【瞬殺】DockerのBuild Cacheを削除する方法!

当ページのリンクには広告が含まれています。
DockerのBuild Cacheを削除する方法
いずみ

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

僕は現役フリーランスエンジニア(歴年)で、資格は個保有しています。

DockerのBuild Cacheを削除する方法が分からない」とお悩みではありませんか?

DockerのBuild Cacheはコマンドを一つ実行するだけで簡単に削除できます。

Build Cacheは頻繁に削除しておかないと容量圧迫の原因になるので注意が必要です。

いずみ

実際に容量不足になってメチャクチャ困りました(笑)

本記事では、DockerのBuild Cacheを削除する方法をどこよりも分かりやすく解説します。

本記事を読めば、DockerのBuild Cacheについて理解できるので早速見ていきましょう!

いずみ

すぐ読み終わるので、ぜひ最後まで読んでみてください♪

執筆者/監修者
  • フリーランスエンジニア(保有資格個)
  • ブログ・アフィリエイト歴5年
  • ブランドせどりで月利50万円⇨脱サラ
  • Twitterフォロワー約2,000人
いずみです
目次

DockerのBuild Cacheを削除する方法

早速ですが、DockerのBuild Cacheを削除する方法を解説します。

いずみ

Build Cacheを削除しないと容量を圧迫するので頻繁に削除しましょう。

STEP
容量の確認
$ docker system df

Build Cacheの容量を確認します。

STEP
Build Cacheの削除
$ docker builder prune

上記コマンドを実行すれば、Build Cacheが削除されます。

DockerのBuild Cacheに関連するコマンド

DockerのBuild Cacheに関連するコマンドをご紹介します。

ビルド時にキャッシュを無効化する

STEP
キャッシュを無効化
$ docker build --no-cache -t your-image:tag .

ビルド時に「–no-cache」を付けるとキャッシュが無効化されます。

Dockerシステム全体の未使用データを削除する

STEP
システム全体の未使用データを削除
$ docker system prune

上記コマンドを実行すれば、システム全体の未使用データが削除されます。

まとめ

今回は、DockerのBuild Cacheを削除する方法について解説しました。

以下が本記事のまとめになります。

まとめ
  • DockerのBuild Cacheは「docker builder prune」で削除できる。
  • ビルド時に「–no-cache」を付ければキャッシュを無効化できる。
  • Dockerシステム全体のキャッシュを削除する場合は「docker system prune」を実行する。
まとめ♪
  • おすすめ本
¥3,718 (2023/07/24 10:45時点 | Amazon調べ)

Dockerの勉強なら「」が分かりやすくておすすめですよ♪

いずみ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

DockerのBuild Cacheを削除する方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次