月間18,000PV達成! 収益は毎日発生中! 記事は毎日更新中! ホワイトハッカー育成スクール通ってます! ギランバレー症候群に関する情報を集めています

【Laravel】419のHTTPエラーが出た場合の対処法!

【Laravel】419のHTTPエラーが出た場合の対処法!
Advertisement

 

Laravelで見たこともないエラーが出ました。

HTTPステータスコードは「419」です。

ということで今回は、419のHTTPエラーが出た場合の対処法を解説します。

 

 

HTTPステータスコード「419」とは

HTTPステータスコード「419」とは

HTTPステータスコードのWikipediaには載っていません。

ので、分かりません。

419は「unknown status」なので定義されていないステータスコードになります。

 

 

419が出る原因は?

Laravelでは「クロスサイトリクエストフォージェリ」対策として、CSRFトークンを使用することができるのですが、これを正しく使用していない場合に出るエラーです。

要は、「CSRF対策の仕組みがあるんだから、ちゃんと使えよ」っていう意味です。

 

 

Advertisement

 

419の対策方法

1.CSRFトークンを使用する

画面内に「@csrf」を追加するだけです。

※Laravelが5.5以前は「{{ csrf_field() }}」を使用します。

 

2.CSRFの仕組みを無効化する

VerifyCsrfToken」ミドルウェアをコメントアウトし、CSRFの仕組みを無効化します。

 

 

おすすめ書籍

僕はLaravelの勉強をするのに以下の書籍を購入しました。おすすめですよ!

 

 

 

まとめ

419のエラーって何ぞって思ってしまいましたが、調べてみると意外と情報が出てきますね。

ただマニアックな情報だったので今回は記事にしてみました。

ではまた!

Travelerを知らないの?