【MQL5】constant cannot be modifiedエラーの対処法!

当ページのリンクには広告が含まれています。
【MQL5】constant cannot be modifiedエラーの対処法
いずみ

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

僕は現役フリーランスエンジニア(歴年)で、資格は個保有しています。

MQL5のconstant cannot be modifiedエラーの対処法が知りたい」とお考えではありませんか?

MQL4ではinputで定義した変数に値を再代入できましたが、MQL5では「constant cannot be modified」というエラーが発生します。

いずみ

MQL4とMQL5で違いが多いのよ〜。

ということで、本記事ではMQL5のconstant cannot be modifiedエラーの対処法を解説します。

いずみ

すぐ読み終わるので、ぜひ最後まで読んでくださいませ。

執筆者/監修者
  • フリーランスエンジニア(保有資格個)
  • ブログ・アフィリエイト歴5年
  • ブランドせどりで月利50万円⇨脱サラ
  • 投資歴5年(仮想通貨・FXが得意)
  • Twitterフォロワー約2,000人
  • 運営者情報はこちら
いずみです
目次

constant cannot be modifiedエラーの原因は?

inputで定義した変数に値を再代入するとエラーが発生します。

input int Hoge = 1;

int OnInit()
{
   Hoge = Hoge * 3600;
}

constant cannot be modifiedエラーの対処法

constant cannot be modifiedエラーの対処法は主に2つです。

  1. input用の変数を別途用意する。
  2. externを使う。
いずみ

MQL5でのexternは変数を他ファイルで共有する時に使うので、あまりおすすめしません。

なので、①の方法を解説しますね。

input用の変数を別途用意する

int Hoge;
input int InputHoge = 1;

int OnInit()
{
   Hoge = InputHoge * 3600;
}

上記のように、Input用の変数を別途用意すればOKです。

いずみ

超簡単なり。

まとめ

今回は、MQL5のconstant cannot be modifiedエラーの対処法について解説しました。

以下が本記事のまとめになります。

まとめ
  • constant cannot be modifiedエラーはinput用の変数を別途用意すればOK。
まとめ♪
いずみ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • クソおすすめ本
¥4,480 (2024/06/01 23:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
いずみ

海外のエンジニアがどういった思考で働いているかが理解できます。

海外に行く気はないけど海外エンジニアの動向が気になる雑魚エンジニアにおすすめです(本当におすすめな本しか紹介しないのでご安心を)。

【MQL5】constant cannot be modifiedエラーの対処法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次