月間26,000PV達成! 収益は毎日発生中! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

史上初!宇宙からの不正アクセス犯罪!法の適用はどうなる?

史上初!宇宙からの不正アクセス犯罪!法の適用はどうなる?
Advertisement

 

2019年8月25日、米紙ニューヨーク・タイムズが宇宙からの不正アクセスを報じました

宇宙からの不正アクセスということで驚きましたが、そもそも史上初の宇宙犯罪なんですね。

ということで今回は、宇宙からの不正アクセス犯罪について見ていきます。

 

 

発覚したのはいつ?

報道されたのは「2019年8月25日」です。

 

 

不正アクセスを行ったのは誰?

NASAの宇宙飛行士「アン・マクレーン」です。

 

 

不正アクセスの概要

アン・マクレーン飛行士は、関係が悪化していたとされるパートナーの銀行口座に不正アクセスを行なったとされています。

アクセスを行ったのがISS(国際宇宙ステーション)滞在中であったため、史上初の宇宙空間での犯罪として話題となっています。

ISS滞在期間は「2018年12月3日~2019年6月24日」です。

ちなみにパートナーは同性で、ISSから不正アクセスを行った時は離婚訴訟中だったとのことです。
パートナーは「サマー・ワーデン」です。

 

 

なぜ今回発覚した?

離婚訴訟中ということもあり、関係がよろしくないのは理解できますよね。

どうやら、サマー・ワーデンが不正アクセスの被害を受けたとFTC(連邦取引委員会)に申し出ていたようです。

 

 

アン・マクレーンは何と言っている?

アン・マクレーン側の弁護士は、「共有財産にアクセスしただけで不正アクセスではない」と主張しています。

ただし、アン・マクレーンは銀行口座にアクセスしたこと自体は認めています。

離婚訴訟中とはいえ、「同性婚をしていたわけだし共有財産にアクセスして何か問題ある?」という理屈は理解できますね。

 

 

で、何が問題だったの?

銀行口座のオンラインパスワードは変更されていなかったので、共有アカウントであれば当然ログインできてしまいます

また、アン・マクレーンは口座の資金を別口座に移動させたりはしていません

つまり、今回の問題は銀行口座へのアクセスが「不正」だったかどうかということになります。

本記事でも「不正アクセス」という言葉を使っていますが、まだ不正かどうかは確定していません。
ただし、不正アクセスという言葉で話題となっているのでこの言葉を使用しています。

 

Advertisement

 

宇宙での犯罪はどの国の法が適用される?

宇宙での犯罪は、犯罪を行った当時者の母国の法が適用されます

つまり、日本人宇宙飛行士が犯罪を行えば日本の法律が、アメリカ人宇宙飛行士が犯罪を行えばアメリカの法律が適用されます。

 

 

セキュリティ的観点から見た場合

どれだけ親密な関係を持った相手だったとしても、銀行口座などのお金が絡むものに関しては、お互いに扱いを慎重にするべきです。

銀行口座は共有アカウントを使っていたとされており、離婚訴訟中なのであればその辺りを整理するべきだったわけで、個人的にはどちらにも責任があると思います

例えば、「アカウントを別にする」「パスワードを変更する」など対応方法はいくらでもあります。

が、こればっかりは2人のプライベートも絡むので、一概に「こうだ!」とは言えない部分もあります。

今回の件に関しては、アクセスが宇宙で行われたというだけで、場所はどこでも発生し得たわけです。

たまたまアクセスを行ったのが宇宙だったというだけです。

 

 

個人的見解

今回の問題は、「宇宙で行われた」という点だけであって、犯罪として断定されたとしても、内容としてはただの民事的内容です。

つまり、アクセスが不正であったとしても、今回の問題は地球上でも良くある話です。

今回の問題で一番大切なことは、宇宙で犯罪が行われた場合にどういった手順を踏んで法が適用されるのかではないでしょうか?

これに関して、法は当事者の国の法律が適用されるので、その国の法律で処理されるわけです。

また、宇宙に関しての取り決めは「宇宙法」という法律で定められていることから考えても、今回の問題は宇宙という言葉が先行しただけで、正直大した問題ではないと思います。

ちなみに宇宙法において、「宇宙」と国家主権が適用される「領空」との境界は定義されていないらしいです。

 

 

間違った知識・情報で批判しないように!

宇宙での犯罪なんてありえない!」「非常識すぎる!」と批判している人がいますが、現時点(2019/08/31)では犯罪と確定していません。

犯罪と確定した場合、当事者が批判されるのは理解できますが、犯罪の内容としてもよくある民事的な内容と大差ありません。

宇宙犯罪」「不正アクセス」というだけで大きな問題だと勘違いし、間違った知識・情報で批判するのはやめましょう。

今は個人で情報を発信するのが簡単な世の中ですが、だからこそしっかりと勉強をしてから批判しましょう。

 

 

まとめ

今回の問題が話題となったのは、仮に犯罪と決まれば史上初の宇宙犯罪となるからです。

が、掘り下げてみると、銀行口座に不正アクセスしたかどうかの問題であり、内容としてはよくあるものです。

場所が宇宙だからということで話題となりましたが、内容としては大きいものではないので、当の本人は面倒くさいでしょうね。。

まあ個人的には非常に興味がそそられる内容でした。

ではまた。

Travelerを知らないの?