【Python】subprocessのPopenでコマンド引数を渡す方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
subprocessのPopenでコマンド引数を渡す方法
いずみ

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

僕は現役フリーランスエンジニア(歴年)で、資格は個保有しています。

結論、subprocessのPopenでコマンド引数を渡すのは非常に簡単です。

具体的なソースコード付きで分かりやすく解説するのでご安心を♪

本記事を読めば、subprocessのPopenでコマンド引数を渡す方法が完全に理解できますよ。

いずみ

すぐ読み終わるので、ぜひ最後まで読んでくださいね♪

執筆者/監修者
  • フリーランスエンジニア(保有資格個)
  • ブログ・アフィリエイト歴5年
  • ブランドせどりで月利50万円⇨脱サラ
  • 投資歴5年(仮想通貨・FXが得意)
  • Twitterフォロワー約2,000人
  • 運営者情報はこちら
いずみです
目次

subprocessのPopenでコマンド引数を渡す方法

subprocessのPopenでコマンド引数を渡す方法は以下の通りです。

args = [“python”, “hoge.py”]
args.append(“hoge1”)
args.append(“hoge2”)

proc.subprocess.Popen(args)
Proc.communicate()

# 「python hoge.py hoge1 hoge2」というコマンドが実行される。

上記のソースコードを実行すると、「python hoge.py hoge1 hoge2」というコマンドが実行されます。

今回はpythonコマンドを実行するので、argsの先頭は「python」となります。

いずみ

先頭の文字列を”python hoge.py”のように指定するとエラーになります。

僕はこれでハマりました…

まとめ

今回は、subprocessのPopenで配列を渡す方法について解説しました。

以下が本記事のまとめになります。

まとめ
  • Popenの引数に配列を渡せばOK。
  • 配列の先頭は実行するコマンドを指定する。
まとめ♪
  • おすすめ本
¥2,970 (2023/07/25 22:48時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

Pythonの勉強なら「」が体系的に学べるのでおすすめですよ♪

いずみ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • クソおすすめ本
¥4,480 (2024/06/01 23:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
いずみ

海外のエンジニアがどういった思考で働いているかが理解できます。

海外に行く気はないけど海外エンジニアの動向が気になる雑魚エンジニアにおすすめです(本当におすすめな本しか紹介しないのでご安心を)。

subprocessのPopenでコマンド引数を渡す方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次