新プログラミング言語『Zero』を開発しました! 本サイトの記事数は「589」!!

NO IMAGE
Advertisement

 

忍野八海(おしのはっかい)とは

忍野八海は山梨にある「富士山の雪解け水が地下の溶岩の間でろ過された湧水」のことだそうです。

湧水が八か所から出ていることから「八海」と呼ばれています。

で、知らなかったんですが、忍野八海は世界遺産だそうです。。

 

 

忍野八海一覧

忍野八海大体一覧です。

出口池 八海で一番大きな池。
御釜池
底抜池 忍野八海唯一の個人所有の池。
銚子池
湧池 八海の中で一番の湧水量を誇る。
最奥まで約55mことが分かっている。
濁池 そこまで濁っていないらしい。
鏡池 逆さ富士が移ることからその名が付いた。
菖蒲池 周囲に菖蒲が生い茂っている。

 

 

忍野八海の今

忍野八海は特異な自然現象から発生した湧水であり、観光客も非常に多いのが特徴です。

ただ、八海以外に人口の池が作られるなど、環境破壊が進んでいるのが現状です。

中国人をはじめとする観光客が、池にコインを投げ入れることによる水質汚染も進んでいるそう。

 

 

忍野八海のマップ(地図)

忍野八海のマップ(地図)です。

 

 

忍野八海へのアクセス

僕は新宿からなのでこんな感じ。

忍野八海へのアクセス

新宿からだと「JRあずさ」か「JRかいじ」で大月駅まで行きます。

その後、大月駅から富士山駅まで行き、後はバスで「忍野八海」バス停まで行けば到着です。

 

 

Travelerを知らないの?