新プログラミング言語『Zero』を開発しました! 本サイトの記事数は「589」!!

W3Cとブログの関係性とは?!あなたのブログは大丈夫?

W3Cとブログの関係性とは?!あなたのブログは大丈夫?
Advertisement

 

W3C

おそらくITに詳しい方にしか分からない単語かと思います。

僕もIT企業に勤めていましたが、W3Cという単語はほぼ聞かなかったので。。

このW3Cですが、おそらくほとんどのブロガーが意識できていない部分であり、見逃してしまうポイントでもあります。

では、W3Cは無視できるものなのかと言うと、無視はできません。

ちなみにあなたへ質問ですが、このような経験はありませんか?

・WordPressのテーマを変更したら、急にアクセスが激減した。。

 

もし経験がおありなら、W3Cの基準に準拠していなかった恐れがあります。

詳しくは後述しますね。

特にWordPressでプラグインをたくさん入れている場合、W3Cに違反する可能性が高くなります。

W3Cの基準に準拠しているかは専用のチェッカーがあるので簡単に調べる事ができます。

それでは、あなたのサイトが問題ないか一緒に見ていきましょう。

 

 

W3Cとは

W3Cとは

まず、W3Cとは何かというところから確認していきましょう。

W3Cとは、「World Wide Web Consortium」の略称です。

よく「www」というのを見かけるかと思いますが、それの事ですね。

World Wide Webの頭文字がW3つなので「W3」となっているわけです。

 

 

World Wide Web Consortiumとは

では、World Wide Web Consortiumは何なのかと言うと、World Wide Webで使用される機能の標準化を推進するための団体です。

IT関連の技術というのは世界的に使用されるため、標準というものが存在しています。

今回で言うと、World Wide Webにおける標準というものを推進・管理している団体という事になります。

 

 

W3Cに違反するとどうなる?

W3Cに違反するとどうなる?

では、W3Cの基準に違反するとどうなるのか?

勘の鋭いあなたならもうお分かりかもしれませんが、別に何もありません(笑)。

あくまで、W3Cというのは標準であって、必ず守らなくてはならないものではないからです。

というよりもW3Cの基準というのは非常に厳しいです。

このあとツールのご説明もするのですが、エラーやワーニングが全く出ないサイトというのは世の中にほぼありません。

あまり敏感になりすぎるものではないのでご安心ください。

 

 

重要なのはGoogleからどう見えているか

重要なのはGoogleからどう見えているか

ここであなたに質問です。

僕のブログって見やすいですか?

多分文章とかは見にくいのかなーなんて思ったりしています。

これでも工夫しているのですが、デザイン周りは本当にセンスがないのです。

女性のサイトなんかを見ていると、「見やすくていいなー」なんて思ったりしています。

話が逸れましたが、僕のサイトが見やすいかどうかは人間視点ですよね。

つまりユーザさんにとってどう見えているかという問題です。

しかし、W3Cにとってデザインの良し悪しは関係ありません。

あくまで、システムのコード的に正しい記述がされているかどうかが重要になります。

そして、コード的に正しい記述がされているサイトはGoogleから評価されるという事になります。

Googleは人間ではないので、コード的に見てどうなのか、という事でしか判断せざるを得ないのです。

ユーザ視点を無視していいわけでは決してありません。
ユーザが良いと思えばそれだけ滞在時間が増え、それはGoogleの評価に直結するからです。

 

 

W3Cに準拠しているかをチェックするには

W3Cに準拠しているかをチェックするには

では、あなたのサイトがW3Cに準拠しているかをチェックする方法ですが、非常に簡単です。

W3Cに準拠しているかをチェックするためのツール「The W3C Markup Validation Service」を使用します。

これを使用する事で、一瞬にしてあなたのサイトの全貌が明らかになります。

 

 

The W3C Markup Validation Serviceの使い方

では、実際に使用していきましょう。まずは以下にアクセスしてください。

 

The-W3C-Markup-Validation-Service

このような画面が出たかと思います。

 

 

The-W3C-Markup-Validation-ServiceURL入力

次に、Addressと記載されている箇所に、あなたのサイトのURLを入力し、Checkボタンを押下します。

 

 

The-W3C-Markup-Validation-Serviceチェック後

そうすると、下の方にエラーやワーニングなどが出てくると思います。

おそらく出ないサイトはほぼないので、出ても焦らず続きを読んでくださいね。

 

 

エラーがいっぱい出てるけどどうしたらいいの?

ERRORがいっぱい出てるけどどうしたらいいの?

エラーやワーニングがいっぱい出ている場合、まずは深呼吸しましょう(笑)。

これはあくまで基準ですが、エラーやワーニングの数が30までは許容範囲だと思います。

あくまで基準なので自分で直せるエラーであれば、サクッと直してしまった方が良いかと思います。

ただ、あまり情報が載っていないのと、エラーなどの内容が分かりにくいので、自分で直すのは困難かもしれません。

そういった場合はご連絡ください。

僕に分かる範囲であればご協力致します!

テーマのソースコードを修正した場合、テーマの更新が行なわれると直した部分がクリアされる可能性があります。
直すのは問題ないですが、直した箇所をメモしておくなどしておけば何かあった時に役立つかと思います。

 

 

Advertisement

 

エラー一覧

良く出るエラーとその対処法を記載しておきます。

参考にしてみてください。

 

imgタグのalt記載漏れ

imgタグにはaltが必須となっています。

altというのは画像の説明になりますが、意外とこの抜けは多いのでaltはしっかり記載しておきましょう。

 

end tag for xxxx omitted, ….

タグの閉じ忘れが原因です。

 

xxxx obsolete. Use CSS instead

HTML5の規格では使用できないものを使用している場合に表示されます。

 

 

テーマ選びにはご注意を

テーマ選びにはご注意を

サイト歴が長い場合、記事がそれなりの数になっているかと思います。

そうなるといつエラーが発生したのか分からないですよね。

僕が新規にブログを立ち上げた際、W3Cのチェックを行なってみたところ、エラーが1から2個出ていました。

これは何を意味しているかと言うと、選んだWordPressのテーマがすでにW3Cに準拠していないという事になります。

僕が聞いた話ですが、ある人がテーマを変更したところ、過去に書いた記事が検索圏外に飛ばされるという事態に見舞われました。

そこで、W3Cに準拠しているか調べたところ、エラーの数が半端ではなかったそうです。

その後、テーマを再度変更したら元に戻ったそうですが、これはW3Cがそれなりにサイトへの影響力を持っている事を示しています。

僕の感覚ですが、多少のエラーは問題なし。

ただし、エラーがあまりにも多すぎる場合、それは問題になる、という感じかと思います。

少なくとも、最初のテーマ選びの際にはW3Cを確認し、テーマ自体に問題がないかを確認しておきましょう。

 

 

W3Cは最初に確認するべき

W3Cは最初に確認するべき

テーマ選びには細心の注意を払うべきというお話をしましたが、W3Cは最初に確認するのが良いかと思います。

理由としては以下の通りです。

・ある程度サイト・ブログができあがった後だと、何が問題なのかの切り分けが難しい

・エラーが増えれば増えるほど、わけが分からなくなる。

 

ある記事を書いた後にエラーが出た場合、その記事のどこかに問題があるという見当はつきますが、記事がそれなりに貯まってから一気に確認すると、どこに問題があるかの切り分けが困難になります。

そういう意味でも、事前に確認をするいう事が重要かと思います。

 

 

まとめ

あなたのサイトは大丈夫でしたか?

僕は今のところエラーが7個ほどなので、問題ないかなと思っています。

もちろんエラー箇所が特定できれば直すつもりですが、特に焦る必要もないのでそのままにしています。

W3Cはマイナーな情報なので知らない方が多いですが、無視できない要素ではあります。

これだけ話題にならないという事は、そこまで気にしなくて良いのかもしれませんが。。

僕は自分をプロだと認識しているので、ここにも妥協せず取り組んでいこうと思っています。

この記事を読んでいるという事はあなたもプロだと思うので、一緒に頑張りましょうね。

Travelerを知らないの?