【Laravel】419のHTTPエラーが出た場合の対処方法!

当ページのリンクには広告が含まれています。
いずみ

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

僕は現役フリーランスエンジニア(歴年)で、資格は個保有しています。

結論、Laravelで419エラーが出た場合の対処方法は非常に簡単です。

本記事を読めば、Laravelで419エラーが出た場合の対処方法について理解できるので早速見ていきましょう!

いずみ

すぐ読み終わるので、ぜひ最後まで読んでくださいね♪

執筆者/監修者
  • フリーランスエンジニア(保有資格個)
  • ブログ・アフィリエイト歴5年
  • ブランドせどりで月利50万円⇨脱サラ
  • 投資歴5年(仮想通貨・FXが得意)
  • Twitterフォロワー約2,000人
  • 運営者情報はこちら
いずみです
目次

そもそも419エラーとは何か?

結論、分かりません(笑)

いずみ

ステータスは「unknown status」で、Wikipediaにも記載されていません。

Laravelで419エラーが出る原因

Laravelの419エラーは、CSRF(クロスサイトリクエストフォージェリ)トークンを使用していない場合に発生します。

Laravelの419エラー解消方法

Laravelの419エラー解消方法は以下の通りです。

Laravelの419エラー解消方法
  1. CSRFトークンを使用する
  2. CSRFの仕組みを無効化する

1. CSRFトークンを使用する

<form action="/auth/login" method="post">
  <!-- CSRF保護 -->
  @csrf

   <div class="form-group">
       <input type="text" name="username" value="{{ old('username') }}">
   </div>
</form>

画面内に「@csrf」を追加するだけです。

Laravelバージョンが5.5以前の場合は「{{ csrf_field() }}」を使用します。

2. CSRFの仕組みを無効化する

<?php

namespace App\Http;

use Illuminate\Foundation\Http\Kernel as HttpKernel;

class Kernel extends HttpKernel
{
    /**
     * The application's global HTTP middleware stack.
     *
     * These middleware are run during every request to your application.
     *
     * @var array
     */
    protected $middleware = [
        \App\Http\Middleware\CheckForMaintenanceMode::class,
        \Illuminate\Foundation\Http\Middleware\ValidatePostSize::class,
        \App\Http\Middleware\TrimStrings::class,
        \Illuminate\Foundation\Http\Middleware\ConvertEmptyStringsToNull::class,
        \App\Http\Middleware\TrustProxies::class,
    ];

    /**
     * The application's route middleware groups.
     *
     * @var array
     */
    protected $middlewareGroups = [
        'web' => [
            \App\Http\Middleware\EncryptCookies::class,
            \Illuminate\Cookie\Middleware\AddQueuedCookiesToResponse::class,
            \Illuminate\Session\Middleware\StartSession::class,
            // \Illuminate\Session\Middleware\AuthenticateSession::class,
            \Illuminate\View\Middleware\ShareErrorsFromSession::class,
            // \App\Http\Middleware\VerifyCsrfToken::class,
            \Illuminate\Routing\Middleware\SubstituteBindings::class,
        ],

        'api' => [
            'throttle:60,1',
            'bindings',
        ],
    ];

    /**
     * The application's route middleware.
     *
     * These middleware may be assigned to groups or used individually.
     *
     * @var array
     */
    protected $routeMiddleware = [
        'auth' => \App\Http\Middleware\Authenticate::class,
        'auth.basic' => \Illuminate\Auth\Middleware\AuthenticateWithBasicAuth::class,
        'bindings' => \Illuminate\Routing\Middleware\SubstituteBindings::class,
        'cache.headers' => \Illuminate\Http\Middleware\SetCacheHeaders::class,
        'can' => \Illuminate\Auth\Middleware\Authorize::class,
        'guest' => \App\Http\Middleware\RedirectIfAuthenticated::class,
        'signed' => \Illuminate\Routing\Middleware\ValidateSignature::class,
        'throttle' => \Illuminate\Routing\Middleware\ThrottleRequests::class,
        'verified' => \Illuminate\Auth\Middleware\EnsureEmailIsVerified::class,
    ];

    /**
     * The priority-sorted list of middleware.
     *
     * This forces non-global middleware to always be in the given order.
     *
     * @var array
     */
    protected $middlewarePriority = [
        \Illuminate\Session\Middleware\StartSession::class,
        \Illuminate\View\Middleware\ShareErrorsFromSession::class,
        \App\Http\Middleware\Authenticate::class,
        \Illuminate\Session\Middleware\AuthenticateSession::class,
        \Illuminate\Routing\Middleware\SubstituteBindings::class,
        \Illuminate\Auth\Middleware\Authorize::class,
    ];
}

VerifyCsrfTokenミドルウェアをコメントアウトし、CSRFの仕組みを無効化します。

まとめ

今回は、Laravelで419エラーが出た場合の対処方法について解説しました。

以下が本記事のまとめになります。

まとめ
  • Laravelの419エラーは、CSRFトークンを使用していないのが原因。
  • Laravelの419エラー解消方法は、「CSRFトークンを使用する」「CSRFの仕組みを無効化する」でOK。
まとめ♪
  • おすすめ本
¥2,673 (2023/07/23 15:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

Laravelの勉強なら「」が分かりやすくておすすめですよ♪

いずみ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • クソおすすめ本
¥4,480 (2024/06/01 23:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
いずみ

海外のエンジニアがどういった思考で働いているかが理解できます。

海外に行く気はないけど海外エンジニアの動向が気になる雑魚エンジニアにおすすめです(本当におすすめな本しか紹介しないのでご安心を)。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次