

この世の中のあらゆる情報を得る事など不可能です。だからこそ、何を捨てるべきかをはっきりさせる必要があるのです。捨てる事が、何かを得る事への一番の近道です。

 

最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決める事だ。

by スティーブ・ジョブズ

 

 

テレビを見る時間があるなら自己投資しよう

テレビを見る時間があるなら自己投資しよう

テレビを見ても、あなたの脳が疲れるだけです。

そもそもテレビから流れてくる情報が正しいかどうかなど誰にも判断できません。でも、実際に自分の目で見たものだけは信じる事ができますよね。だからこそ、自分の目で見て、自分の肌で感じるという事が、この現代だからこそ大切なのだと思います。

テレビを見るくらいなら、あなたの能力を高め、情報が正しいかどうかを取捨選択できる人になりませんか?僕が旅をしているのも自分の目を養うためです。

僕は自分の目で見たものしか信用しません。なぜなら、人の言葉を鵜呑みにして良かった経験が一度もないからです。僕はこれからもほとんどテレビを見ず、自分の言葉で語れる人間でありたいと思っています。

そして、僕はテレビを見るくらいなら自己投資をします。徹底して自己投資をします。この投資が大きく花開くと信じているからです。

 

 

まとめ

テレビは確かに面白いものですし、完全に見ないようにするのは無理だと思います。

でも、何げなくテレビに晒されるというのは非常に危険な事です。そもそもこれを危険な事だと認識していない人の方がほとんどですが。。

あなたがテレビを見るのは何のためでしょうか?もしあなたに夢があるのなら、テレビからの情報など無意味です。さっさとシャットアウトして、あなたが今学ばなくてはならない事をしっかり学びましょう。

あなたの脳みそを守る術は簡単です。様々な情報をシャットアウトすればよいのです。ただそれだけです。

僕はあらゆる情報をシャットアウトし、自分の夢に向かって邁進しています。何気ない情報に左右されず、しっかりと芯を持って生きていきたいからです。共に夢を追いかけて生きていきませんか?

Travelerを知らないの?