自分が見つからないという方へ

自分探しの旅は捨てて、自己成長の旅にしろ!

あなたは旅はお好きですか。

旅をする目的は人それぞれだと思います。例えば、「色々な人と交流したい」、「自分の成長を図りたい」、「ただただ色々な場所に行くのが好き」、「自分探しのため」などなど。

僕が旅をしようと思ったのは、「色々なものを見てみたいから」でしたが、その上で自分が成長出来たらいいなと思っています。それと同時に、旅をしながらお金を稼ぐ方法はないのかと、それこそ死に物狂いで勉強しました。

この世の中には自分が考えているような事を実践している人は多くいます。旅をしながら生活している人も多くいましたし、すごい人だと月100万円稼いている人もいました。

今の時代の素晴らしい所は情報がすぐに拾える所にあります。ただ、何が正しいのかは各々で判断する必要がありますし、すべてを取り入れていたら自分の考えはなくなってしまいますよね。

話が逸れましたが、旅ブログを読み歩いていると、自分探しの旅に出ている人というのを見かけます。

僕は自分探しをしている人があまり好きではありません。というよりも、僕は旅をする事で自己成長を図ることを目的としているのですが、自分探しと自己成長は似ているようで違うと考えています。

前提として、僕は自分探しの旅をしている人を否定するつもりは全くありません。この世の中に正しい事なんてないと思っています。ただ、自分の考え方とは一致しないというだけであって、独り言だと思ってもらえたらよいかなと思います。僕の考え方が少しでも誰かの役に立ってくれれば幸いです。

それでは、僕が思っている旅に対する考え方をずらっと書いていきたいと思います。

 

 

自分探しって何?

自分探しって何?

まず、自分探しってなんでしょう?

なんとなく言いたい事は分かりますよね。自分探しの旅に出るきっかけとして、よくあるのが「失恋」とかでしょうか?人は何かつらい事があると、今の現実を受け入れられなくなりますから。

こういったものは不思議なもので時間が解決していきますが、いわゆる現実逃避をしたくなってしまいます。人は弱い部分がありますし、こういった感情は当然だと思います。そして、いてもたってもいられず行動を起こしたくなるという事もありますよね。また、「自分のやりたい事が何か分からない」なども自分探しのきっかけにはなるかなと思います。

ここで問題なのは、現実を逃避してしまうという部分です。そもそも僕の考えは、『苦労すればするほど人は成長する』というものです。例えば、ある試験に合格したくて、必死に1年勉強したとします。その1年の苦労は、うまくいけばですが、試験合格という結果をもたらしてくれますよね。

人は苦労なくして成長しませんし、現実を逃避した先に待っているのは『何も成長しなかった自分』だけです。どれだけつらい現実でも、その現実を受け入れ、もがき苦しむ事で人としての精神が少し成長するのではないかと思います。

そして、結論みたいになりますが、そういったもがき苦しんでいるけど前に進もうとしている自分が「自分」であって、自分というものはそこら辺に落ちているものではないというのが僕の考え方です。

自分の事は思っている以上に分からないものですが、すぐ近くにあるのも事実、という事だと思います。つまり、自分を探す事を目的としている事に賛成できないのは、そもそも自分というものはどこにも落ちていないからです。

 

 

自己成長は大事だが、独りよがりになるのとは違う

自己成長は大事だが、独りよがりになるのとは違う

先ほど、自分成長について書きましたが、自己成長と独りよがりもまた違います。自己成長は、『自分の中で昨日の自分よりも少し成長しようという気持ち』だと思います。独りよがりは、『人に教えてもらわないと分からない事も強がりでやってしまおうとしてしまう気持ち』です。

頼るべきところは人に頼ってしまえばいいと思います。ただ、今度は自分の力できるようにしっかり教えてもらおうという気持ちが大事なのではないかと思います

僕はIT関連の仕事をしていましたが、頼らないと仕事が進まない事もよくあります。ただ、頼って終わりではなく、今度こそ自分で何とかしてやるという気持ちが大事なのではないかと思います。

 

 

成功している人は自分探しなんかしていない

成功している人は自分探しなんかしていない

僕は自己啓発の本を読んだりする事が多く、旅を仕事にするという点において成功している人を色々と調べてみましたが、成功している人にはちょっとした共通点があります。

それは、

・自分探しなんかしていない。あくまで自分を成長させるために何かをしている

・人生のどこかのタイミングで、猛烈に勉強している時期がある

です。

自分探しの旅をしている人が成功しているケースは少ないです。なぜかというと、結局『自分の事しか考えていないから』です。もちろん、自分探しをしている人は「成功したい」なんて考えていないと思いますが。。

成功する人は、自己成長を図っているので、これも自分の事しか考えていないように思えますが、こういった成功している人たちは、どこかで人の事を考えて行動しています。

要は、自分の行ないが結果的に誰かのためになれば嬉しいなという考え方を持っていて、誰かのために何かをするという事を前面に出していません。

誰かのために何かをするというのは、ものすごく難しい事です。同じ行ないでも、Aさんにとっては良い事が、Bさんにとっては良くない事として捉えられる可能性があるからです。

だからこそ、人の事を考えて行動する事は非常に大事ですが、それを前面に出してはいけないという絶妙な立ち位置が大事になります。

 

 

自分探しは時間の無駄使い

自分探しは時間の無駄使い

僕は旅をするにあたり、もう中途半端な生き方はやめようと決意し、安定した生活を捨てる事にしました。

元々IT企業で仕事をしていたので、このままいけば安定した生活は待っていました。ですが、それでは納得できなかったのと、独り身で身動きがとれやすかったというのもあります。

実際旅に出ると決めてから、無駄な事をしなくなりました。映画や海外ドラマを見るのが好きでしたが、一切見なくなりました。なぜか。今の自分に必要ないからです。

自分が追い込まれた状況になると、本当にしなくてはならない事が明確に見えてきます。また、いかに1日の時間が短いかを実感させられます。

つまり、自分に対して真剣に向き合えば、本当に必要な事しかやらなくなります。皆、時間は有限だと知りながら、だらだらしちゃいますよね。それは僕も同じですが、なぜそうなるかというと、『実感が湧いていないから』です。

「だらだらした生活から脱しないといけない」と考えてはいるものの脱する事ができないのは、本当にそう思えていないからです。話が逸れましたが、本当に自分と向き合い必死に生きていると、自分探しをしようなんて微塵も思いません。というかそんな余裕ありません。

自分探しをしている人は、何かまだ余裕がある人なんだろうなと思ってしまいます。時間は有限だからこそ、自分探しなんかに時間を使わず、自分を成長させ誰かのためになる事をすべきなのではないでしょうか。

 

 

[adchord]

 

自分と向き合わない末路

自分と向き合わない末路

「自分探し=自分と向き合っていない」と考えた場合、どういう風な行動をとるのか。簡単です。自分と向き合えない人は自分の中の何かを埋めるように、ひたすら欲に走ります。

最近で言うと、SNSで色々な人とつながろう見たいな感じでしょうか。僕はSNSを否定しているわけではありません。むしろ便利ですし、僕も使っています。ただ、どういった理由でそれを使っているのか、どういった理由でその行動をとっているのかが大事だと思っています。

色々な人とつながって自分の寂しい気持ちを埋めようという考え方は、今の自分と真剣に向き合えていない証拠です。真剣に向き合ったら、「なぜ自分は今満足できないのか」「なぜ自分は今寂しいのか」など、自問自答するはずです。その結果、人とつながりを持ちたいというのなら、それは正しい行ないだと思いますが。

あと例を挙げるとするなら、失恋して食欲に走るといった事とかでしょうか。これも食という欲で、自分の現状と向き合う事から逃げている証拠ですよね。

人は強いものではないですが、強くありたいと願い成長する努力をすべきです。自分と向き合わない人生を送って、気づいたら10年20年経っていたなんてシャレになりません。そうなりたくないのなら、苦しい道だったとしても自分と真剣に向き合い続けるしかありません。

 

 

自分が見つからないという方へ

自分が見つからないという方へ

自分探しをしてしまう人の1つに、自分のやりたい事が見つからないという事があるかと思います。が、そもそも自分のやりたい事が明確にある人ってどの位いるんでしょうか。

なんとなくですが、「そんなにいないのでは?」と僕は思います。まず、やりたい事が見つからないのなら、今自分が好きな事でいいから徹底的にやるべきです。

僕もやりたい事が明確にあったわけではないですが、元々色々な所に行くのは好きで、面倒くさがり屋ですが、なるべく外に出るようにしていました。その時、「これって仕事にできないかな」と思い、それこそ旅を仕事にしている人なんかを調べ倒しました。

で、旅を仕事にしている人でブログをやっている人が多かったので、ブログの勉強をしたりWebの勉強をしたりして今に至っています。

正直ブログとかSNSとかはあまり好きではありませんでしたが、最近では毎日毎日ブログの記事を書いています。かなりしんどいですが、それでも好きな事を続けていくために選んだ道なので納得して取り組めています。

何がきっかけになるか分かりませんが、まずは今の自分を整理して、好きな事、やりたい事、嫌いな事、やりたくない事、興味のある事、興味のない事などをはっきりさせるといいかもしれません。

そうやって悩み続ける事で必ず答えは出ると思います。苦労が必ず報われるわけではないですが、それこそ苦労していない人が報われるわけがありません。

僕も努力真っ只中でなかなか結果は出ないですが、充実していますし、日々成長しているという実感もあります。それが必ず今後の人生に役立つという信念を持ってやっています。

 

 

自分探しではなく自己成長

自分探しではなく自己成長

旅に限らず、自分を探そうとするよりも自分を成長させる事を念頭に置けば、目的がはっきりしてきます。

僕の場合で言うと、旅をしながら収入を得るという事を目的としていますが、その過程で出会った人(出会った人というのはブログの中での出会いも含む)や、自分が見てきたものを何より大事にしていますし、ブログを書く際はなるべくいい情報を提供できるよう工夫しています。

ただ、すべては自分の成長のためであって、その結果1人でもいいから誰かの役に立ってくれれば最高だと思っています。現実を受け入れ、自分探しではなく『自分を成長させる』という事に着目すると、自分の弱さは何かという事が明確になり、自分のどういった部分を変えなくてはならないのかがはっきりします。

そして、少し前に進むという事を大切にして、昨日の自分よりも成長していると実感できれば最高ですし、その姿が「自分」なのだと思っています。

成長すれば、前は耐えられなかった事が耐えられるようになり、精神的に成長できている事を実感できます。僕もどうでもいい事で悩む事が多いですし、くよくよしてしまう事もありますが、そうやって悩んでいる自分も含めて「自分」なのだと思っています。

 

 

まとめ

自分探しに意味はありません。自分はどこかに落ちていないからです。それこそ、ごみ箱に落ちていたら困りますよね。もしごみ箱に落ちていたら、自分はごみだという事になります。

自分探しとは、自分がすぐ近くにいるのにそれを受け入れられず自分を見つめていない事を指します。そんな事をしても人として成長しないのは当たり前です。

冒頭でも書きましたが、自分探しをしている人を否定しているわけではありません。人それぞれですからね。ただ、意味はないという事です。

自分を探す暇があるなら自分を成長させるためにはどうしたらいいかを考えましょう。そして、行動を起こし、それが誰かのためになってくれれば最高だと思います。

自分が見つからないという方へ
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG